【アメリカ】マンハッタン(ニューヨークシティ)の地理と移動方法を把握して、効率よく周遊しよう

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

私たち日本人がニューヨークと言って想像するのは、おおよそマンハッタンではないでしょうか?タイムズスクエア、ウォールストリート、セントラルパークなどなど、多くの有名な観光スポットがマンハッタンに集まっています。

ところで、このマンハッタンですが、ある規則性によってわかりやすく区画整理されているので、ざっくりと地理を把握しておくことで、効率よく周遊することができます。

そこで今回は、ニューヨークシティの中心、マンハッタンの地理と移動方法についてシェアいたします。

スポンサーリンク

マンハッタンの道路交通網

上のGoogle mapの通り、マンハッタンは縦長に長い島になっています。

東西(地図上横)に走るのがStreet、邦訳されると「〇丁目」と言われます。マンハッタン島の南側(地図の下側)の1st Streetから始まり、北側(地図の上側)の220th streetまであります。

南北(地図上縦)に走るのがAvenue、邦訳されると「〇番街」と言われます。マンハッタン島の東側(地図の右側)の1st Aveから始まり、西側(地図の左側)の12th Aveまであります。

street もavenue も「通り、道」という意味ですが、ニューヨークの場合なぜ「〇丁目、〇番街」と訳されるのかは不明。

映画などで140丁目などと邦訳されているので、日本人の感覚だと馬鹿デカイ街だなと思いますが、ただの道路の名前です。140丁目ならば、ざっくりとマンハッタンの北側ということですね。

なお、欧米では日本と違い、どの道路にも名前があるため、非常に観光客にわかりやすいです。

マンハッタンは、大きく3つに分けられる

マンハッタン(ニューヨークシティ)の道路・交通事情

出典:www.at-newyork.com

マンハッタンは以下の通り、大きく3つに分けられます。

ダウンタウン(Downtown)

マンハッタンの南にある、1st Streetから14th Streetをダウンタウン(Downtown)と呼びます。ロウアー・マンハッタン(Lower Manhattan)とも呼ばれ、マンハッタン島の南側の地域です。

代表的な観光地は、ウォールストリート(Wall Street)、911メモリアル(911memorial, ワールドトレードセンター跡地)、バッテリーパーク(Battery Park)などがあります。

ミッドタウン(Midtown)

14th Streetから59th Streetをミッドタウン(Midtown)と呼びます。

高層ビルや商業施設の多いエリア。59th Streetは、セントラルパーク(Central Park)の南端までの地域です。

代表的な観光地は、お馴染みのタイムズスクエア(Times Square)、エンパイア・ステート・ビルディング(Empire State Building)、ロックフェラーセンター(Rockefeller Center)、国際連合本部などがあります。

また、ニューヨークシティの長距離バスターミナル、ポートオーソリティバスターミナルもミッドタウンエリアにあり、観光客の拠点となるエリアです。

アップタウン(Uptown)

59th Streetから北をアップタウン(Uptown)と呼びます。

アッパー・マンハッタン(Upper Manhattan)とも呼ばれ、マンハッタン島の北側の地域。セントラルパーク南端から北側の地域です。

アップタウンはさらに、セントラルパークの西側のアッパーウエスト(Upper West)、東側のアッパーイースト(Upper East)、北側のハーレム(Harlem)の3つに分けられます。

アップタウンには、セントラルパークをはじめ、美術館や博物館、劇場などが多くあります。また、エリア的にはミッドタウンになりますが、セントラルパークの少し南側57th Streetにトランプタワー(Trump Tower)があります。

マンハッタンの移動方法

イエローキャブ

マンハッタンではサブウェイ(地下鉄)が南北に何本も走ってるので、南北に移動するときはサブウェイを使うと便利です。

観光名所で言えば、南は自由の女神があるリバティ島(Liberty Island)行きの船着場付近の駅(いくつかあります)から、北はヤンキースタジアム(Yankee Stadium)までと非常に動きやすいです。

マンハッタン島を東西に移動するのであれば、ローカルバスやイエローキャブ(タクシー)の移動がいいでしょう。

ただし、マンハッタンは渋滞も多いので、歩くのが好きな方は徒歩で移動もあり。散歩がてら徒歩で練り歩くのも楽しいですよ

Conclusion

いかがでしたでしょうか?

マンハッタンは大きな島になっていて、東西に横断する通りをストリート、南北に縦断する通りをアベニューとなります。

また、マンハッタンの南部をダウンタウン(ロウアー・マンハッタン)、中央部をミッドタウン、北部をアップタウン(アッパー・マンハッタン)となります。

さらに、アップタウンは3つのパートに分けられ、セントラルパークの西側がアッパーウエスト、東側がアッパーイースト、北側がハーレムとなります。

マンハッタンの移動方法は、南北に縦断するのであればサブウェイ、東西に横断するのであればローカルバス、イエローキャブ、または徒歩が便利です。

マンハッタン(ニューヨークシティ)の地理をざっくりとおさえて、効率よく周遊して楽しんでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました