【カナダ】実は世界遺産でもなんでもないナイアガラの滝に行ってきた

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

【カナダ】極寒のナイアガラフォールズで、死にそうになりながら宿を目指すのつづき

翌朝、モーテルからシャトルバスでナイアガラの滝へ。

ナイアガラの滝は、カナダの中で行っておきたかった場所の1つ。あいにくの、どんより曇り空ではあるが、近づくにつれて聞こえる轟音と、少しずつ見えてくる滝の一部に心躍る!

ついに辿り着いた。TVでよく観た光景!

スポンサーリンク

世界三大瀑布の1つ ナイアガラの滝

ナイアガラの滝

今やTVやネット上でいくらでもキレイな景色を楽しめるとはいえ、やはり自分の目で見るというのは全然違います。自然の作り出す景色というのは、気持ちをリフレッシュしてくれるなぁ。

まずは遠目からナイアガラの滝の景観を楽しんだ後、滝つぼまで向かうフェリー「霧の乙女号(Maid of the mist)」に乗り込み、その迫力を楽しむことにする。

ちなみに、乗船中は水しぶきで水浸しになるのでカッパが支給されます。なお、カナダ側から出航する便で支給されるカッパの色は赤、アメリカ側は青になってます。

ナイアガラの滝は大きく分けて2つ

実は、俗に言うナイアガラフォールズというのは、大きく分けて2つあります。1つは、みなさんご存知、上の写真のカナダ滝。

アメリカ滝 ナイアガラフォールズ

そしてこちらがマイナーなアメリカ滝。いわゆる、しょっぱい方。とはいっても、間近まで来るとさすがの水しぶき。

フェリー乗船後、まずアメリカ滝を横目にしながら、カナダ滝方面に向かいます。

カナダ滝を霧の乙女号から ナイアガラフォールズ

そして、こちらがメインのカナダ滝の滝つぼ。

水しぶきというよりは、雨に降られるような状況。私のしょうもない撮影技量では、いまいちこの迫力が伝わらないのでショートムービー(10秒 編集なし)をどうぞ。

GoProとかあると、ここぞとばかりに役に立ちそうなスポットです。

霧の乙女号(Maid of the mist)

インターネットでもチケット購入できますが、現地でもすんなり買えます。

レインボーブリッジを渡って国境越え

クルーズ終了後、お次は人生初の徒歩で国境越えをしてみます。

レインボーブリッジを歩いてアメリカへ国境越え

まずは、カナダ側にある税関を通過します。

元祖レインボーブリッジを渡り、一路アメリカへ。

ナイアガラフォールズを横目に国境越えのくそったれ

カナダ滝を背に国境越えの図。

ここは絶好の撮影ポイント。みんな記念撮影をしているので、一人旅でも誰かに写真を撮ってもらえますよ。

国境にはカナダ、アメリカ両国旗があるのみ

思ったよりあっけなく国境通過。昔の電波少年のような、国境越えで盛り上がる感じはありません。

アメリカ側の税関でパスポートを提示して無事入国。そのまま徒歩ですぐそこのアメリカ滝まで足を運びます。

アメリカ滝

うーん微妙。なんとも微妙。

滞在時間数分でもと来た道を戻り、カナダ側へ再入国。

カナダ入国時に、なんでカナダに来たとか聞かれる。ちょっとアメリカ側渡ってこっちに戻ってきただけだっつーの。

リアルレインボー出現

そろそろ街を出るかとバスに乗り込んだ矢先、美しい光景が目に入る。

ナイアガラフォールズ ナイアガラの滝

リアルレインボー出現!美しい!

乗ってすぐのバスを思わず飛び降り、バスの運ちゃんに写真を撮ってもらう。

brilliant rainbowとくそったりのいる風景 ナイアガラフォールズ

実際は写真よりもっとキレイだったんだけどなぁ

でも、帰り際になって晴れてくれたおかげで美しい景色を拝めました。

次回は、【長距離バス移動】トロントからニューヨークへ

タイトルとURLをコピーしました