【タイ放浪記】世界文化遺産の古都アユタヤの遺跡巡り

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、サワディークラップ!

タイには3つの世界文化遺産と2つの世界自然遺産、合計5つの世界遺産があります。中でも、タイの首都バンコクから北に約80kmにある古都アユタヤは、バンコクから日帰りで行けることもあり、人気の観光地&世界遺産です。

そこで今回は、古都アユタヤを旅した際の情報をシェアします。

※ 後述する金額は、1バーツ=3円計算で表記しています。

スポンサーリンク

列車の旅 バンコクからアユタヤ 

フアランポーン駅

昼過ぎにタイ鉄道の拠点クルンテープ(フアラムポーン)駅に到着。乗車券を購入し、出発まで駅の雑貨屋を見て周ったり、カフェで時間をつぶします。

アユタヤー行列車

13:50発の3等列車で出発。さすが3等列車、年期が入っております。座席は木製でクッション等は付いていない、尻が痛くなる仕様。

運賃は15バーツ(約45円)、所要約1.5時間の旅路です。

道中、相席で対面に座ったおっさんが、ひたすらピーナッツを食べて床に捨てまくり、散々散らかして途中の駅で下車していった。こんなのも、ボロ列車の旅の醍醐味です。

【海外旅行】バンコクの遊び方 7選
みなさん、サワディークラップ!【海外旅行】5度のタイ放浪の旅で訪れた5都市をざっくりまとめてみたでチラッと触れた、タイ旅行で絶対に外してはいけない首都バンコクですが、今回はオススメのバンコクの遊び方について具体的に書いてみますのでご参考...

アユタヤ駅からアユタヤ遺跡へ

アユタヤ駅から西へ約2km、遺跡が集まるアユタヤ歴史公園へ向かいます。

アユタヤ 渡し船

まずは、アユタヤ駅の西にあるパーサック川まで行き、渡し船で川を渡ります。反対岸に着いたら、トゥクトゥクを1日チャーターし、遺跡の見どころを周ってもらうことにします。

【外貨両替】日本円からタイバーツへのお得な両替方法
サワディークラップ!微笑みの国、また親日国の1つとして知られるタイ。今回はこのタイへ行く際に必要な、円からタイバーツへの一番お得な両替方法をshareいたします。でも、お金のことは難しいし面倒くさい?マイペンライ、マイペンライ!とりあえ...

アユタヤ遺跡群を巡る

アユタヤの見どころは、ほとんどアユタヤ歴史公園に集まっています。その中のメインどころの遺跡を周っていきます。

ワット・マハータート

ワット・マハータート1

遺跡のほとんどは、1767年のビルマ軍の侵略で徹底的に破壊されてしまっているが、このワット・マハータートはボロボロながら、遺跡の一部が残っています。

ワット・マハータート2

仏像も、見事にすべての首が落とされています。なんとも無慈悲。

ワット・マハータート3

こんなサインもあります。アユタヤ観光の常識。仏や熱心な仏教徒のタイ人の方々に対する冒とくになるので、ふざけた写真撮影はやめましょう。

ワット・マハータート

木の根に覆われた仏頭。有名なやつですね。今でもタイの方々の信仰の対象になっていて、お供え物や線香が焚かれています。こちらは、仏頭を見下ろした位置からの写真撮影はタブー。かがんで仏頭よりも下から写真撮影しましょう。

【タイ】5度のタイ放浪の旅で訪れた5都市をざっくりまとめてみた
みなさま、サワディークラップ。先日タイの友人の結婚式に参列のため、急遽5度目のタイへ行って参りました。初めての訪タイからかれこれ10年以上の月日が流れましたが、何度訪れてもやはりタイは良いところですね。ということで今回は、...

ワット・ローカヤースッター

ワット・ローカヤースッター

アユタヤの遺跡の中で、ワット・マハータートの木の根に覆われた仏頭と双璧を成す、知名度を誇るこちらの寝釈迦仏像。TVゲーム「ストⅡ」の登場キャラクター「サガット」のステージのモデルとなった場所と言われており、ストⅡ世代の日本男子にはたまりません。

ストⅡを知っている人も知らない人も、ストⅡごっこをして映える写真を撮りましょう。

その他の見どころ ワット・プラ・シー・サンペット

Pic Credit: https://en.wikipedia.org/wiki/Wat_Phra_Si_Sanphet

三基の仏塔が特徴のワット・プラ・シー・サンペット。それぞれ3人の王の遺骨が納められています。

その他の見どころ アユタヤ・エレファント・キャンプ

アユタヤ 象

アユタヤ歴史公園内を周遊していると、象(に乗った人々)の群れに遭遇します。アユタヤ・エレファント・キャンプからエレファント・ライドで遺跡内を周遊できるようなので、興味のある方は是非。

エレファント・ライド お値段(1人)

  • 15分 400バーツ(約1,200円)
  • 25分 500バーツ(約1,500円)

バンコクへの帰路

帰りは、エアコンが効いていて、座席もクッションがついている2等列車。いわゆる普通の列車の仕様。2等列車の方が3等列車よりも断然快適ですが、個人的に乙なのは3等列車ですね。

所要時間は、やはり約1.5時間、運賃は40バーツ(約120円)。

帰路は、同じ列車に乗り合わせた日本人女性2人組と、仲良くお菓子パーリーしながら楽しくバンコクに戻りましたとさ。

【海外旅行】タイの友人の結婚式にいざ参列
みなさま、サワディークラップ先日、オーストラリア留学時以来のタイの友人が、結婚式を挙げるとの連絡を受け、急遽、友人らとともに、タイのコラートまで参列してきたので、今回はそちらをレポートしちゃいます。いざ、コラートと言いましても、成田...
タイトルとURLをコピーしました