【海外留学・英語学習】語学留学前に絶対におさえておきたい英語学習

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

留学agentのconsultant や留学経験者が必ず言うことがあります。

“留学前に少しでも英語の勉強をしておいた方が良い。”

語学留学中の学生はよくこう言います。

“留学前にもっと英語を勉強しておけばよかった。”

どちらも正解。

しかし、何から勉強したらよいか?どれだけやっておいた方がよいか?留学前はなかなかimagineできないと思います。

一言で言ってしまうと

Vocabulary, phrasal verb, grammarを出来る限りinputしておくこと。

もし、これらの単語の意味すらわからないのであれば、それこそ必死にinputしておく必要があります。理想は、留学前にこれらの基礎を固め、渡航後は英会話(Listening, Speaking)に専念することです。

では、どの程度事前に勉強しておくと良いのでしょうか?

スポンサーリンク

Vocabulary, Phrasal Verb

語彙力はあるに越したことはありません。語彙力があれば、聞き取れる単語も多くなります。文法が苦手でも、単語を並べれば最低限のcommunicationは取れます。

しかし、簡単な単語すら知らないと、communicationすら非常に困難となります。ですから、可能な限り語彙力を上げておくべきでしょう。

と言っても、単語など腐るほどありますので、下記を目安に地道にコツコツやっていきましょう。

【英語】英語力の目安 TOEIC編
海外留学からの帰国後、友人知人に一番よく聞かれることは、「もう英語ペラペラなんでしょ?」ですね。ちなみに「何か英語で話してみて」「外国人の彼女(彼氏)できた?」もよく聞かれますね。ところで、英語が話せるってどのくらいのレベルのことをいうのでしょうか。ネイティブスピーカーや外国人と何不自由なく話せる、映画が字幕なしに理解

超初級者向け

かなりhurdleの高いことを言いますが、中学levelの英単語は全てmemoriseする覚悟で勉強することを強く推奨します。日常よく使いそうな、簡単な単語から学習するのがコツです。

少しでも多くの単語を知っていれば、留学直後から海外生活を楽しむ余裕を持てます。反対に、語彙力がないと最低限のcommunicationも取れずに、地獄の日々を送ることになります(経験談)。

【英語】英語勉強法 超初級者篇
そんなに嘆かないでください。英語戦闘力5でも全く問題ございません。なぜならば、やる気と工夫次第で、いくらでも英語力を高めることができるからです。これ以上落ちることはありません。這い上がるのみです(笑)このレベルでは、勉強すればしただけグングン英語力が伸びるので、英語の理解が進み驚くほど英語学習が楽しくなってきます。

初級者~中級者向け

まずは復習も兼ねて、中学英単語を見直しておきましょう。この基礎固めができていれば、英会話など恐れるに足りません。

余裕があれば、中学英語level以上の英単語、とくにphrasal verbをたくさんinputしておくと抜かりなしでしょう。

また、単語を確認、暗記する際は、その都度発音を確認しておくと、より記憶に残り効果的ですのでオススメです。

【英語】英語勉強法 初級~準中級者篇
残念ながら英語下級戦士。つまり初級~準中級者です。義務教育での英語学習や受験勉強はある程度したけれど、ほとんど忘れてしまっているのかもしれません。英語の基礎をもう一度固めて、英語戦闘力を大幅にアップさせてやりましょう。そんなあなたにオススメの英語教材 こちら、Essential Grammar in Use (初級)

中級者以上

これまで勉強してきたvocabulary, phrasal verbをざっと確認しましょう。発音もcheckし、耳を慣らしておくことをオススメします。

このlevelの方は、英語に自信のある人が多いですが、留学直後は”全然聞き取れない””なかなか単語が出てこない”と自信を無くす人が多かったように思います。

普段聞き慣れていない音を聞き取れるようなるには、ある程度の時間が必要です。そのうち慣れてくるので過度な心配は無用ですが、留学前に発音慣れしておくと、現地での生の英語に早くadaptすることができるでしょう。

