【英語】イギリス英語 vs アメリカ英語 勉強するならどちらがいい?

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

英語は大きく分けると、イギリス英語とアメリカ英語の2種類に大別することができるのは周知のとおりですね。

ここで、英語を勉強する者、海外へ語学留学を検討する者にとって、大きな選択が必要になります。

イギリス英語とアメリカ英語、どちらを勉強すればいいのかと。

そこで今回は、この疑問について、海外留学経験や公私ともに英語を使用している私の経験から、微力ながらアドバイスをさせていただきます。

スポンサーリンク

結論 どちらでも構わない

結論から申し上げますと、どちらでもかまいません。ご自身が好きな方を選べばいいでしょう。イギリス英語、アメリカ英語には多少の違いはありますが、英語を母国語としない我々日本人にとっては、大きな違いや問題はありません。

しかし、どうせなら自分の趣味嗜好、目的に合った英語を勉強して身に付けたいですよね。

では、イギリス英語に向いている方、アメリカ英語に向いている方を、それぞれみていきましょう。

イギリス英語向けの方

オーストラリアやニュージーランドなどイギリスと関係の強い国、ヨーロッパを中心に活動を検討している方は、イギリス英語をおすすめします。また、ヨーロッパの文化や音楽が好きな方も、イギリス英語がいいでしょう。

地理的な影響や歴史上、ヨーロピアンの話す英語はイギリス英語がベースとなっている場合が多いです。フランス人の友人曰く、彼らが英語留学する際は、アメリカ英語圏ではなく、イギリス留学することが多いようですが、こういった背景があるのでしょう。

発音に関しては、アメリカでイギリス英語を使うと馬鹿にされることがあります。

私はオーストラリアで英語を勉強したのでイギリス英語がベースとなりますが、アメリカを訪れた際、英語が伝わらず軽くあしらわれたといったこともしょっちゅうありました。

アジア人に対する差別、もしくはただ単に発音が悪かった可能性も否めませんが(笑)しかし、今でも会話に大きな支障をきたすことはありません。

アメリカ英語向けの方

アメリカやカナダといった北米、またはアメリカの影響の強い地域で活動するのであれば、アメリカ英語をおすすめします。

また、映画や音楽などアメリカのエンターテインメントが好きな方、日本の義務教育や高校で英語をしっかり勉強した方も、アメリカ英語の方が馴染みがあるので良いでしょう。

発音に関してはイギリス英語と同じく、イギリスでアメリカ英語を使うと馬鹿にされることがあるといいます。

イギリスは元覇権国家、アメリカは現在の覇権国家、それぞれ自分たちが基準だというプライドがあるのかもしれませんね。

世界中を股にかけたい方

国や地域、人種を問わず世界中で活動をしたい方は、イギリス英語とアメリカ英語の両方の理解が必要です。

英語はネイティブスピーカーだけが使うのではなく、世界共通言語として世界中で使用されているのは周知の事実ですね。

ですから、世界中を飛び回りたいのであれば、イギリス訛りだからわかりづらい、アメリカ英語だから聞きやすいなど、このような言い訳は通用しません。

プライベートな活動ならともかく、ビジネスシーンでは様々な国籍の人が話す英語を理解しなければいけません。イギリス英語、アメリカ英語の違いにこだわってはいられないのです。

Conclusion

いかがでしたでしょうか?

英語を勉強するにあたり、イギリス英語やアメリカ英語に優劣はありません。自身の趣味嗜好や今後の活動拠点等を考慮して、マッチする方を選択すればよいでしょう。

英語は世界共通言語なので、相手に対する敬意を持って対話できるように心がけておきましょう。

【英語関連記事】

タイトルとURLをコピーしました