【英語】和製英語・カタカナ英語がもたらす3つの弊害!そんなもん即刻やめちまえ

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

巷にはそれはそれはどうしようもない「和製英語」や「カタカナ英語」が溢れております。

「あのノートパソコン使ってるサラリーマン、うちのマンションのお隣さんなのよー」

酷いものです。

「次回のクライアントとのアポイントメントエビデンス出すからデータ集計しといて」

外資企業の日本人同士の会話でよくある光景。発音やアクセントは完全にカタカナ読みのカタカナ英語。困ったものです。

このように、日本ではカタカナ英語を正しい英語と勘違いして覚えてしまう傾向があり、英語を勉強するにあたり非常に厄介な問題になってきます。

そこで今回は、和製英語カタカナ英語の3つの弊害と対策法をシェアいたします。

スポンサーリンク

和製英語・カタカナ英語の3つの弊害

和製英語・カタカナ英語に慣れ親しんでしまうと、以下の3つの問題が発生してしまい、英語を習得するのに遠回りになってしまいます。

正しい発音を覚えられない

これは一番厄介な問題です。

そもそも英語には、日本語には存在しない多くの発音があります。例えば “th”, “r”, “v”, “f”などです。

“This is my friend.”

カタカナで書けば「ディス イズ マイ フレンド」。しかし、このように発音すると、状況によっては相手に何を言っているか通じません。なぜならば、”this”の発音は発音記号で表すと”ðís”。これは日本語にはない発音で、カタカナでも表現できないからです。

これを無理やり日本語にすると「ディス」になりますが、これを発音記号にすると “dís”になってしまいます。この発音では、ネイティブスピーカーからするとまったく違う音に聞こえてしまいまいます。

this(ðís)は「これ」という意味ですが、ディス(dís)は「非難する」という意味なので、大きく意味が変わってしまいます。

発音記号

英語の発音記号はこんなにある。

日本人にとっては音の違いがわかりづらいので、正しい発音をするということが、ないがしろにされがちです。

実際、私がオーストラリア留学をしていた当初は、”there”や”this”を「ゼア」「ディス」と発音していたため、意味を理解してもらえないことが頻繁にありました。

“Thank you”なども同じで“th”の発音は日本語にない発音をする代表的なものの1つです。

“L” や “R” の発音は日本人には難しいとよく言われていますが、英語には日本語にない発音がたくさんあります。

ですから、カタカナ英語に慣れ親しんでしまうと、正しい発音を身につける上で大きな障害になってしまいます。

スペルを覚えられない

spelling-patterns

英語をわざわざ無理やりカタカナ表記にするので、なかなかスペルを覚えられません。

ネイティブスピーカーでも、子どものうちはスペルの勉強をします。日本人が漢字を勉強するのと同じようなものです。

彼ら彼女らでも時間を割いて勉強するということは、我々日本人はスペルを覚えるのにもっと時間を費やさなければなりません。それをカタカナ英語で覚えてしまっては、非効率以外の何ものでもありません。

和製英語を正しい英語と勘違いして覚える

和製英語とは、日本人が日本で作った英語っぽい日本語です。

例えば、オートバイ、サラリーマン、ホチキス、ノートパソコン、ウインカー、タイムアップ、レディーファースト。

これらは外国人にほとんど通じないか、意味はなんとなく通じても、実は間違っている和製英語です。ホチキスなど、”hot kiss”と誤解されえらい目に遭う可能性もあります。

なお、上記和製英語の正しい英語は、motorcycle, office worker, stapler, laptop, indicator, time is up, ladies first です。

hot kiss

和製英語は、英語圏に存在しない言葉なので、ネイティブスピーカーに通じるわけがありません。

場合によっては、本来の意味と違う使われ方で使ってしまい、大きな誤解を生むことになりますが、和製英語に慣れ親しんでいると、正しい英語と勘違いしてしまいます。

ありきたりな例ですが、「マンションに住んでいる」などと説明したら、あなたは御曹司かご令嬢かと勘違いされます。マンションの意味は「豪邸」ですから。

なお、日本で言うマンションにふさわしい英単語は、”apartment”か”flat”です。あなたが御曹司やご令嬢でない限り、マンション住まいなどと言わない方が賢明でしょう。

和製英語・カタカナ英語から逃れる方法

日本にいる以上、和製英語・カタカナ英語から逃れる手段はありません。世の中には、和製英語・カタカナ英語が溢れているのですから。

しかし、下記の対策を講じて、できる限りこの状況にあらがってみたいものです。

ネイティブスピーカーの発音を浴びる

今やYouTubeやPodcastなどで、無料で簡単にネイティブスピーカーの英語を聞くことができますね。

お気に入りのニュースでもよし、YouTuberでもよし。本当に便利な世の中になりました。

私も見るYouTubeチャンネルをいくつかシェアしますので、ご参考ください。

CNBC

CNBC
Welcome to the official YouTube channel for CNBC. From 'Wall Street' to 'Main Street' to award winning original documentaries and Reality TV series, CNBC has yo...

Learn English with EnglishClass101.com

Learn English with EnglishClass101.com
Learn English with EnglishClass101.com - The Fastest, Easiest and Most Fun Way to Learn English Start speaking English in minutes with Audio and Video lessons. ...

mmmEnglish

mmmEnglish
At mmmEnglish, our mission is to help students around the world build the confidence they need to speak English with ease. We have over 200 English lessons that...

オンライン英会話

正しい発音を浴びるだけでは道半ば。やはり、自分で正しい発音を実際に発することを繰り返すことが必須です。

これには、今や手軽にお手軽な価格で利用できるようになったオンライン英会話は、言わずもがな絶好の特訓の場ですね。

CMなどでお馴染みのDMM英会話は、外出しなくても家で手軽にスピーキングの鍛錬ができるので利用しやすいです。現在、25分×2回の無料体験レッスンが受けられるので、とりあえず試してみるのもアリですね

Conclusion

いかがでしたでしょうか?

和製英語・カタカナ英語を何も気にせずに使うことで、英語習得に弊害が出てきてしまうことがご理解できたかと思います。

これらは、私が実際に英語の勉強や海外生活を送った際の、経験談や失敗談です。そして、この和製英語・カタカナ英語マインドを修正するのに、長い年月がかかっています。

ただでさえ、英語を習得するには時間も労力もかかります。ですから、効率良く効果的に英語を習得するために、和製英語やカタカナ英語からは意識して距離を置き、自分で使うことは即刻やめてしまいましょう。

タイトルとURLをコピーしました