【英語文法】中級のEnglish Grammar in Useまでは勉強しよう

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

当サイトでおすすめしている、英語文法の勉強に絶対にはずしてはいけないGrammar in Useシリーズ(参考:つまらん英語文法の勉強に絶対オススメのGrammar in Use)ですが、この記事では、中級レベルのEnglish Grammar in Useについて、詳しくシェアいたします。

スポンサーリンク

推奨レベル

下記に当てはまる方にオススメです。

  • 英語が好き、または得意な方
  • 中学・高校の英語の授業や、受験対策で英語学習をしっかり勉強した方
  • 文法を一から復習したい方
  • 英文読解に苦手意識のない方

英文法に自信があり、完璧な文法力を身につけたい方は、下記の記事でまとめている上級のAdvanced Grammar in Useをおすすめします。

スポンサーリンク

構成は、全145unit + 7appendix + additional exercisesと、内容盛りだくさんです。

基本的なリーディング力が必要になりますが、上述の推奨レベルにあてはまる方であれば、ストレスなく学習できるでしょう。

Essential Grammar in Useとの違い

中級のEnglish Grammar in Useは、初級編のEssential Grammar in Useと比べると、挿絵が減り、文字が若干小さく、その分内容が濃くなっています。

具体的には、present(現在形)やpast(過去形)などの基本的な文法に関する記載は少なくなり、present perfect(現在完了形)や、future(未来形)などが、より詳しく解説されています。

さらに、Essential Grammar in Useには未記載の、ifやwish(仮定法)、relative clauses(関係詞)が登場します。

また、日本の英語教育では理解が難しい英語の細かなニュアンスが、挿絵や図解でわかりやすく解説されているので、これまで英語をしっかり勉強してきた方にとっても非常におすすめです。

Cambridge Universityの公式サイトから、中身のサンプルを確認できます。

アメリカ英語版がお好みの方は、下記のGrammar in Use Intermediate(解答&eBook付き)にしましょう。

なお、アメリカ英語版の最新版は、Fourth editionになります(2022年5月現在)。

アメリカ英語版のサンプルは、公式サイトにはありません(2022年5月現在)

スポンサーリンク

こんな方にオススメ

語学留学予定で、語学学校で中級クラス以上でスタートしたい方

Grammar in Useシリーズは、語学留学前にやっておきたい勉強としてもおすすめしていますが、語学学校入学時に中級以上のクラスでスタートしたいと考えている方は、このEnglish Grammar in Useで必ず勉強しておきましょう。

実際に僕もEnglish Grammar in Useまで勉強してから語学留学したことで、中級クラスからスタートすることができました。

【参考】海外の語学学校の環境

語学学校に入学すると、英語レベルによってクラスが割り振られますが、中級のintermediateクラスなのか、初級のelementaryクラスなのかで、英語環境が大きく変わります。

Elementaryクラスでは、基本的な文法から学ぶ授業内容になっていますし、クラスメートも文法がおぼつかない人が多くなります。

かたやintermediateクラスになると、基本的な文法は理解している前提で授業が進みますし、クラスメートも流暢に英語を話すので、アウトプット力に乏しい日本人にとっては最初はついていくのがやっとと感じるレベルです。

このように、授業内容も仲良くなる友人たちも、最初のクラス分けで自ずと変わってきます。

外資企業で働きたい、ビジネスシーンで英語を使いたい方

ビジネスシーンでは、Eメールのやり取り、英語の資料の作成や読解などは日常茶飯事です。

たまに単語の意味がわからない程度であれば、業務中にさっと調べることはできますが、中級レベルの文法を理解していないと、業務に著しい支障がでてしまいます。

実際の実務では、毎回Google翻訳などを使っている暇などはないので、最低でも中級のEnglish Grammar in Useはやり終えておきましょう。

Essential Grammar in Useを勉強し終えた方

初級のEssential Grammar in Useを勉強し終わった方は、中級のEnglish Grammar in Useに挑戦しましょう。

上述のとおり、English Grammar in Useには、Essential Grammar in Useに未記載の内容がたくさん含まれているので、中級レベルにステップアップすることを強くおすすめします。

スポンサーリンク

Conclusion

いかがでしたでしょうか?

中級のEnglish Grammar in Useを全て終わらせると、英語力が格段に安定し、リーディング、ライティングもスムーズなレベルになりますし自信もつきます。

英語を不自由なく使えるようになりたければ、English Grammar in Useはしっかり勉強しておきたいですし、逆に言えば、ここまで押さえておけばプライベートやビジネスシーンを問わず、どんな状況でも英語で切り抜けることができます。

全400ページ弱のEnglish Grammar in Useをやり切るのは、決して楽ではない道のりですが、英語を上達させたい方は、是非挑戦してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました