【英語】イギリス英語・オーストラリア英語の特徴

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

みなさんご存知のとおり、英語は大きく分けて、イギリス英語とアメリカ英語の2つに分けられます。また、日本では戦後教育もあり、アメリカ英語が主流になっています。

映画や音楽などのentertainmentの類もmade in USAが多いので、アメリカ英語が身近に感じるかもしれませんね。

ところで、本場の英語のイギリス英語はアメリカ英語と比べて何が違うと思いますか?英語を一から勉強しようとする方や、語学留学の留学先を検討している方にとっては気になるところでしょう。

そこで、今回はイギリス英語の特徴を、アメリカ英語と比較してみます。また、イギリス英語にrootsを持つオーストラリア英語の特徴も併せて少し触れていきます。

スポンサーリンク

British English(イギリス英語)

イギリス英語とアメリカ英語の代表的な大きな違いは以下の3つ。

  • Spelling
  • Pronunciation(発音)
  • Vocabulary(単語)

では、この3つの違いを具体的に見ていきましょう。

Spelling

イギリス英語とアメリカ英語を比べると、以下のような違いがあります。

英語米語
centrecenter
realiserealize
colourcolor
get, got, gotget, got, gotten

基本的に語尾は”re”,”se”,”our”と表記されます。PCなどでイギリス英語のspellingで入力すると、間違い扱いされてしまいます。

また、Past Participle(過去分詞)がPast Simple(過去形)と同じ表記になります(上記”get”を参照)。

Pronunciation

発音では、“a”の発音が違う時が多いです。

英語米語
tomatotəmάːtəʊ  (トマート)təméɪṭoʊ (トメイトゥ)
can’tkάːnt (カーント)kˈæːnt (キャント)

※ 本来、英語の発音を日本語で表記するのは適切ではありませんが、imageしやすいようにカタカナ表記も入れました。

【英語】日本人が陥りやすいカタカナ英語の発音 その1
あなたが英語を話せる話せないに関わらず、日本人の話す英語についてこう思うのではないでしょうか?日本人の英語の発音はカッコ悪い。うむ、たしかにそう言わざるを得ない現状。まあ、私も他人のことを偉そうに言える人間でもありませんが。しかし、なぜなのか?理由は色々ありますが、その1つとして、発音がカッコイイ、カッコ悪いの議論の前

Vocabulary

単語の違うものは、挙げるとキリがありませんが、いくつかpick upします。

英語米語
フライドポテトchipsfries
エレベーターliftelevator
薬局pharmacydrug store
スーパーマーケットsuperstoresupermarket
【英語】カナダ英語の特徴
カナダ英語はよくイギリス英語とアメリカ英語の混ざったものと言われます。スペルや語彙などブリティッシュイングリッシュの名残があるものもあれば、アメリカ英語の影響を受けて米語と同じものもあります。発音に関しては、英語と米語の中間に位置するとも言われます。カナダ、オーストラリア両国とも

Australian English(オーストラリア英語)

イギリス人のオーストラリアへの入植という歴史から、オーストラリア英語のbaseはイギリス英語(British English)になります。そのため、基本的な文法やspellingなどはイギリス英語とほとんど同じです。

オーストラリア英語の代表的な特徴は、俗に言う独特の”なまり”でしょう。

その昔、UKからオーストラリアに移住をした人たちが、ロンドンの下町なまりの英語を話していたものが、オーストラリア英語だと言われております(諸説あり)。

【英語】オーストラリア英語のなまりってどうなの?
オーストラリア英語って訛りがあるっていうけど…オーストラリアを海外留学の候補地として検討する方であれば、1度は考えることでしょう。なまりの懸念から、留学先をカナダなど他の国にする方もいますが、実際のところはどうなのでしょうか?オーストラリアとカナダへそれぞれ留学し、バックパッカーとして世界を旅し、外資企業で世界各国の人

疑問 でも習得するならアメリカ英語の方がいいの?

日本教育ではアメリカ英語が使われていたり、今日現在世界の中心はUSAであることもあり、イギリス英語やオーストラリア英語に抵抗がある方もいらっしゃることでしょう。

実際のところどうでしょうか?

会話ができればOK

極論ですが、communicationをとる相手と相互理解ができ、会話や文字のやり取りができれば問題ないですよね。これまでの個人的な経験からすると、business sceneでもprivateでも致命的な問題は起きていません。

また、英語初級者にとっては、正直細かな違いに気づきません。初級者は義務教育の中で英語(アメリカ英語)学習をしていないと思われますので、細かな違いに気付きすらしません(経験談)。

会話の練習、語彙力、文法力を高めることの方が重要

細かい違いを気にするよりも、smoothに会話ができるようになる方が重要です。これにはひたすら場数を踏む必要性があります。

また、英語levelによっては、語彙力や文法も先に強化する必要があります。

イギリス英語とアメリカ英語の細かい違いを気にするのは、二の次三の次です。

つまらん英語文法の勉強に絶対オススメのGrammar in Use
英語の文法って超つまらないですよね?それは間違いなく、日本語で理論的にグダグダやるからなんです。副詞、関係代名詞、仮定法過去...Bull s**t!しかし、英文法を勉強するのに最強の、もはやその右に出るものはない、最高の参考書があるんです!その名もGrammar in Use 英語の本場、イギリスの名門ケンブリッジ

英語は世界の共通言語

英語はEnglish, American, Australianだけではなく、世界中の人々によって使われます。

例えば、中東系、India系、Spanish系の人が話す英語には独特のaccentがあり、native speakerであっても、人によって聞き取りやすかったり、聞き取りづらかったりします。

となると、イギリス英語とアメリカ英語の細かな違いなど、もはやどうでもよい次元ではないでしょうか。

英語が達者になってくると、使う単語や発音が違うことに気づくようになりますが、上記3点を踏まえると、イギリス英語とアメリカ英語の違いはたいして気にする必要がないのではないでしょうか。

Conclusion

いかがでしたでしょうか?

まとめますと、イギリス英語・オーストラリア英語の特徴は、アメリカ英語と比べるとspelling, 発音、語彙に違いがみられることがわかりました。

また、英語学習については、特段のこだわりが無い限り、イギリス英語とアメリカ英語の細かい違いは気にする必要はないといえるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました