【カナダ放浪記】アメリカ大陸横断をなめるな

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

【長距離バス移動】バンクーバー発、アメリカ大陸横断のつづき

3日間のバス移動というのは想像以上にしんどい…

ベッドでゆっくり寝れないのは言うまでもなく、シャワーを浴びることも許されない。お子様だろうがべっぴんなオネーチャンだろうが例外はなし。これが一番キツイ。

大陸横断と言っても、各地方都市で何度か乗り降りがあったり、別のバスに乗り換えさせられることもある。そういう時に食事休憩や一服休憩が入るのだが、お食事処はDunkin’ Donuts, Burger King, Tim Hortons, 小さなレストランといったところ。ほとんど、Junk Foodじゃねーか(笑)

これが3日も続くと、body blowのように後からじわじわ効いてくる。

What a huge continent!!!

スポンサーリンク

長距離バスを使った大陸横断の醍醐味

しかし、このバス移動、意外に良いこともある。

Outlet(コンセント)とwi-fiは完備(バスにもよるが)。暇つぶしはいくらでもできるのだ。それと日本人は皆無。Vancouver(バンクーバー)の日本人の多さに正直うんざりしていたので、この完全なるaway感はなんだか心地よい。いや、shower浴びてねぇんだ。そんなに心地よくはないか。

それはそうと、深夜に立ち寄ったBanff(バンフ)では9月上旬だというのに、もう雪が降っておりましたよ。さすが、Canadian Rockies(カナディアンロッキー)に囲まれた街。同じカナダでも、1年過ごしたバンクーバーと比べてここまで気候が違うとはね。

色んな街に立ち寄りながら進むので、滞在時間は少しでも色んな景色が見れる。これも長距離バスを使った大陸横断ならではの楽しみかな。寒すぎて写真を撮っていなかったことが悔やまれるが。

長距離バス移動の必須アイテム

長距離バスでの移動は、飛行機のようにblanketやらsleeping mask(アイマスク)などは支給されません。あらかじめ自分のお気に入りのアイテムを用意しておくと、少しは快適な大陸横断ができますし、フライト移動でも重宝します。

アイマスクは旅人必須ですね。バス移動やフライト移動は勿論、バックパッカー旅でドミトリーに泊まる際にも役に立ちます。

長距離移動中の音楽・映画鑑賞は当たり前。長時間つけることが多いので、耳が疲れないヘッドホンタイプのものが断然オススメ。また、配線があると取り回しがうっとおしいのでBluetoothのものがいいですね。ただし、充電切れには気を付けたいところ。

ということで、何かと持っていれば便利なモバイルバッテリー。バスによってはOutlet(コンセント)がない場合があるので、そんな時にも持っていれば安心。こちらはAmazonでもBest sellerの、世界最小・最軽量クラスのモバイルバッテリー。

 

ということで、3日間シャワーを浴びてはいけないバスの旅はつづく。

次回は、カナダ最大都市、トロントを徘徊

タイトルとURLをコピーしました