【英語】名作スラムダンクの名言を英語で勉強 安西先生編

この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、チュース!

「名作スラムダンクの名言を英語で学ぶシリーズ」第4弾は、白髪仏(ホワイトヘアードブッダ)湘北高校の安西先生編。普段使いもできそうな名言を、5つ厳選してお送りします。英語の解説が不要な方は、すっ飛ばして読んでくださいね。

※若干ネタバレするかもしれないので注意!

【関連記事】

スポンサーリンク

それだ!!

This is it!!

出典:Slam Dunk #28 P58

まずは、簡単かつ印象的な名言からいきましょう。穏やかな安西先生も、驚異的な身体能力を誇る桜木花道のプレーに、コーフンを隠し切れないシーンですね。

This is it

直訳すると”これがそれだ”と変な日本語になりますが、会話の中ではよく使います。これのことだよ、とか、これこれ、みたいな感じでしょうか。

例えば、最近買った靴のことを前に友人に話していたとします。後日、同じ相手にその靴のことを、”この間話してた靴はこれのことだよ”なんて話す時がありますよね。このような時にthis is itは使えます。

また、マイケル・ジャクソンの幻となった最後のコンサートのタイトル、のちに彼の最後のドキュメンタリー映画となったタイトルとしても有名ですね。

彼は最後のファイナルコンサートのアナウンスの際に、”These will be my final show performances in London. This will be it. This is it. And when I say this is it, it will really mean this is it.(これが僕の最後のロンドン公演になる。僕が最後と言ったら、本当に最後なんだ)”と言っています。

この時のitは最後の公演のことで、this is itを繰り返すことで最後と言うことを強調しています。

聞こえんのか?あ?

Don’t you hear me? Huh?

出典:Slam Dunk #27 P144

白髪仏と言われる温厚な安西先生が、白髪鬼(ホワイトヘアードデビル)時代の片鱗を垣間見せるシーン。思わず湘北高校のメンバーも目を疑ってしまいます。普段優しい人が起こると恐ろしいですよね。

Don’t you~

don’t, didn’t, doesn’tなどの否定分でありながら疑問文なものを否定疑問文と言います。日本語でも”寒くない?”と尋ねることがありますよね。英語では”Aren’t you cold?”となりますが、この安西先生のセリフも同じです。”Don’t you here me?”で、”聞こえんのか?”となります。

なお、否定疑問文の答え方は、肯定する時はYes, 否定する時はNoです。つまりこのケースでは、聞こえる場合は”Yes, I do.”、聞こえない場合は”No, I don’t.”となります。日本人にとっては、ちょっとややこいですね。

Huh?

イラっとして”はぁ?”と喧嘩口調になることありますよね?(僕は1度もありませんが)そんな時は、日本語と同じように感情を込めて”huh?”と言いましょう。この時の安西先生の使い方はこれです。

そのほかには、何かを尋ねる時や聞き返す時にも使います。”right?”や”what?”と同じような用法で、ネイティブスピーカーがよく使っています。

例えば、”You are from Japan, huh?”であれば、”日本から来たんだよね?”といった感じで”right?”と同じ使い方。相手が話していることが聞こえない場合は、”huh?”と言って聞き返し、”what?”と同じ使い方になります。

ただし、”huh?”は礼儀正しい言い方ではなく、くだけた言い回しなので、親しい相手との会話で使うようにしましょう。

お前の為にチームがあるんじゃねぇ、チームの為にお前がいるんだ!!

It’s not what the team can do for you, it’s what you can do for the team.

出典:Slam Dunk #22 P11

白髪鬼の異名を持ったスパルタコーチだった頃の、安西先生の強烈な名言。厳しい口調ながらも団体競技の本質を指摘する、さすがの名将安西光義先生です。

what

このwhatは、関係代名詞というものですね。

まず、最初の”It’s not what the team can do for you,”を分解してみましょう。

まず、”it’s not”は”それは違う(否定)”ですね。しかし、これだと何が違うのかわかりません。そうです、その何ががwhat以降の文です。what以降は、”the team can do for you”で、”チームがあなたのためにできる”です。

全てつなげると、”それは、チームがあなたのためになにができる、ではない”となり、転じてチームがお前の為に何ができるかじゃない→お前の為にチームがあるんじゃねぇ、となります。

次の文、”it’s what you can do for the team”は、前の文を少し変化させただけなのでもう簡単ですね。

it’s(それは~です)what you can do for the team(あなたがチームのために何ができるか)、つまり、”それは、あなたがチームのために何ができるか”となります。

関係代名詞は、英語が苦手な人にとっては超絶難しいですが、下記記事で紹介しているEnglish Grammar in Useであれば、英語特有のニュアンスがわかりやすいので非常におすすめです。ご興味のある方は、是非参考にしてみてください。

まるで成長していない・・・

He hasn’t improved at all…

出典:SLAM DUNK #22 P16

渡米した教え子の谷沢くんのプレーを見た安西先生の一言。スラムダンクファンであれば、日常使いしてしまう程の安西先生の名言の1つです。

He hasn’t improved

Present Perfect(現在完了形)というやつですね。現在完了形を理解するには、まさに絶好のシーンです。

谷沢君は日本の大学時代から、アメリカの大学でプレーしている今の今まで、improve(成長する)していないということです。昔から今現在までを表現する場合は、現在完了形を使います。普通の過去形だと、昔は成長していなかったかもしれませんが、今現在に関しては不明瞭になります。

過去形と現在完了形の違いも、慣れないうちはちょっと難しいですよね。これらのニュアンスの違いは、名著Grammar in Useシリーズの初級にあたる、下記のEssential Grammar in Useで勉強すると非常にわかりやすいのでおすすめです。

at all

全然~ない、という意味で日常よく使われます。この場合は、hasn’t improvedを強調していて、全然成長していないという意味になります。安西先生のセリフだと、”まるで成長していない”の”まるで”の意味になります。

断固たる決意が必要なんだ!!

You all have to have an unyielding determination!!

出典:Slam Dunk #25 P24

これも安西先生の名言を代表する1つで、物語上も重要なフレーズになってくるセリフです。このフレーズを使えば、スラムダンクフリークだとバレてしまうくらいの超名言。私も”断固たる決意”を日常多用してしまいます。

have to ○○

Have to ○○は”○○しなければいけない”や”○○する必要がある”という意味で、日頃よく使う超基本的文法です。○○には動詞が入ります。

この安西先生のセリフでは、have to haveで、○○の部分がhaveとなり、持つ必要があるとなります。持つのは、an unyielding determination(断固たる決意)ですね。

他に応用してみると、”I have to go to Tokyo station by 1pm.”で、”1pmまでに東京駅に行かなければいけない。”といった風に使うことができます。

Conclusion

いかがでしたでしょうか。

名言が多い安西先生ですが、覚えやすいフレーズから人生の格言になるようなものまで、幅広くピックアップしてみました。英語の難易度でいえば、「お前の為にチームがあるんじゃねぇ~」の関係代名詞whatが、少し難しかったかもしれませんね。

なお、最も有名な安西先生のあの名言は、下記の記事で紹介しているので、ご興味のある方は是非覗いてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました