【アメリカ】ニューヨークのオアシス・セントラルパーク

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

【アメリカ】リアルなニューヨークの雰囲気を味わうのつづき

マンハッタンのど真ん中にあるセントラルパーク(Central Park)。映画などでもよく登場するので、ご存知の方も多いことでしょう。

しかし、このセントラルパークをそこら辺の公園と同じと考えてはいけません。広大な敷地ゆえ、歩いても歩いても地図上、全く進んでるように見えません。

スポンサーリンク

ニューヨークのオアシス・セントラルパーク

この日はちょうど土曜日。公園では多くのニューヨーカーがジョギングや野球、テニスをして週末を楽しんでいます。

この忙しない街ニューヨークのオアシスと言われる所以がよくわかる光景。身近に自然があり、アウトドアアクティビティができる環境って大切だなぁと、ブルブラしながら感じてみる。

本来、散歩というのはこんな荷物を抱えてするものじゃないですよね。もはや修行の領域である。

名作「ウォール街」の名シーンにふける

セントラルパーク ニューヨーク

ここは、私のお気に入りの映画の1つ、Wall Street(邦題:ウォール街, 1987年)の終盤で使われた(と思われる)場所。ゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)が、バド・フォックス(チャーリー・シーン)を雨の中でしばくんですね。

“I opened doors for you”

“I showed you how the system works, the value of information, how to get it!”

“This is how you f**kin’ pay me back, you cockroach!!!”

僕はこの映画に多大な影響を受けたので、ここに散歩がてら来てみたかったわけです。

写真を撮ったり、アイスクリームを買って腰を下ろして休んでみたり。とくに何があるわけでもないのですが、個人的にはこういうローカルな場所が好きです。

セントラルパークは有名なのにほぼ観光客がいないので、マンハッタンのローカルな雰囲気を楽しむことができます。リアルマンハッタンを見てみたい方は、ニューヨーカー気取りでゆっくり散歩をしてみるのも面白いですよ。

ということで、セントラルパークでまったりしつつ、ハーレムにある宿へ向かいます。

次回、【アメリカ】マンハッタン(ニューヨークシティ)の、バックパッカー向けおすすめ宿

タイトルとURLをコピーしました