【カナダ】長距離バスでのアメリカ大陸横断をなめるな

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

【長距離バス移動】カナダ・バンクーバー発、アメリカ大陸横断のつづき

3日間の弾丸長距離バス移動は想像以上にしんどい…

良い機会なので、このくだりを少しまとめておくので、無謀なことを企んでいる諸兄姉は参考いただきたい。

スポンサーリンク

長距離バスの大陸横断はこれがシンドイ

まずは、正直しんどいことを羅列しておく。長距離バスでの大陸横断を計画している方は、これを見てビビらないように見ていただきたい。

シャワーなし

これが一番しんどい。普通に考えれば当たり前の話ですが、ベッドでゆっくり眠れないのは当たり前、シャワーを浴びることも許されません。

お子様だろうがべっぴんなオネーチャンだろうが、もちろん例外はございません。さすがに、頭が異様にかゆくなってくるので覚悟されたし。

食事

大陸横断と言っても、各地方都市で何度か乗り降りがあったり、別のバスに乗り換えさせられることもあります。

その際に食事休憩や一服休憩に入るのですが、お食事処はDunkin’ Donuts, Burger King, Tim Hortons, 小さなレストランといったところ。ほとんど、ジャンクフードじゃねーか!といったことになります(笑)

これらが3日も続くと、ボディーブローのように後からじわじわ効いてくるので、覚悟しておきましょう。

長距離バスを使った大陸横断の醍醐味

しかし、長距離バスでの大陸横断も、良いこともあります。それらも忘れずにシェアしておきましょう。

色々な街の景色が楽しめる

色々な街に立ち寄りながら進むので、各街での滞在時間は短くても様々な景色が見れます。

深夜に立ち寄ったカナディアンロッキーに囲まれた街のBanff(バンフ)では、9月上旬だというのに雪がもう降っていました。私が1年過ごしたバンクーバーでも、さすがにまだ雪は降らない時期なので、同じカナダでも気候がまるで違うので新鮮でした。

寒すぎて写真を撮っていなかったことは悔やまれますが。

ありあまる時間

バスにもよりますが、コンセントやwi-fiが完備されているので、暇つぶしがいくらでもできます。

旅の準備をするもよし。日頃寝不足の方はがっつり飽きるまで眠るもよし。ひたすら映画や動画を見るもよし。有限な時間を無限に楽しめます。

圧倒的アウェー感

そもそも、こんなことをする輩は極めてまれです。道中各都市でバスは停車しますが、みなどこかの街で降りていきます。大陸の中央に入るほど乗客も少なくなり、外に見える景色も広大過ぎて何も変わらなくなります。バンクーバーやトロントなどで腐るほど見かける日本人も、もちろん皆無です。

また、移動費が安いからと言って、3日もかけてバス移動するほど現代人は暇ではありません。

つまり、こんな圧倒的アウェー感に浸れること自体が、長距離バスを使った大陸横断の醍醐味の1つなのです。

長距離バス移動の必須アイテム

長距離バスでの大陸横断のメリット・デメリットはいくらか想像できたかと思います。

次に、長距離バス移動を快適に過ごすための必須アイテムをいくつかピックアップしておきますね。

アイマスク

アイマスクは旅人必須ですね。長距離バスでの移動は、飛行機のようにブランケットやアイマスクなどの支給はないので、お気に入りの1つを携帯しておくと良質な睡眠をとれるでしょう。

長距離バス移動時はもちろんんこと、フライト移動や、バックパッカー旅でドミトリーに泊まる際にも役に立ちますよ。

ヘッドホン

長距離移動中の音楽・映画鑑賞は当たり前。長時間つけることが多いので、耳が疲れないヘッドホンタイプのものが断然オススメ。また、配線があると取り回しがうっとおしいのでBluetoothのものがいいですね。ただし、充電切れには気を付けたいところ。

モバイルバッテリー

ということで、何かと持っていれば便利なモバイルバッテリー。バスによってはOutlet(コンセント)がない場合があるので、そんな時にも持っていれば安心。こちらはAmazonでもベストセラーの、世界最小・最軽量クラスのモバイルバッテリー。

ということで、3日間シャワーを浴びてはいけないバスの旅はつづく。

次回は、【カナダ】カナダ最大都市、トロントを徘徊

タイトルとURLをコピーしました