【英語】名作スラムダンクの名言best3を英語で勉強しよう

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、チュース!

今回は、英語初級者でも使えるEnglishを、漫画の名言で覚えてみましょう。

ということで今回は、名作スラムダンクを見尽くした私が、日本語でも英語でもためになるスラムダンク名言best 3をお教えいたしましょう。

スポンサーリンク

第3位

I’m a phenom.

slam dunk

天才ですから

教科書のように直訳すると「私は天才です」。このEnglish phraseは基礎中の基礎、中1文法levelですが、実は色々な場面で応用ができます。

I’m 〇〇.

和訳すると「私は〇〇です」。つまり〇〇を応用することで、いくらでも自己表現ができてしまいます。

  • I’m Hanamichi.
  • I’m a Japanese.
  • I’m hungry.
  • I’m at home.

Moreover, 英語初級者の方は自己紹介の際、まず間違いなく”My name is 〇〇”と言ってしまうでしょう。これも悪くはないが、聞こえ方としてはちょっとお堅い。

かしこまった場ならば、”my name is~” でも良いですが、例えば友人を紹介された場合などのcasualな場では、”I’m~”と言う方が自然です。

【英語】英語勉強法 超初級者篇
そんなに嘆かないでください。英語戦闘力5でも全く問題ございません。なぜならば、やる気と工夫次第で、いくらでも英語力を高めることができるからです。これ以上落ちることはありません。這い上がるのみです(笑)このレベルでは、勉強すればしただけグングン英語力が伸びるので、英語の理解が進み驚くほど英語学習が楽しくなってきます。

このように、I’m 〇〇は基礎中の基礎なので、超初級者の方は”I’m a phenom(天才ですから)”と言うことから始めてみましょう。

超初級者でない方ならば、この程度のことなど解説してくれるなと、さらに天才ってgeniusじゃないの、とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかしながら、英語版スラムダンクのこの場面で使われている単語はphenomになります。 これはphenomenonの短縮形でくだけた言い方です。この意味を知らなかった方は、是非今日から使ってみてくださいね。

貴様ら英語下級民族の英語戦闘力を測定してやろう
あの超エリート戦闘民族が現れた!Prince Vegeta: 日本っていったな。まあまあの国じゃないか。Nappa: ピーピー五月蠅いヒヨコたちの英語戦闘力でも見てやるか...どれ...【Question】貴様ら英語下級民族の英語戦闘力を計ってやろう。なーに簡単な質問だ。

第2位

I really want to play basketball… 

slam dunk1

(安西先生・・・)バスケが・・・したいです・・・

ヒザの怪我をきっかけに不良になってしまったミッチーが、恩師の安西先生に会った時に・・・ おっとこれ以上言ったらネタバレだ。

直訳は「私は本当にbasket ballがしたいです」ということになります。Reallyが入ることで、ミッチーが心底バスケがしたかったという心情が伺えますね。

I want to 〇〇.

和訳すると「私は〇〇したい」という意味ですね。これも〇〇の部分を自分のしたいことで応用すれば、自分の欲望を相手に伝えることができます。例えば、

  • I want to go shopping.
  • I want to have(eat) something.

これを上述のI’m 〇〇と組み合わせて使うと、

I’m hungry, so I want to have something.

おお!それっぽいことが言えるではありませんか。これで、海外旅行中に餓死する可能性が極めて低くなります。もはやpassportさえあれば海外旅行にいつでも行けてしまいます。ちなみに、この場合の”so”は「だから」という意味になります。

さらに、want toをwanna(米wὰnə, 英w`ɔnə)と発音すると、naturalなちょっとかっちょいい英語になります。映画を英語字幕で観ると、ほとんどの場合want toではなくwannaと表記されています。

ただし、wannaは話し言葉なので、文章で書く場合にはwannaとは書かずにwant toと書きましょう。

つまらん英語文法の勉強に絶対オススメのGrammar in Use
英語の文法って超つまらないですよね?それは間違いなく、日本語で理論的にグダグダやるからなんです。副詞、関係代名詞、仮定法過去...Bull s**t!しかし、英文法を勉強するのに最強の、もはやその右に出るものはない、最高の参考書があるんです!その名もGrammar in Use 英語の本場、イギリスの名門ケンブリッジ

第1位 King of 名言

If you give up now, the game will be over.

slam dunk2

諦めたらそこで試合終了だよ

名言を多く残した安西光義先生(通称、安西先生)は、作者の井上雄彦先生と同じくらい偉大です。この名言はスラムダンクを読んだことのない人でも、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

直訳は「もしあなたが今ギブアップするなら、ゲームは終了するだろう」。

何だよ、スゲー味気ないじゃねぇか。そうなんです、英訳されるとあの白髪仏(white hair Buddha)こと安西先生の名言も印象が薄くなってしまうんです。

ちなみに、ゴリの「バカもの!」や、流川の「どあほう」も”idiot”の一言で終わってしまうのでなんだか残念なのです。

By the way, このsentenceはking of 名言の名にふさわしい、英語初級者にとってためになる文法で構成されています。

【英語学習】くそったれ流Grammar in Useの勉強法・使い方10箇条
英語文法の一番良い勉強方法は、名著Grammar in Useを利用すること、と別記事「つまらん英語文法の勉強に絶対オススメのGrammar in Use」で書かせて頂きました。そこで今回は、そのGrammar in Useシリーズをどのように使いこなして勉強すれば良いだろうか?ということを、参考として実際に私が実践し

If ~, 〇〇 .

和訳すると「もし~ならば、○○」。この技法をこれまでのtechniqueと組み合わせると、

I’m hungry. If you are hungry too, I really want to go to a Japanese restaurant.

もはや完全に英語を話しているではありませんか!ちなみに、この場合の”too”は、「~も」という意味になります。

さらに、この名言にはwillが入っています。willは未来のことを表現する際に使います。will go, will come, will haveなどwillの直後に何かしたいことを続ければ、この後のことを説明することができます。

また、be overというphrasal verbも入っていますが、これは「終わる」という意味。初級者は”finish”などの単語を使いがちですが、be overはよく使われる表現なので、使えるようにしておくとこなれた感じになります。

Conclusion

いかがでしたでしょうか?よく知られた名言を英語にしてみることで、少し英語が楽しくなったのではないでしょうか。

名言などと一緒に覚えることで、記憶の定着を助けてくれる効果があるので、今後も不定期にこのseriesを更新していきたいと思います。

それでは、また次回作でお会いしましょう。

【英語】名作スラムダンクの名言を英語で勉強 炎の男ミッチー編
みなさん、チュース!「名作スラムダンクの名言を英語で学ぶシリーズ」第1弾【英語】名作スラムダンクの名言ベスト3を英語でお送りしようを書いてから早や5年。満を持してようやく第2弾をお送りします。復活1発目は、炎の男三井寿ことミッチーの名言から、普段使いもできそうなものを5つピックアップしましょう。もうないのか…?ポカリ

画像:スラムダンクより

タイトルとURLをコピーしました