【タイ】タイの友人の結婚式に参列につきコラートへ

※ 当サイトでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、サワディークラップ。

先日、タイの友人から結婚式を挙げるとの連絡を受け、急遽日本の友人らとタイのナコーンラーチャシーマー(以下コラート)まで結婚式に参列してきました。

そこで今回は、タイのリアルな結婚式の雰囲気をシェアいたします。

スポンサーリンク

バンコクからコラートへ

コラートは首都バンコクから北東へ約250kmにある、タイ東北地方(イサーン)の最大都市かつタイでも3番目に大きい都市です。

バンコクからコラートまでは長距離バスで約4時間、日本の成田からバンコクまでは直行便で約6時間とそこそこの長旅。

長距離バスはモーチット・マイ(北バスターミナル)からの出発のため、すぐ近くのチャトゥチャック市場(ウィークエンドマーケット)の近くに1泊することに。

翌日、ウィークエンドマーケットで昼食をとってから、モーチット・マイに向かいます。

バンコクからコラートまでの行き方は色々ありますが、タイの友人曰くVIPバスが快適でおすすめとのこと。

しかし、バスターミナルのおばちゃんにこれで大丈夫だと勧められるがままバスチケットを購入したら、1つグレードの低いバスに乗る羽目に(笑)

New Bus Terminal in Korat

特別VIPでもない普通の長距離バスに揺られ約4時間、コラートの街の北にある新バスターミナルに到着。

ターミナルで出待ちしているトゥクトゥクのおっちゃんに、結婚式場に併設するホテルの場所を伝えて向かいます。

スポンサーリンク

独身最後の晩餐

Thai wedding

無事式場併設の宿に到着。

式場は既に準備の真っ只中で、外でやるようです。

コラートの花嫁と久々の再会をし、幸せ太りしたななんて雑談から、今夜はみんなで晩飯でも食べに行こうということに。彼女にとっては独身最後の晩餐ですね。

晩餐までの時間は、頼んであった民族衣装の試着したり、ご祝儀用意したりと割とバタバタ。

そうこうしているうちに、オーストラリア留学以来の再会となる台湾人の友人とも合流。

なお、タイの結婚式のご祝儀の相場は、友人であれば1000バーツ程包むのが相場のようです。

ということで、チームジャパンは日本のご祝儀袋にタイバーツを包み、和泰折衷仕様で各々納めることにします。

新郎新婦とも合流し、彼女らの友人や親戚の方とも一緒に、ホテルからちょっと離れた街のローカルレストランへ。

大勢でテーブルを囲んで食べる食事は、やっぱり楽しいですね。

食事の後は、日本と台湾の友人らとともにナイトマーケットにちょろっと遊びに行くことに。

ナイトマーケットでは、昆虫の揚げ物屋さんを発見し、ジャン負けで食べていくゲームを慣行。

最終的に、全員が全ての昆虫を食べるまでホテルには帰れないわけですが、意外においしいという発見がありました。

なお、タイの友人に聞いたところ、とくに食べる習慣はないようで、お土産に買って行ったら全力で拒否されました(笑)

スポンサーリンク

結婚式当日

Thai wedding reception
結婚式のレセプションの様子

明朝、レセプションでご祝儀を渡し、記念の扇子を頂戴します。

さらに、何種類かある新郎新婦のポラロイドを1つ選び、メッセージを添えてレセプションのオネーチャンに渡します。

それにしても、王冠被った友人もあたりをプラプラしており、新婦登場まで顔を合わせない日本の式とは違って、ゆるい感じが新鮮です。

Thai wedding prologue

いよいよ式が始まります。まずは新郎がご親族と友人を引き連れて行進です。

女性陣は草みたいのを持って、新郎陣営の行方を阻みます。この草はこれからの人生で立ちはだかる壁を表しているようです。

高みの見物の新婦

新郎は迎え撃つ女性陣の質問やリクエストに答えていきます。

複数か国語でI love youと叫んだり、これから嫁を力強く守っていく証明として腕立て伏せをさせられるなど、バラエティにとんだリクエストがたくさん。

なお、この間、新婦は何やら高いところから、文字通り高みの見物です(笑)

もちろん全てタイ語で全然わからないので、タイの友人にちょいちょい通訳してもらいます。

このくだりが終わると、新郎が新婦を迎えに行って2人でメインステージに登場。

着席するとわらわら始まります。

親族の方々が新郎新婦の周りを囲んで、セレモニー的な雰囲気になっていきます。

宣誓書のようなものを取り交わす儀式など、タイ語なので詳細不明ですがいろいろ行われます。

お互いに何やら食べさせあうくだりもあります。日本のウェディングケーキのくだりと同じでしょうか?

タイの結婚式は全体的にキッチリカッチリしておらず、いつでも写真を撮ったり、離席して飲み物を飲んだりなど結構自由にやれます。

ということで、僕もちょろちょろ歩き回ってみることにします。

タイの結婚式飯

さっき新郎新婦が食べさせあってた一品が、我々参列者にも振舞われています。甘そうで甘くない一品のこちらを美味しく頂きました。

しばらく式が進むと、新郎新婦と写真が撮れるタイムになります。女性陣は皆同じ民族衣装を身に纏っていて美しいですね。

男連中の場合、民族衣装を召しているのはまさかの我らガイジンチームのみ。現地の若者の皆さんは皆お揃いのスーツでした。最近こういうの流行ってるみたいです。

Dishes of Thai wedding

写真タイムが落ち着いたところでご飯タイムです。

大皿で運ばれた料理を取っていく中華スタイルで、僕らは屋外テーブルでしたが屋内にもテーブルがあり、グループごとにテーブルが割り振られています。

親族の方と思われる方々は、屋内のホールみたいなところで、日本の披露宴風な催しをしながら食事をされていました。

ご飯タイムが終わったら、最後に参列者全員で記念撮影。

これは日本の結婚式で最後撮るやつと同じような感じでした(写真は全員にボカシをいれるの面倒なので割愛)。

スポンサーリンク

おまけ

当日夜は、新婚夫妻が僕らガイジンチームを自宅に招待くれ、庭先で飲み食いしながら談笑しました。

結婚初夜は特別なのでみんな気を使ってましたが、はるばるタイまで来てくれたからと僕たちをもてなしてくれ、夜遅くまで楽しく過ごしました。

タイ
「タイ」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました