【英語】日本人が陥りやすいカタカナ英語の発音 その1

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

あなたが英語を話せる話せないに関わらず、日本人の話す英語についてこう思うのではないでしょうか?

日本人の英語の発音はカッコ悪い。

うむ、たしかにそう言わざるを得ない現状。まあ、私も他人のことを偉そうに言える人間でもありませんが。

しかし、なぜなのか?理由は色々ありますが、その1つとして、発音がカッコイイ、カッコ悪いの議論の前に、そもそも日本人は英語の正しい発音を認識していないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

発音check

いきなり唐突ですが、以下の単語を声に出して読んでみていただけますか。

  • six
  • sea
  • city
  • single
  • sexy
  • policy
  • system
  • serious
  • pacific
  • series
  • scene
  • ceiling
  • senior
  • literacy
  • sympathy

もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。これらの単語は日本でも既になじみのある英単語ですね。

それでは、これらを見慣れたカタカナ英語に変換してみましょう。

  • シックス
  • シー
  • シティ
  • シングル
  • セクシー
  • ポリシー
  • システム
  • シリアス
  • パシフィック
  • シリーズ
  • シーン
  • シーリング
  • シニア
  • リテラシー
  • シンパシー

上の英単語の意味がわからなかった人も、カタカナになれば良く聞く言葉だとわかるでしょう。

しかし、

厚切りジェイソン

Why Japanese people!!!これらの単語をカタカナ読みしたら、全部間違った発音になってしまうだろうがーっ!(もう古いか)

上記のカタカナ表記の”シ”の部分の正確な発音は、“si”になります(シンパシーの2つ目の”シ”、発音はθi”)。カタカナ表記するとすれば、”スィ”といったところでしょうか。

しかし、巷で表記されているようにカタカナ読みしてしまうと、発音記号で表すとʃi”になってしまいます。

何をそんな小さなことを、と思われるかもしれません。しかし、日本人にとっては小さな違いでも、native speakerにとっては全く違う音に聞こえてしまいます。

この違いがいかに大きく、正確に発音することが大事か、私の経験談を失敗例として具体的にみていきましょう。

つまらん英語文法の勉強に絶対オススメのGrammar in Use
英語の文法って超つまらないですよね?それは間違いなく、日本語で理論的にグダグダやるからなんです。副詞、関係代名詞、仮定法過去...Bull s**t!しかし、英文法を勉強するのに最強の、もはやその右に出るものはない、最高の参考書があるんです!その名もGrammar in Use 英語の本場、イギリスの名門ケンブリッジ

座るのか、う〇こするのか?

私がオーストラリアの語学学校に通っていた頃の授業時のことです。会話の内容は忘れましたが、私は”sit down”みたいなことを言いました。すると

”おいおい、お前ここでう〇こすんのかっ!?”(日本語訳)

と、reaction芸人ばりに反応するAussie teacher.

もうおわかりですね?

私の発音はʃítでshitの発音だったのです。正確なsitの発音は、“sít”です。よく聞く発音間違いあるあるですが、実際にあったこわい間違いです。

【英語】イギリス英語・オーストラリア英語の特徴
みなさんご存知のとおり、英語は大きく分けて、イギリス英語とアメリカ英語の2つに分けられます。また、日本では戦後教育もあり、アメリカ英語が主流になっています。映画や音楽などのエンターテイメントの類もmade in USAが多いので、アメリカ英語が身近に感じるかもしれませんね。ところで、本場の英語のイギリス英語はアメリカ英

Where are you going?(どこに行くの?)

オーストラリアでは街の中心地をcityと言います。ちなみにカナダやUSAなどアメリカ英語圏ではdowntownと言います。

オーストラリア滞在中のある日。”cityに行く”と友人に言うと、”What?”と聞き返されました。私の発音は完全に“ʃíti(シティ)でした。その友人はnative speakerではなかったのですが、ʃi”“si”では完全に別の音なので理解できなかったようです。

その後、”ああ、city(sɪti)ね”と理解してくれましたが、私はそのとき初めて完全にカタカナ英語の”シティ”という発音に毒されていたことに気づいたのです。

【英語】カタカナ英語なんかやめちまえ
巷にはそれはそれはどうしようもない「和製英語」や「外来語」いわゆるカタカナ英語があふれております。「あのノートパソコン使ってるサラリーマン、うちのマンションのお隣さんなのよー」酷いものです。「次回のクライアントとのアポイントメントでフォーキャスト出すからデータ集計しといて」外資企業の日本人同士の会話でよくある光景。発音

Conclusion

 ʃi”“si”の違いは大きいですが、この発音は日本人にとって難しいものではありません。日本にはカタカナ英語の”シ”が蔓延しているので、知らないうちに間違った発音を覚えてしまっているだけです。

カタカナ英語の”シ”に出会ったら、面倒でも正しい発音と発音記号を確認するようにしましょう。そうすることで、 日頃から発音に気を配れるようになり、少しずつ正しい発音を身に付けることができます。

最後に“si”の発音を少し復習して終わりといたしましょう。

・ Tokyo Disney Sea, aftersix
tokyo_disneysea
Pic Credit: disneyparks.disney.go.com

・ Diver City Tokyo
divercity_tokyo
Pic Credit: www.tripadvisor.com

SexyShakira

・ Fast Furious Series, car action scene
 ※邦題 ワイルドスピード

Ceiling Light

Serious senior

serious senior

次回は発音の別versionをお送りします。

タイトルとURLをコピーしました