【クルスデルスールバス】リマ発ナスカの地上絵の行き方

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

Hola amigos!

南米に来たのであればマチュピチュやウユニ塩湖と併せてナスカの地上絵にも足を運んでおきたいですよね。

といっても、英語が通じないことも多いペルーで、長距離移動や各種予約などを自分で手配をするのは正直面倒。英語が苦手な方はなおさらのことでしょう。勿論、ツアー会社に依頼すると楽ですがかなり割高。ナスカの地上絵観光も例外ではありません。

しかし、ナスカの地上絵の行き方は実はすごく簡単!必要なことは

  • バスの予約
  • ターミナルに行ってバスに搭乗

以上。

ペルーやボリビアで気をつけなければいけない高山病対策も、ナスカの地上絵遊覧には関係ないので旅の計画も簡単です。これだけのことでツアー会社を利用して高い料金を支払うのは、MOTTAINAI!

そこで今回は、リマ発のクルスデルスール社バスで行くナスカの地上絵の行き方をshareします。

スポンサーリンク

バスの予約

まずは移動手段であるクルスデルスール社のバスを予約しましょう。Origin(出発地)はLima、Destination(目的地)はNascaを選択してください。

あなただけにそっと教える、クルスデルスールバスの予約方法
南米とくにペルーでの長距離移動はクルスデルスール社のバスがオススメと以前紹介しましたがチケットを購入するには、各都市にあるクルスデルスール社のオフィスやバスターミナルに行って直接購入する、ホテルなど宿泊先のスタッフに頼み手配してもらう、インターネットにて自力で購入するなど大きくわけて3つになります。そこで、
【海外旅行】ペルーでの長距離バス移動は黙ってクルスデルスール
Hola amigos! ペルー国内を長距離移動する際、所要時間や安全面を考えると、一般的な移動手段は飛行機かバスになります。とくに地方都市間の移動や交通費などを考えると、長距離バス移動はかかせません。そこで、オススメの長距離bus会社がCruz del Sur(クルスデルスール)社です。クルスデルスールは1960年

バスターミナル

リマとナスカのバスターミナルを確認しておきましょう。

リマ

javier prado cruz del surJavier Prado terminalの入り口 URL: www.cruzdelsur.com.pe

お決まりの如く、taxiの運ちゃんが入り口にたむろしていて、前を通るごとに熱心に営業してきます。入用の方、暇な方は相手にしましょう。

  • Address: Av. Javier Prado Este # 1109 Urb. El Pal
  • Tel:01-311-5050

Nasca

nasca terminal pic

青い小屋がバスターミナルの事務所で、中に受付があります。バスターミナル内には小さなカフェもあります。

バスが到着する時間になると、taxiの運ちゃんやら現地のツアー会社の兄ちゃんやらが付近にうろつき始め営業体制に入ります。用がない場合はシカトしましょう。

  • Address: Esquina Lima y San Martin s/n, Nazca, Perú
  • Tel:056-720440

【おまけ】セスナツアーの相場価格

ナスカを出発する前に暇だったので、バスターミナルにいたセスナツアーの呼び込みの兄ちゃんと少し話しをしたところ、ナスカの地上絵遊覧の料金は1回$100(飛行場までのshuttle代込み)と言っていました。ちょっと高めで吹っ掛けている模様。

宿などを通して$80で予約できるので、事前にナスカの宿をネット予約する場合は、セスナツアーの予約対応をしているか確認しておくと良いでしょう。

また、米ドルで料金支払いもできますが、汚いお札だと対応してくれません。米ドルで支払いたい場合は、綺麗なお札を用意しておきましょう。

【ナスカの地上絵】行くか迷うならとりあえず行くべし!
英語でNazca Lines(ナスカラインズ)、通称ナスカの地上絵。言わずと知れたペルーの世界文化遺産の1つ。しかし、このナスカの地上絵、バックパッカーをはじめとした旅人の評価は2つに分かれる。行った方が良い・行って良かったという肯定派と、行かないという否定派。私が旅先で出会った旅人の間でも賛否両論

運賃 & 所要時間

運賃と所要時間はスケジュールによって変わります。私が利用した際の情報を下記に記載するので参考にして下さい。

リマ~ナスカ(往復)

  • 運賃: Regular Seat $54(146 Soles)
  • 所要時間: 7.5 hours

Conclusion

いかがでしたでしょうか?とても簡単ですよね?

また、ナスカの街はとても小さいので、とくに困ることはないでしょう。

リマから日帰りで弾丸で行くもよし、ナスカでゆっくり1泊して最高のconditionで臨むもよし、はたまた、クスコやマチュピチュの前後に立ち寄るもよし。日本から遥々南米に行く方は是非、南米周遊中のバックパッカーの方にとっては、少しコストが高く感じると思われるがそれでも是非ナスカの地上絵に立ち寄ってみてください。

それでは良い旅を!
Hasta la vista!

タイトルとURLをコピーしました