【USA放浪記】マンハッタン(ニューヨークシティ)の道路・交通事情

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

【ニューヨーク】長距離バスの玄関口 ポートオーソリティバスターミナルの続き)

Port Authority Bus Terminal(ポートオーソリティバスターミナル)から、一路お宿へ。今宵の宿は、Central Park(セントラルパーク)を超えてさらに北側、Harlem(ハーレム)にある。

知らない街をあえて徒歩でぶらつくのが好きな私は、合計20kg以上の荷物を抱えマンハッタンを北上する。歩くのが嫌いな人はだまって地下鉄を使うことをおすすめします、ご参考までに。

備忘録として、ニューヨークシティの中心マンハッタンの道路交通網をまとめておきます。

スポンサーリンク

マンハッタンの道路交通網

上のGoogle mapの通り、マンハッタンは縦長に長い島になっています。

東西(地図上横)に走るのがStreet、邦訳されると「〇丁目」と言われます。マンハッタン島の南側(地図の下側)の1st Streetから始まり、北側(地図の上側)の220th streetまであります。

南北(地図上縦)に走るのがAvenue、邦訳されると「〇番街」と言われます。マンハッタン島の東側(地図の右側)の1st Aveから始まり、西側(地図の左側)の12th Aveまであります。

street もavenue も「通り、道」という意味ですが、ニューヨークの場合なぜ「〇丁目、〇番街」と訳されるのかは不明。映画などで140丁目などと邦訳されているので、日本人の感覚だと馬鹿デカイ街だなと思いますがただの道路の名前です。

なお、欧米では日本と違い、どの道路にも名前があるため、非常に観光客にわかりやすいです。

マンハッタンは大きく3つに分けられる

マンハッタン(ニューヨークシティ)の道路・交通事情出典:www.at-newyork.com

マンハッタンは大きく3つに分けられ、1st Streetから14th StreetをDowntown(ダウンタウン)、14th Streetから59th StreetをMidtown(ミッドタウン)、59th Streetから北をUptown(アップタウン)となります(上図参照)。

Downtown(ダウンタウン)

Lower Manhattan(ロウアー・マンハッタン)とも呼ばれ、マンハッタン島の南側の地域。

代表的な観光地は、Wall Street(ウォール街)、ワールドトレードセンター跡地(グラウンド・ゼロ)、Battery Park(バッテリーパーク)などがあります。

【USA放浪記】自由の女神は少ない荷物と時間に余裕を持って行くべし
ニューヨークといえば自由の女神、英語でStatue of Liberty. 直訳すると自由の像。女神なんてどこにも書いてないのに女神。一説によれば女性がモデルであるからとかなんとか。自由の女神はリバティ島にあり、ここへ行くにはバッテリーパークから出ているフェリーに乗る必要がある。ということで、まずはチケット売り場へ。
世界の金融の中心でMoney never sleeps,pal!と叫ぶ
Money never sleeps, pal. 映画Wall Street(邦題:ウォール街)を見た人、もしくは相場に携わるものなら誰でも知っているだろう名言だ。小生も投資家の端くれ、ニューヨークで一番足を運びたかったところがここ、ウォールストリートだ。ここにはニューヨーク証券取引所、連邦準備銀行(FRB)や
【USA放浪記】ニューヨーク 911メモリアル(ワールドトレードセンター跡)
通称、グラウンドゼロ。ワールドトレードセンター(以下、WTC)のツインタワー跡地。もはや説明無用だろう。あのTVで観た、まるで映画のような惨劇が起きた場所に俺は今立っている。緑の木々に囲まれ、静かに流れ落ちる水の音は、skyscraperに覆われた大都市のoasisのように、

Midtown(ミッドタウン)

高層ビルや商業施設の多いエリア。14th StreetからCentral Park(セントラルパーク)の南端までの地域。

代表的な観光地は、お馴染みのTimes Square(タイムズスクエア)、Empire State Building(エンパイア・ステート・ビルディング)、Rockefeller Center(ロックフェラーセンター)、国際連合本部などがあります。

