【海外旅行】5度のタイ放浪の旅で訪れた5都市をざっくりまとめてみた

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

みなさま、サワディークラップ。

先日(言うても2019年ですが)タイの友人の結婚式に参列のため、急遽5度目のタイへ行って参りました。初めての訪タイからかれこれ10年以上の月日が流れましたが、何度訪れてもやはりタイは良いところですね。

そこで今回は、5度の訪タイを祝し、PCに眠っていた写真も掘り起こし、微笑みの国タイの旅路をざっくり振り返ってみます。

スポンサーリンク

絶対に外してはいけない 首都バンコク

タイ旅行でバンコクを訪れない人はそういないでしょう。今や世界で人気の都市の一つともなったタイの首都バンコク。

私が初めてタイを訪れたのは2006年、現在バンコクの主要空港のスワンナプーム国際空港が完成する数か月前。その頃と比べると、バンコクの発展ぶりはすさまじいものがあります。

Bangkok in 2006

2006年 ラーチャダムリ通りの歩道橋から

当時のバンコク中心部では色鮮やかなtaxiが至る所に走っていましたが、トゥクトゥクもまだまだたくさん走っていました。しかしながら、現在のバンコクはトゥクトゥクの数も格段に減り、利用者は楽しげにデコトラ仕様のトゥクトゥクに乗車する観光客がmainのようです。日本の人力車や、欧米の馬、中東のラクダのようなものですね。

タイの友人曰く、近年ではtaxiなどに替わりGrabがだいぶ浸透しているようで、我が祖国日本なんかより遥かに進んでおります。

現在のラーチャダムリ通りはgoogle mapを参照してね。
でもここの景色はさほど変わらない。

Terminal21

初訪タイの時はなかったBTSアソーク駅前のshopping mall, Terminal 21

バンコクの中心部にはshopping mallが立ち並び、かなりの近代化が進んでおります。まだバンコクを訪れたことのない人は、想像と実際のgapに驚きを隠せずにはいられないでしょう。

バンコクにはオススメの観光areaがたくさんありますが、その中からいくつかpick upしてみましょう。

ワット・ポー

Wat Pho

Credit: https://www.remotelands.com/travelogues/inside-the-historic-home-of-thai-massage-at-wat-pho/

バンコクと言ったらこの黄金の寝釈迦仏が有名ですよね。ピカピカだからでしょうか?五回の訪タイにも関わらず、一度も行ったことないんですけどね。完全にモグリですね。ぴえん。

ワット・パクナーム

Wat Paknam

Credit: https://www.trover.com/d/28oca-wat-paknam-phasi-charoen-bangkok-thailand

近年instagramなどSNSで人気の寺院。映えるらしいっすよ。アタシ?そんなチャラチャラしたところ行かないわよ。で、でもちょっと綺麗じゃないか…ぴえん。

 

モグリな私もそれなりにちゃんとバンコクを楽しんでおりますので、よろしければ下の記事を参考ください。

【海外旅行】バンコクの遊び方
はい皆様、サワディーサワディー【海外旅行】5度のタイ放浪の旅で訪れた5都市をざっくりまとめてみたでチラッと触れた、タイ旅行で絶対に外してはいけない首都バンコクですが、今回はオススメのバンコクの遊び方について具体的に書いてみますのでご参考ください。タイの国技、ムエタイ観戦 一度でいいから見ておいて欲しいのは、タイの国技で

世界文化遺産 古都アユタヤー

アユタヤ 涅槃像 サガット

バンコクから北へ約80kmにある、世界文化遺産の古都アユタヤー。長距離busや電車で日帰りでも訪れることができるので、足を運ぶ旅人も多いことでしょう。

ワット・ローカヤースッターの寝仏(上画像)は、ストⅡ世代ならお馴染みの四天王サガットのstageを彷彿。興奮して寝仏前でストⅡごっこをする男子続出です。

その他にもアユタヤーは見どころたくさんなので、タイ旅行の際は是非1日アユタヤー訪問に割きたいところですね。

格安航空券を比較購入するなら黙ってスカイスキャナー
ある程度旅慣れをしてくると、旅行会社のツアーパッケージ等を通さずに、自ら航空券を手配するという機会も多くなってくると思われます。そして、誰しもが望むのは、「最安で航空券を手配したい!」であろう。そこで、今回は世界中のバックパッカー御用達の航空券の購入方法をshareします!簡単に格安航空券の比較ができるwebsite

老舗beach resort パタヤー

Pattaya

2回目のタイで訪れたパタヤー。当時はnudist beach debutしたいと、野郎三人興奮収まらず意気揚々と向かったことを、今この記事を書きながら思い出したところであります。

あの頃は海外行くだけでワクワクが止まらなかったなぁ。

Pattaya beach

結局、白人のおっさんはちらほらいるも、噂の金髪nudistネーチャンは一人もおらず。地元では脱ぎ担当の連れの一人も全く脱がず、意気消沈してbeachでbeerを飲んだっけ。

しまいには、浮かれすぎてその友人が財布を紛失。タイ語はおろか誰一人英語も話せぬ中、現地のお巡りさんのとこに行って必死に状況説明したっけ。そんなこんなで、特に何もしないでバンコクに帰るという思い出の詰まったパタヤー。いずれもう一度訪れてみたい街。

それにしても、よくもまあバンコクから行って帰ってこれたもんだ。なんだかんだ英語話せない方が旅は面白いかもね。

【外貨両替】海外旅行、留学に絶対オススメ FX外貨両替法
みなさん、こんにちは。海外旅行の際に、どこで日本円を米ドルなどの外貨に両替していますか?近所の銀行?Hey, Come ooon!!!何も考えずに空港の外貨両替所で!?What's the hell are you doing???みなさん!損してますよ!!!海外旅行に頻繫に行く方はご存知かと思われますが、基本的に空港

コラート

観光で訪れる人は少ないかな。首都バンコクから北東に約255km、タイ東北部を代表する都市コラート。街の正式名称は、ナコーン・ラーチャシーマー(長っ)だが、皆コラートと呼んでいる模様。

コラートにはタイの友人の結婚式参列で訪問のため、現地では観光地を回るのではなく、restaurantやnight marketなどlocal cultureを満喫。

night market in Korat

式の前夜は、夕食後に日本人と台湾人の友人らとnight marketへ。

night market in Korat1

揚げ物屋を発見。よく見ると姿形の怪しい物体がちらほら…

昆虫飯

いっちょ買ってみっか!

昆虫飯2

うーむ。よく見るとエグイネ。こいつをジャン負けで1つずつ食べていくことに。あーっ!とか、うーっ!とか言いながら大の大人が大いに盛り上がる。

結局、全員口にすることになるのだが、最終的には人間慣れるもので、「コオロギみたいのがサクサクしてうまい」とか「幼虫みたいのはcreamyでうまい」とか適応してしまうのだから人間面白いものである。

なお、hotelでお留守番の日本人の友人や、タイ人の新婚夫婦にもお土産として持ち帰ったところ、激しく受け取り拒否されました。別にタイでpopularな食べ物でもないようです。

【海外旅行】タイの友人の結婚式にいざ参列
みなさま、サワディークラップ。先日(2019年ですが)、オーストラリア留学時以来のタイの友人が、結婚式を挙げるとの連絡を受け、急遽、友人らとともに、タイのコラートまで参列してきたので、今回はそちらをレポートしちゃいます。いざ、コラート と言いましても、成田からバンコクまで約6時間、バンコクからコラートまでは長距離バスで

説明不要の世界的リゾート地、プーケット

世界屈指のresort地としてあまりにも有名なプーケット。パートーン、カロン、カタの三大beachや近隣の島々もあり、思う存分beach resortを満喫できます。

Phuket

パートーンビーチ周辺は夜もどんちゃん賑やか。個人的には少し落ち着いたカロンビーチの方が好み。

なお、a rental carを借りれば、時間を気にせず、島内行きたい場所へいつでもactiveに動けるのでオススメ。Beachのハシゴも突然のsquallもなんのそのです。

Metadee Resort and Villas

Metadee Resort and Villasの広大なpool

また、お手頃な価格で素敵なhotelに泊まれるのも良いですね。Private poolや部屋から2秒でpoolなんて部屋も、ここプーケットでは当たり前。あえてbeachに行かずにhotelでまったりするのも全然アリです。

【外貨両替】日本円からタイバーツへのお得な両替方法
サワディークラップ!微笑みの国、また親日国の1つとして知られるタイ。今回はこのタイへ行く際に必要な、円からタイバーツへの一番お得な両替方法をシェアいたします。でも、お金のことは難しいし面倒くさい?マイペンライ、マイペンライ!とりあえず、この記事を読み進めてください:)余計なことは考えるべからず!黙って日本円を

Conclusion

タイの5つの街についてざっくりまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

個人的には、タイ北部の街チェンマイ、サムイ島等のその他beach resort、水かけ祭りでお馴染みのタイ正月ソンクラーン時にも訪れてみたいですね。私の周りでも、divingやbeach resort, massageを楽しむために、何度も訪タイしている友人が何人かいます。

タイには何度も訪問せずにはいられない魅力があることは間違いありません。訪れたことのない方は是非一度、訪れたことがある方はさらに二度三度、タイを旅してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました