【ニューヨーク】高い宿泊費を安く済ませる裏ワザ

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

全世界から旅行客、business personが集まる大都市New York(ニューヨーク)。行ったことがない人でも、一度はいつか行ってみたいとお考えの方も多いことでしょう。

しかし、ニューヨーク旅行を計画するにあたり問題が1つある。それは、宿泊費がべらぼうに高いことです。最安値であるバックパッカー御用達のdormitory(ドミトリー)でさえ1泊$50ほどしますし、ニューヨークまで来て1泊で終わるはずもありません。1~2泊ならまだしも、3~4泊もすればなかなかの出費となります。

ではどうしたら良いでしょうか?

スポンサーリンク

結論 ニューヨークには宿泊しない

何をバカなことをとお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

当時、長期のバックパッカー旅の最中だった私は、宿代に費やせる額に限りがあり、宿泊費を何とか抑える方法はないかと考えました。

ではどうするのか?どこに泊まるのか?

それはアメリカ合衆国の首都、 Washington D.C.(ワシントンD.C.)に宿をとる、という手段。これには2つのメリットがあるので、「ワシントンD.C.には行かないから、はい、却下!」と言わず、もう少しだけ読み進めてみてください。

ワシントンD.C.に宿泊するメリット1 有名な歴史的建造物が多い

the white house

ワシントンD.C.は、日本人には観光地としてそれほど人気のある都市ではありませんが、Americanにはもちろんのこと、欧米人には人気のある観光地。ホワイトハウス、アメリカ合衆国議会議事堂、リンカーン記念館などなど、誰もが知っている有名な建造物がたくさんあります。

その他、National Air and Space Museum(航空宇宙博物館)やInternational Spy Museum(国際スパイ博物館)などの博物館も多数あります。また、ワシントンD.C.からポトマック川を電車で渡れば、ペンタゴンことアメリカ国防総省にも足を運べます。

これらを周るのであれば最低でも2日は確保したいほど、ワシントンD.C.は見どころ盛りだくさんです。

【USA放浪記】ワシントンDCの中心、アメリカ合衆国議会議事堂
United States Capitol(連邦議会議事堂)、日本でいう国会議事堂にあたり、正にアメリカ合衆国の中枢といえる。そのお役目さることながら、壮観も実に美しい。何やら修復中だったが。そして、建物がデカすぎて写真にも収まらなかったが。綺麗な写真を拝借致しました。うむ、marvelous. In addition

ワシントンD.C.に宿泊するメリット2 宿泊代がニューヨークと比べ割安

これは調べてみれば一目瞭然です。参考までに、私が実際に宿泊した両都市での1日あたりの宿泊費(ホステル)を比較してみましょう。

【ニューヨーク】

  • Upper Central NYC:55ドル/日
  • コンチネンタルブレックファースト(シリアル)付き
    ※コンチネンタルブレックファーストとは、トーストやシリアル等の簡単な食事。
【ニューヨーク】バックパッカー向け オススメ宿
ニューヨークの宿は宿泊費が高い!べらぼうに高い!ドミトリーでも宿泊費は最低/泊くらいから。中には安い日本人宿もありますが、かなり早めから予約を取らないと部屋を確保することは難しいです。当たり前ですが、安くて良い宿や年末年始などのハイシーズンは、すぐに予約で一杯になります。私の場合、日程を決めたのが旅の直前すぎて良

【ワシントンD.C.】
Downtown Washington Hostel:約28ドル/日

朝食なし(徒歩圏内にスーパーマーケットがあるので、格安で朝食を購入できる)

ワシントンD.C. おすすめ宿
ニューヨークの高い宿泊費を安く済ませる裏ワザでワシントンD.C.に宿泊することをオススメしました。そこで、私が実際に宿泊したD.C.のオススメ宿、Downtown Washington Hostel(ダウンタウンワシントンホステル)を紹介します。その名の通りホステルなので、とくにバックパッカーにオススメ

朝食の有無以外は、立地条件や設備などほぼ同条件ですが、宿泊費はD.C.だと約半分に抑えられています。

【参考】宿泊費を抑えた3都市周遊の旅

個人的にワシントンD.C.にも行きたかったということもあり、宿泊はニューヨークで1泊、D.C.で2泊し、両都市+フィラデルフィアと合計3都市を4日間で廻りました。正直かなり慌しいスケジュールだったので、もう少し日数をかけてゆっくり周遊することをオススメします。

ニューヨーク + ワシントンD.C. + フィラデルフィア 旅行

【1日目】
(AM) NY入り
終日NY観光   NY泊

【2日目】
夕方までNY観光
夕方:NY → D.C.へ移動   D.C.泊

【3日目】
終日D.C.観光   D.C.泊

【4日目】
(AM)  D.C. → フィラデルフィアへ移動
(PM)  フィラデルフィア観光  その後、フィラデルフィア → NYへ移動
(夜) NY観光
(夜中) 空港へ

ここでのpointは、2日目にNYで宿泊せずワシントンD.C.に移動して宿泊すること。そして3日目にワシントンD.C.でもう一泊してしまい、4日目の朝に移動して別都市を観光することです。

長距離バス移動 NY~フィラデルフィア~ワシントンDC
せっかくニューヨークまで旅行するのなら、是非ワシントンD.C.まで足を延ばしてみてはと、前回記事(ニューヨークの高い宿泊費を安く済ませる裏ワザ)で紹介しました。ニューヨーク~ワシントンD.C.間の移動は主に長距離バス、鉄道(Amtrak)、飛行機と3つの方法があるが、長距離バスかアムトラックという全米を走る鉄道

Conclusion

いかがでしたでしょうか?

NYでの宿泊回数を極力抑えることで、宿泊費を抑制でき、かつ見どころの多いワシントンD.C.も観光することができます。ワシントンD.C.行きを考えている方、宿泊代を出来るだけ抑えたい方は、この方法も選択肢の1つとして計画してみてください。

【ニューヨーク~ワシントンD.C.の移動についての記事】

タイトルとURLをコピーしました