【タイ】世界文化遺産・古都アユタヤのおすすめ観光スポット・見どころ

※ 当サイトでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、サワディークラップ!

タイには5つの世界遺産(3つの世界文化遺産と2つの世界自然遺産)がありますが、バンコクから北に約80kmにある古都アユタヤは、バンコクから日帰りで行けることもあり人気の観光地の1つになっています。

そこで今回は、世界遺産の街・古都アユタヤの見どころをシェアいたします。

スポンサーリンク

バンコクからアユタヤの行き方

クルンテープ(フワランポーン)駅

バンコクからアユタヤまでの行き方は色々ありますが、タイ国鉄の列車が旅の風情があっておすすめです。

バンコク~アユタヤ間を運行する列車は、主にクルンテープ・アピワット中央駅(バンスー中央駅)発着ですが、一部の列車がクルンテープ(フワランポーン)駅で発着しています。

アユタヤー行列車
クルンテープ(フワランポーン)駅のプラットホーム

列車のグレードは1等~3等まであり、運賃は15バーツ(約63円)から。

アユタヤ駅までの所要時間は、クルンテープ・アピワット中央駅からは1時間前後、クルンテープ(フワランポーン)駅からは1.5~2時間程度になります。

バンコクからアユタヤの行き方の詳細は、下記の記事にまとめてありますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

アユタヤ遺跡の見どころ

アユタヤ遺跡の見どころは、ほとんどアユタヤ歴史公園に集まっています。

代表的な見どころをピックアップいたします。

ワット・マハータート

ワット・マハータート1

1767年のビルマ軍の侵略で、遺跡のほとんどは徹底的に破壊されてしまっていますが、ワット・マハータートは一部が残存しています。

ワット・マハータート2

数ある仏像は、すべての首が見事に切り落とされてしまっています。

ワット・マハータート

木の根に覆われたこちらの仏頭は、ワット・マハータートの象徴ともいえます。

今でもタイの方々の信仰の対象になっていて、お供え物や線香が焚かれています。

なお、仏頭を見下ろした位置からの写真撮影はタブーになっています。

仏頭と一緒に写真を撮る際は、腰を下ろして仏頭よりも下から写真撮影しましょう。

ワット・マハータート3

また、遺跡内には上記画像のようなサインもあり、アユタヤ観光の常識となっています。

仏や熱心な仏教徒のタイ人の方々に対する冒とくになるので、ふざけた写真撮影はやめましょう。

ワット・ローカヤースッター

ワット・ローカヤースッター
ワット・ローカヤースッターの寝釈迦仏像

アユタヤ遺跡の中では、ワット・マハータートの木の根に覆われた仏頭と同じく、知名度が高いのがワット・ローカヤースッターの寝釈迦仏像です(上記画像)。

TVゲーム「ストリートファイターⅡ」の登場キャラクター、「サガット」のステージのモデルとなった場所と言われており、ストⅡ世代の日本男子に人気の観光スポットです。

ワット・プラ・シー・サンペット

出典:wikipedia

1491年に建立されたワット・プラ・シー・サンペットですが、のちにビルマ軍の侵攻で破壊され、現在では3基の仏塔のみが残存しています。

それぞれの仏塔の中には、3人の王の遺骨が納められています。

アユタヤ・エレファント・キャンプ

アユタヤ 象

アユタヤ歴史公園内を周遊していると、象(に乗った人々)の群れに遭遇します。

アユタヤ・エレファント・キャンプからエレファント・ライドで遺跡内を周遊できるようなので、興味のある方は是非。

エレファント・ライド料金(1人)

  • 20分 400バーツ(約1,690円)
  • 25分 500バーツ(約2,100円)

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アユタヤ遺跡はバンコクから日帰りで訪れることができる、タイの代表的な観光スポットの1つです。

タイ旅行の際には。是非1日確保してアユタヤまで足を運んでみることをおすすめします。

その他、タイ関連記事も下記にまとめてありますので、是非参考にしてみてください。

タイ
「タイ」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました