【英語学習】第1文型?S+V+O?そんなもの即刻やめちまえ

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

あなたは日本の学校で「第1文型」やら「S+V+O+C」など、いわゆる英語の文型を習ったこと、もしくは聞いたことくらいはあるなぁといった遠い記憶はあるでしょうか?

あれ、めちゃくちゃつまらなくないですか?

そんな勉強の仕方をするから、英語嫌いになってしまうのです!英文法が大嫌いになるのです!!難しい日本語で説明をするから余計に英文法を複雑にしてしまうのです!!!

そんなおもしろくないものは、即刻やめちまえ!!!

スポンサーリンク

いやいや!言語の構造が全然違うから、やらなきゃダメ?

たしかにやらないよりやった方が良いでしょう。しかし、こんな理屈っぽい楽しくない学習をして、英語が嫌いになったら元も子もありません。

そもそも、S(主語)V(動詞)などと教科書に書いてありますが、なぜそのように記載されているかの説明もありません。

  • S = Subject = 主語
  • V = Verb = 動詞
  • O = Object = 目的語
  • IO = Indirect Object = 間接目的語
  • DO = Direct Object = 直接目的語
  • C = Complement = 補語

これらの頭文字を使っているからS, V, O, C と表記する、ということは説明がなければ日本人にはわかりません。また、「間接目的語」「直接目的語」など小難しい日本語で説明されても意味不明ではないでしょうか?(少なくとも私には…)

実際のところ、英語圏の語学学校では超初級者levelのclassでさえ文型の類は習うことはありません。つまり、上記のようなことは「英語を学ぶ」という目的からすれば、本質から外れており何の意味も持たないということです。

つまらん英語文法の勉強に絶対オススメのGrammar in Use
英語の文法って超つまらないですよね?それは間違いなく、日本語で理論的にグダグダやるからなんです。副詞、関係代名詞、仮定法過去...Bull s**t!しかし、英文法を勉強するのに最強の、もはやその右に出るものはない、最高の参考書があるんです!その名もGrammar in Use 英語の本場、イギリスの名門ケンブリッジ

文型不要 英語は話せるようになる

正直に申し上げて、私は今日に至るまで文型に関して一切勉強したことがありません。ですが、今現在英語のcommunicationにおいて何ら問題がございません。

むしろ、英語は感覚で捉えるということが非常に重要であり、また実践で様々な失敗をすることが重要です。読む、書く、聞く、話すととにかく量をこなし、多くの失敗から学び、自然に感覚で身につけていけば、英語は充分話せるようになるものです。

【英語学習】くそったれ流Grammar in Useの勉強法・使い方10箇条
英語文法の一番良い勉強方法は、名著Grammar in Useを利用すること、と別記事「つまらん英語文法の勉強に絶対オススメのGrammar in Use」で書かせて頂きました。そこで今回は、そのGrammar in Useシリーズをどのように使いこなして勉強すれば良いだろうか?ということを、参考として実際に私が実践し

Conclusion

以上のことから、このような典型的な日本の英語学習法は全くfollowする必要がありません。将来必要になったり興味が沸くのであれば、その時に初めて自分から調べれば良いのです。ですから、

文型?そんなもん即刻やめちまえ!

タイトルとURLをコピーしました