【英語】英語勉強法 中級者篇
あなたの英語戦闘力は4000、エリート出のナッパさんです。英語戦闘力高めのナッパなあなたには、下記3つの学習法をオススメします。1. Grammarをさらに鍛錬 これまでの復習を兼ねて、intermediate levelのEnglish Grammar in Useで英文法のreviewをすると良いでしょう。

【参考】私の失敗談

初めてオーストラリアのパースに語学留学した際、文字通り英語力0で渡航したため、相当苦労し悔しい思いをしました。

Classmateに話しかけられても、簡単な単語すら理解できない、もちろん単語を並べることもできない。結果、誰からも相手にされなくなるという、状況に陥る始末。

Communication skillには自信があるのですが、留学最初の1週間は友人すら作ることができなかったのです。話したいのに何1つ単語がわからないというのは、なかなかしんどいものがありますよ(笑)

貴様ら英語下級民族の英語戦闘力を測定してやろう
あの超エリート戦闘民族が現れた!Prince Vegeta: 日本っていったな。まあまあの国じゃないか。Nappa: ピーピー五月蠅いヒヨコたちの英語戦闘力でも見てやるか...どれ...【Question】貴様ら英語下級民族の英語戦闘力を計ってやろう。なーに簡単な質問だ。

Grammar

文法を理解していれば、知っている単語を当てはめるだけで、ある程度話すことができます。よって、中学英語levelの英文法は習得しておきたいところです。

とは言っても、英文法が嫌いな方、結構多いですよね。私も文法、否、英語そのものが大嫌いでした。

しかしながら、文法を理解し始めると、今まで英語で表現できなかったことができるようになってくるので、段々英語学習が楽しくなってきます。

会話が出来るようになる→楽しくなる→もっと英語力を上げたい→自ら勉強する、という好循環が生まれるので、超初級編からでOKなので少しずつ文法を勉強していきましょう。

つまらん英語文法の勉強に絶対オススメのGrammar in Use
英語の文法って超つまらないですよね?それは間違いなく、日本語で理論的にグダグダやるからなんです。副詞、関係代名詞、仮定法過去...Bull s**t!しかし、英文法を勉強するのに最強の、もはやその右に出るものはない、最高の参考書があるんです!その名もGrammar in Use 英語の本場、イギリスの名門ケンブリッジ

超オススメ Grammar 勉強法

世界中で長年best sellerの、Grammar in Use seriesの利用を強くオススメします。

Levelは、elementary(初級), intermediate(中級), advance(上級)の3つに分かれています。留学前に、 at leastでelementary、可能であればintermediate(中級)まで完了しておくと、留学先でinputよりもoutputに重点を置いて生活することができ、より有意義な留学生活を送れます。

超初級者の方はまず、英語勉強法 超初級者篇で紹介している英語ドリルから入ることをオススメします(私もここから始めました)。

【英語学習】くそったれ流Grammar in Useの勉強法・使い方10箇条
英語文法の一番良い勉強方法は、名著Grammar in Useを利用すること、と別記事「つまらん英語文法の勉強に絶対オススメのGrammar in Use」で書かせて頂きました。そこで今回は、そのGrammar in Useシリーズをどのように使いこなして勉強すれば良いだろうか?ということを、参考として実際に私が実践し

Conclusion

英単語や文法は、留学先でなくても日本でいくらでもinputできます。しかしながら、speakingやwriting、とくに会話となると日本で実践するには、圧倒的に機会が少ないというのが現状です。

ですから、渡航後は英会話中心の生活を送りたいところですし、またその方が留学生活をもっと楽しむことができます。英語の基礎力が足りないがために、留学したにもかかわらず机にずっと向かわざるをえないというのは、費やす時間もお金も非常にもったいないではありませんか。

留学先では友達と遊びにいったり、host familyとcommunicationをとるなど、異文化交流に重点を置いて楽しみながら英会話力を伸ばせるよう、日本でしっかりと基礎固めをしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました