【長距離バス移動】カナダ・バンクーバー発、アメリカ大陸横断

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

2014年9月上旬。

1ヶ月の北南米1人旅。とりあえず普段なかなかできないこと、大陸というやつを横断してやろうと決断。出発の地は、2010年冬季オリンピック開催地として記憶に新しいバンクーバー。約1年留学先として過ごしたこの地を発つことにした。

スポンサーリンク

大陸横断の手段は3つ

  1.  さくっとフライト(飛行機)

  2.  優雅にVIA Rail(鉄道)

  3. 気合のグレイハウンド(長距離バス)

さくっとフライト

飛行機移動は新鮮さにかける。それに、飛んでしまっては大陸横断感などまったく感じないではないか!ということで却下。

優雅にVIA Rail

当初はVIA Rail(鉄道)で大人な優雅な旅をしてやろうと。ただ、

私の財布の中は大人でなかった。。。

片道約$1100!ジーザス!!!
しぶしぶ却下…

気合いのGreyhound

これは新鮮だ!大陸というやつを肌で実感でき、悠長に時間を使ってこんなことができるのは今しかないのだ!ということで、北米長距離バス会社最大にして老舗中の老舗、Greyhound(グレイハウンド)さんにお世話になることにする。

出発は、パシフィックセントラルステーション

ということで、バンクーバー出発の地、パシフィックセントラルステーションへ。約1年お世話になったホストファザーが車で送ってくれた。

これまでの感謝と別れを告げ、いよいよ約3日をかけたトロントまでの旅のスタート。

パシフィックセントラルステーション 長距離バス・VIA鉄道

Pic Credit: en.wikipedia.org

パシフィックセントラルステーションは、VIA Railやアメリカのシアトル行きの長距離バスも発着する、カナダの西の玄関口。また、すぐ近くにスカイトレインのMain Street-Science World Station (メインストリート-サイエンスワールド駅)があるので便利。

運賃、所要時間

バンクーバーからトロントへの移動時の詳細は下記の通り。

  • 所要時間: 約3日 (2日と20時間)
  • 運賃: カナダ$180

安い!遅い!疲れる!が長距離バス移動、バックパッカー一人旅の醍醐味。否、時間に拘束されない、自由気ままな旅なのだ。しかしながら、こんなアホなことをするバックパッカーは意外に少ないようです。

リッチな諸兄姉はこのようなことはせず、是非VIA Railで優雅な鉄道の旅をオススメします。

次回、【カナダ】長距離バスでのアメリカ大陸横断をなめるなにつづく。

【北米長距離バス関連記事】

タイトルとURLをコピーしました