長距離バス移動 トロント~ニューヨーク

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

実は世界遺産でもなんでもない世界三大瀑布の1つに行ってきた!の続き)

Purple LineShuttle busbus terminalに戻り、トロント行きのbusを待つ。ナイアガラフォールズは、地理的にトロントとニューヨークの間に位置するが、運行本数と運賃を考えるとトロントに一旦戻ってからニューヨークに行く方が良いのです。

しかし、ここでまたaccident!!!なんと、我々が乗車するはずのbusが到着時点で既にほぼ満員で乗車拒否されたのだ!

What the hell!!!

しまいには、「乗れなかった人は次のやつに乗ってね」だって。次って夜9時じゃねーか!

なんて国だっ!

私を含む搭乗できなかったpassengerは一斉に猛抗議にでる!

「私たちトロントで荷物pick upして、今夜空港に戻らなきゃいけないのよ!」と、欧米系若夫婦。

「私も今夜、トロント発のbusでニューヨークに行かなきゃいけないのよ!」と、純日本人な私。

その他大勢でstaffに詰め寄る。

Eventually, bus company側が根負けし、臨時の大型busの手配に成功!なんとかニューヨーク行きのbusの搭乗時間までにトロントに戻ることができました。  しかし、こんな対応日本じゃ絶対ありえんわlol

→ 次回は、ニューヨークシティのバスの玄関口

スポンサーリンク

From Toronto to New York

Bus Companies

Greyhound(グレイハウンド)

グレイハウンド バス

トロント~ニューヨーク間もグレハンを利用しました。

【海外旅行】長距離バス移動 北米バス会社BIG3をまとめてみた
長距離バス移動 バンクーバー発、アメリカ大陸横断でもチラッと書きましたが、北米(カナダ・アメリカ)長距離移動で考えられるポピュラーな公共交通手段は、鉄道、長距離バス、飛行機、になります。そこで今回は、この中でもバックパッカー御用達の安価な長距離バスの、北米バス会社BIG3についてまとめてみましょう。Greyhound

Bus Terminal

Toronto: Toronto coach terminal(トロント コーチ ターミナル)

【海外旅行】トロントの長距離バスの拠点 トロントコーチターミナル
トロント発着の長距離busの拠点となるのが、Toronto coach terminal(トロント コーチ ターミナル)。Greyhound(グレイハウンド)社やMegabus(メガバス)社などをはじめ、北米を走るバスが出入りするターミナル。バンクーバー等の北アメリカ大陸西海岸から、ナイアガラフォールズ、東海岸のニュー

New York:Port Authority Bus Terminal(ポートオーソリティ バスターミナル)

【ニューヨーク】長距離バスの玄関口 ポートオーソリティバスターミナル
トロントより半日かけ、翌日AM、世界の中心といわれるNew York Cityに到着。まずは旅の基本、観光地図でも入手しようと、案内所の見た目THE Americanなgiant madamに尋ねてみる。Could you give me a tourist map please?おばちゃん「そんなもん、ないよ!」

Bus Fare & Travel Time

トロント ~ ニューヨーク (One way)

  • Web only fare : $60 (Including tax)
  • Travel time : A half day

北米長距離バス移動に関してはこちらもcheck it out!

タイトルとURLをコピーしました