【英語】ざっくりと知っておきたい、英語が話せるといえるTOEICスコアの目安

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

熱心に英語の勉強をしている方であれば、一度はTOEICの勉強をしたことがあるのではないでしょうか。

TOEICのスコアだけでは英語力があるとは言えない、と揶揄する声は今も昔も絶えませんが、頑張って勉強している方にとっては気分のいいものではないですよね。

また、海外留学していた方は、帰国後に多くの友人知人から「もう英語ペラペラなんでしょ?」などと一度は聞かれるものです。

ここで疑問です。

英語が話せるというのは、どのくらいのレベルのことなのでしょうか?

ネイティブスピーカーや外国人と何不自由なく話せる、映画が字幕なしに理解できる、仕事で使えるようになる、などなど人それぞれかもしれませんが、客観的な基準が欲しいところです。

そこで今回は、日本人にとって一番わかりやすいであろうTOEICスコアと、自身の経験則や周囲の英語話者のスコア傾向を基準に、英語力の目安を考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

イケてる!英語力の人

英語がイケてるなと直感的に感じる方は、TOEICスコア900点前後以上の方が多いです。

まず、このレベルの方は圧倒的に語彙力が豊富です。TOEIC攻略はコツや戦略だとよく言われますが、それなりの英語力がなければ高得点をとることは困難です。

TOEIC860点以上というのが英語力の1つの基準とされたりもしますが、この基準は的を射ているといえそうです。

もちろん、本当にイケてる英語力の方は、TOEICに必要な語彙力、文法、リーディング、リスニングなど、インプット系の英語力だけではありません。

スピーキング、ライティングといったアウトプット系の英語力にも長けていますし、むしろこれらが備わっていないと、TOEIC900点前後であっても英語が話せるとは言い難いです。

海外留学や海外勤務等、長期滞在経験がある方ならば、アウトプット系の英語力は問題ないかと思われますが、TOEICスコアも900点前後取れると、総合的に英語力があると自信をもって言えるレベルでしょう。

そこそこイケてる!英語力の人

では、流暢・語彙力が豊富とまではいかなくても、問題なく英語でコミュニケーションをとれるレベルの方はどのくらいのスコアでしょうか。

これまで知り合った多くの友人知人をみてみると、最低でも700点以上のスコアをとれるレベルです。

このレベルであれば、どのような場面においても円滑なコミュニケーションをとるための必要最低限の英語力を備えていると言えそうです。

例えば、外資系企業や日系グローバル企業の求人広告をみても、最低でもTOEICスコア600点以上、多くは700点台以上を求めている企業がほとんどです。

私も会社員時代に採用に携わったことが少なからずありますが、700点以上であれば業務に必要な英語の基礎力は備わっているなと判断していましたし、実際に業務上大きな支障はないレベルでした。

以上のことを踏まえると、英語学習の1つの目標、語学留学生(ワーホリ含む)の目標として、TOEIC700点以上は到達しておきたい目安と言えます。

もうちょい頑張れな英語力の人

英語が話せる、使えるというにはまだ足りないレベルと言えるのが、TOEIC600点未満の方です。

TOEICスコアがこのレベルであっても、外国人と日常会話ができたり、海外旅行でも不自由しない方もいらっしゃいます。とくに、英会話の実戦経験が豊富な方に多い傾向です。

しかし、TOEICは問題構成上、それなりのスコアをとるには、語彙力や文法、読解力など基本的な英語力が必要になってくるので、スピーキングは問題なくても基礎力が備わっていないとスコアは伸びてきません。

英語の基礎力が足りないと、業務のスピードや正確性が求められるビジネスシーンではイマイチで、戦力としては力不足となってしまいます。

スピーキングに自信のある方であっても、最低限TOEIC600点以上の力量が求められるというのが実情でしょう。

Conclusion

いかがでしたでしょうか?

TOEICスコア至上主義になりがちな日本の英語界隈ではありますが、実際に英語を不自由なく話せる方々のレベルをスコアで線引きすると、700点以上というのが1つの目安となりそうです。

TOEIC勉強中の方であれば、まずは700点以上をターゲットにし、併せてスピーキングやライティングのアウトプット系の英語力の鍛錬も行いましょう。

海外留学前後の方であれば、最低TOEIC700点、目標900点前後以上とすると、良いベンチマークとなりますし、留学中もダラダラせずに英語力向上に努めることができます。

今回シェアさせていただいた英語力の目安は、巷で言われるTOEICスコアの基準とは少し目線を変えた、実際の留学経験者、英語業務従事者、英語が流暢に話せる方々のTOEICスコアの傾向でした。

是非、参考にしてみてください。

【英語関連記事】

【留学関連記事】

タイトルとURLをコピーしました