また、ニューヨークシティの長距離バスの玄関口でもあるポートオーソリティバスターミナルもミッドタウンエリアにあり、観光客の拠点となるエリアになります。

【USA放浪記】ニューヨークのカウントダウンといえばタイムズスクエア
「世界の交差点」の異名を持つタイムズスクエアは、42nd ストリート~47thストリート×7thアベニューあたり。世界各地から観光客が集まり、ミュージカルや年末のカウントダウンでよく知られていることはもはや説明するまでもない。なお、ブロードウェイは通りの名前でミュージカルという意味ではない。有名なタイムズスクエアへ
【USA放浪記】エンパイアステートビルディングから眺めるニューヨーク
11:00 PM。これでニューヨークも見納め。最後は、夜中の2時まで営業中の、言わずと知れたニューヨークの見どころの1つThe empire state building(エンパイアステートビルディング)へ。デートスポットとしても人気がある場所へ、バックパック等フル装備で突撃です。エンパイアステートビルディングの86階
【USA放浪記】ニューヨーク名物ロックフェラーセンターの巨大クリスマスツリー
Rockefeller Center(ロックフェラーセンター)は毎年12月上旬に行われるクリスマスツリーの点灯式で有名。半地下の広場はスケートリンクに変わりニューヨークの顔の1つとなります。映画などにもよく登場する、非常にポピュラーな場所です。名前の由来と歴史 近年はマスメディアで取り沙汰されることも多く、世界を牛耳る
【ニューヨーク】休日はダメ、ゼッタイ!国連本部は平日に行くべし!
こういう景色のはずだったんだ、予定では。。。なんだこれ?旗が無いじゃないか、旗がっ!警備のイカツイのに聞いてみたら、日曜日だから国連本部お休みですって。だから明日来いと。いや、もう明日はワシントンD.C.なんだよね。

Uptown(アップタウン)

Upper Manhattan(アッパー・マンハッタン)とも呼ばれ、マンハッタン島の南側の地域。セントラルパーク南端から北側の地域。

アップタウンはさらに、セントラルパークの西側のUpper West(アッパーウエスト)、東側のUpper East(アッパーイースト)、北側のHarlem(ハーレム)の3つに分けられます。

セントラルパークをはじめ、美術館や博物館、劇場などが多くあります。また、エリア的にはミッドタウンになりますが、セントラルパークの少し南側57th StreetにはTrump Tower(トランプタワー)があります。

【USA放浪記】セントラルパークはニューヨークのオアシス
マンハッタンのど真ん中にあるセントラルパーク。映画などでもよく登場するので、ご存知の方も多いことでしょう。この日はちょうど土曜日。公園では多くのニューヨーカーがジョギングや野球、テニスをして週末を楽しんでいる。大都会のど真ん中にこれほどの規模の公園があるというのは、年中無休のこの忙しない街に住む人々の、オアシスと言われ
【ニューヨーク】バックパッカー向け オススメ宿
ニューヨークの宿は宿泊費が高い!べらぼうに高い!ドミトリーでも宿泊費は最低/泊くらいから。中には安い日本人宿もありますが、かなり早めから予約を取らないと部屋を確保することは難しいです。当たり前ですが、安くて良い宿や年末年始などのハイシーズンは、すぐに予約で一杯になります。私の場合、日程を決めたのが旅の直前すぎて良

マンハッタン島での移動方法

マンハッタンではsubway(地下鉄)が南北に何本も走ってるので、南北に移動するときはsubwayを使うと便利。観光名所で言えば、南は自由の女神があるLiberty Island(リバティ島)行きの船着場付近の駅(いくつかあります)から、北はYankee Stadium(ヤンキースタジアム)までと非常に動きやすいです。

マンハッタン島を東西に移動するのであれば、local busバスやYellow Cab(タクシー)の移動がいいでしょう。ただし、マンハッタンは渋滞も多いので、歩くのが好きな方は散歩がてら徒歩で練り歩くのも楽しいですよ

次回は、【USA放浪記】セントラルパークはニューヨークのオアシス

タイトルとURLをコピーしました