【USA放浪記】ニューヨークヤンキースの本拠地 ヤンキースタジアム

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

AM9時過ぎ。

本日のニューヨーク放浪1発目は、メジャーリーグの名門、ニューヨーク・ヤンキースの本拠地のヤンキースタジアム。場所は、161St-Yankee Stadium駅の目の前。ついにやって参りました。元野球少年の私にとってはコーフンを抑えられません。

スポンサーリンク

ヤンキースタジアムの周りをぶらり

実はこの日、遠征日で試合がなかったんです。だけど、ニューヨークまで来たのだから、試合が無くても雰囲気だけでも味わいたかったわけで。

ヤンキースタジアム
駅から歩いてすぐのGate 6とteam store

でも、本当にヤンキースは人気なんですね。試合が無いのに朝からぼちぼち人がいます。背番号2のユニフォームを来たちびっこもdaddyとお散歩してます。

私はとりあえずヤンキースタジアムの外を一周してみる。これ、私の中でなぜか恒例行事。シアトル(マリナーズ本拠地)でもトロント(ブルージェイズ本拠地)でもやりました。

ありました、ありました。日本の誇り、3人のプレイヤーがヤンキースで2014年現在プレーしております。

Hiroki Kuroda ヤンキースタジアム

まずはこの人。黒田博樹投手、御歳39歳!すごいですね。野球の本場MLB、名門ヤンキースで頼られる男。来年の2015年の去就がどうなるか、個人的に楽しみ。

Masahiro Tanaka ヤンキースタジアム

そしてこの男!マー君でおなじみの田中将大投手。高校、日本、アメリカと常に最前線最高の舞台で活躍してきた男。ヤンキース移籍1年目にして、すでに無くてはならない存在になっている、その証がこの看板だろう。

Derek Jeter ヤンキースタジアム

最後はこの人、”The Captain”でおなじみのDerek Jeter(デレク・ジーター)選手。今年をもって惜しまれつつ現役引退をした彼はチーム一番の人気者。そう、お散歩をしていたちびっ子が着ていたのは彼のユニフォームです。

2012年にヤンキースに移籍した我等のヒーロー、イチロー選手のが無かったのはとても残念。今年も出場機会の少ない中で、チームの中で最も結果を残している選手の1人なのに、誠に遺憾です。

スタジアムをぐるっと周り終えると、何やら人が集まっている。スタッフの1人に話しかけると、何やら今からスタジアムツアーのようだ。なるほど、だから朝から人がいたのか!このスタジアム・ツアー、ヤンキース遠征時に行われているようで、スタジアムの中を色々見れるとのこと。

これを聞き猛烈に参加したくなったが、次のスタジアムツアーの時間まで待つと、スケジュール的にかなり厳しくなるのであえなく断念。今度ニューヨークに来たときの楽しみにとっておくことにしました。

次回、【USA放浪記】自由の女神は少ない荷物と時間に余裕を持って行くべし

チケット購入方法

観戦チケットの購入方法は3つあります。 

チケットブローカーサイト

最も安く買える方法なので、一番オススメな購入法。

アメリカでは、余り券などを扱う合法なチケットブローカーから、野球だけではなくあらゆるチケットが買えます。しかも、正規料金と比べ格段に安くチケット購入できます。

上述の通り、私がヤンキースタジアムを訪れた時は試合がなかったためチケット購入はしませんでしたが、シアトルでのマリナーズ戦のチケットはチケットブローカーサイトから格安で購入しました。この時のシートは、一塁側ベンチ裏27列目で$43くらいで、正規料金と比べると40~50%も安い価格で購入できました。

なお、時期や特別試合などによっては、通常よりもチケット価格が高くなる場合があります。

チケットブローカーサイト(英語):Stubhub.com

公式球団ウェブサイト

ニューヨークヤンキース

こちらでスタジアムツアーチケットも購入できます。近年多くの日本人選手が活躍しているためか、日本語での問合せがこちらからできます。

ニューヨークヤンキース公式サイト: The official site of the New York Yankees

現地で購入

ゲームチケット及びスタジアムツアーチケットも現地で当日購入可能です。

ニューヨークにお立ち寄りの際は、是非本場のベースボール観戦を楽しんでみてください。

タイトルとURLをコピーしました