【英語】英語の勉強で必要不可欠な3つのこと

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

突然ですが、英語の勉強好きですか?

映画や洋楽は好き、海外旅行が好き、だから英語が話せればもっと楽しいはず。そうは思うけど、英語の勉強のモチベーションが全く上がらないという方は多いのではないでしょうか。

私も英語の勉強が大嫌いでした。中1レベルの単語すら全くわからなかったので、当然面白いはずもなく、完全な英語アレルギーでした。今では公私様々な状況で英語を使えるようになりましたが、このような状態から英語の勉強を始めるには必要不可欠なことが3つあります。

スポンサーリンク

楽しむこと

英語の勉強は楽しいですか?

英語はコミュニケーションを取るためのツール。英語を勉強すれば色々な人たちとどんどんコミュニケーションが取れるようになるので、英語の勉強は本来楽しいはずです。

しかし、つまらないと感じたり苦行だと感じるのであれば、今の英語の勉強に改善が必要かもしれません。

創意工夫して、面白きこともなきことも面白く

例えば、簡単と思えるやさしいレベルから英語学習を始めると、ストレスがあまりかからずに楽しめることができます。「あれ?意外に理解できる」、「おや?英語って思ったより楽しい」と感じられれば、自然と自主的に英語学習に励めるようになります。

中級以上の英語力がある方であれば、様々な人たちとたくさん会話しましょう。会話の流れの中で、新しい単語や自然な言い回しを学習することができます。

また、お気に入りの映画を擦り切れるほど観る、好きな音楽を歌詞を追いながら耳がタコになるまで聞くのもアリです。

英語学習を楽しめるようになれば、メキメキと英語力が上がっていき、勉強がどんどん楽しくなります。自分が楽しいと思えるよう、英語の勉強の創意工夫をしましょう。

長期・中期・短期の目標を持つこと

最終目標は何なのか?そのためには、中期的に何をする必要があるのか?ならば今現在、何をする必要があるのか?長期目標から中期、短期と掘り下げて、今すべきことまで具体的に落とし込む作業が必要不可欠です。

長・中・短期目標を設定することで、長い英語学習の道のりも地道にコツコツと続けることができ、最終的に必ず自分の最終目標に到達することができます。

以前私が実際に行った目標設定を下記しますので、ご参考ください。

参考 英語の目標設定

  • 最終目標:ビジネスで使える英語力を備えること。
    世界中の情報を英語で理解し、株式投資やFX投資ができるようになる。
    外国人相手に、ビジネスができるようになる。
  • 中期目標:2年の海外留学
    留学2年目に、ビジネスカレッジに入学できる英語レベルになり、英語でビジネスを勉強する
  • 短期目標:留学1年目は、語学学校やpart time jobを通じて英語の基礎力を備える。

ここまで掘り下げると、今現在、自分が何をどれだけやらなければいけないのかということが明確になります。

その結果、海外留学2年目の後半には、現地企業でインターンシップとして働けるレベルになり、現在では、英語を駆使して投資をしたり、仕事ができるようになりました。

目標を必ず達成するという「断固たる決意」

長期・中期・短期それぞれの目標設定しても、実行しなければ最終目標はもちろん達成されません。そのためには、最後の「断固たる決意」が必要です。

絶対に成し遂げるという覚悟は、長年の夢や野望があるからだったり、挫折や悔しさから生じる反骨精神から生じるものかもしれません。

どのような理由であれ、最終目標を必ず達成するという「断固たる決意」が必要です。

Conclusion

いかがでしたでしょうか?

英語学習はワークアウトやダイエットと同じです。すぐに結果が出るものでもなければ、これだけやれば簡単に英語力がつくなどといった、楽な方法もありません。

しかし、過度な心配や不安を抱える必要はありません。英語の勉強を楽しみ、長期・中期・短期の目標を立て、最終目標を必ず達成するという断固たる決意を持って、毎日コツコツ英語学習に励めば、近い将来必ず英語を使えるようになります。

今英語を不自由なく使いこなす人も、過去に相応の時間とエネルギーを費やし、狂ったように英語の勉強に打ち込んでいた時期があります。元々英語力0のくそったれな私も英語を使えるようになったので、あなたにできないはずがありません。地道に楽しんでいきましょう!

タイトルとURLをコピーしました