【タイ】バンコクの遊び方 7選

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、サワディークラップ!

【タイ】5度のタイ放浪の旅で訪れた5都市をざっくりまとめてみたでチラッと触れた、タイ旅行で絶対に外してはいけない首都バンコクですが、今回はオススメのバンコクの遊び方について具体的に書いてみますのでご参考ください。

スポンサーリンク

タイの国技、ムエタイ観戦

muaythai

2006年当時のラチャダムヌーンスタジアム

一度でいいから見ておいて欲しいのは、タイの国技でもあるムエタイ。簡単に言ってしまうとタイ流キックボクシング。本場のムエタイをお気軽に割と近い位置から観戦することができ、ローカルな雰囲気も楽しめるので、格闘技好きでなくてもローカルカルチャーが好きな人には絶対おすすめ。 

バンコクには下記2つの有名なスタジアムがあります。 

ラチャダムヌーンスタジアム

rajadamnern stadium

ムエタイの聖地ラチャダムヌーンスタジアム、日本でいえばボクシングの聖地、後楽園ホールと言える最高権威のスタジアム。辰吉丈一郎氏や武田幸三氏など、著名な日本のボクサーやキックボクサーも試合を行った場所です。 

ルンピニースタジアム

Lumpinee Stadium

2006年当時のルンピニースタジアム

僕が訪れた2006年当時は、バンコク中心部にあるルンピニー公園近くにありましたが、2014年にドンムアン空港近くに移転しました。

ルンピニースタジアム

新ルンピニースタジアム

移転前のルンピニースタジアムは冷房が無く、扇風機がブンブン廻る熱気に包まれた場所でローカル感満載でしたが、移転後は装いも新たにエアコンも実装され快適そうです。 

上述のとおり、現在のルンピニースタジアムは、バンコク中心部から離れたドンムアン空港近くにあるため、ムエタイ観戦はラーチャダムヌーンボクシングスタジアムがアクセスが良くて良いかもですね。

スポンサーリンク

本場のタイマッサージ

Thai massage

街中のとあるマッサージ店にて

タイに行って本場のタイマッサージに行かない人はいないでしょう。

やはり、タイマッサージは絶対一回は行っておきたい、否、一日一回、滞在中は毎日行っきたいところですね。

バンコク中心部では至る所に、お値段お手頃で良質なマッサージ屋があるので、飛び込みで入ってみましょう。腕の良し悪しは運次第。

なお、伝統的な古式マッサージ、アロママッサージ、オイルマッサージなどがありますが、個人的には強めの圧がかかる古式マッサージがお好み。

がっつり全身マッサージでたっぷり疲労回復するもよし、ちょっとした隙間時間にさくっと脚や肩などの部分マッサージなどもナイスです。

ちょっとよさげなとこに行ってみた

Health Land

バンコク在住のタイ人の知人(男性)に教えてもらった、ちょっと高級そうな佇まいのマッサージ屋に突撃。

飛び込みで入ったところ予約一杯で、30-40分程度の簡易的なコースのみとなること。予約必須とは、恐るべき人気ぶり。

アジア系の客が多く、日本人はいなかったような。館内も高級ホテルのような佇まいで、たまにはこういうマッサージ屋もいいですね。

上述のコースは、消灯された大部屋の暗闇の中で、一人掛けのアームチェアに座ってマッサージを受けるのですが、これがたまらなくサバーイ(気持ちいい)。よだれを垂らしながら完全に落ちていました。

なお、同じくバンコク在住のタイの知人(女性)にこの店について聞いたところ「他にもっといいとこあるよ」みたいな反応でした。

Health Land公式サイト(英語): https://www.healthlandspa.com/en/location/Bangkok/ASOKE

スポンサーリンク

タイ飯

タイの飯はなんでもアロイ(タイ語でおいしい)です。※個人的見解です。

観光客向けのレストランではそれなりのお値段ですが、今でも屋台飯は数十バーツほど。上手くて安いリアルなタイ飯が楽しめますよ。

TomYumKung

タイ飯の王様 トムヤムクン

Thai food

タイ飯三銃士 空芯菜、パッタイ、炒飯

タイ飯

女子ウケの良いパパイヤサラダ(写真真ん中の皿)

食べ物の画像編集をしていると腹がすいてくるので、オススメ紹介はこの辺にしときます。

スポンサーリンク

ルーフトップバー

Lebua At State Tower

近年人気になっているルーフトップバーで、調子に乗ってみるのはどうでしょう。 

例えば、Lebua at State Towerは、映画ハングオーバー2の撮影場所としても有名なので、是非足を運んでみましょう。

スポンサーリンク

水上マーケット

ダムヌーン・サドゥアク水上マーケット

主な水上マーケットは、バンコクから西へ約80kmにあるダムヌーン・サドゥアク水上マーケットと、週末のみ開催されるタリンチャン水上マーケット。

タリンチャン水上マーケットの方がバンコク中心部から近いので、週末に都合よく予定を合わせられるのであれば、こちらがよいかもしれませんね。

僕は、2回目の訪タイ時にダムヌーン・サドゥアク水上マーケットに行こうとするも、タクシーのおっちゃんに騙されかけ、辺境の超マイナーで小さな水上マーケットに連れていかれそうになった貴重な思い出があります。

もちろん、英語もタイ語もわからないが口論になり、バンコクの宿までとんぼ返りで、結局行けずじまいだったんですけどね。

スポンサーリンク

カオサン通り

カオサン通り

バックパッカーの聖地、カオサン通りも覗いてみましょう。

僕の友人の中には、あえていつもカオサン通りに宿を取るほど、カオサン通りは魅力と中毒性に溢れています。バックパッカー宿に抵抗がない方は、一度は一夜の宿を借りてしまいましょう。

人気の観光スポットのワット・プラケオやワット・ポーも近いので、併せて訪れると良さそうです。

スポンサーリンク

夜遊び

Soi Cowboy

上述のハングオーバー2の撮影場所にもなった、ソイ・カウボーイ

日が暮れたら夜の街に繰り出してみましょう。あなたも聞いたことあるかも知れませんね。

バンコクに 来たら一度は ゴーゴーバー

チョットオニーサン、ハナノシタノビテルヨ!有名どころは、ソイ・カウボーイ、ナナプラザ、パッポン通りです。

スケベなおじさんが多そうなイメージですが、欧米人は多いですが女性の方も割と遊びに来ていて、観光スポットの1つともなっています。

最近では、日本人女性も興味本位で見物に行く方もいらっしゃるようなので、バー感覚で一杯飲んで行くのもありでしょう。

スポンサーリンク

Conclusion

いかがでしたでしょうか?

今回はタイの首都バンコクの遊び方を、7つピックアップしてみました。

その他にも、ワット・ポーやワット・パクナームなど、バンコクには多くの観光スポットがあります(別記事【タイ】5度のタイ放浪の旅で訪れた5都市をざっくりまとめてみた参照)。

なお、バンコク近郊まで足を延ばせば、アユタヤーやパタヤーなど多くの観光スポットがあり、1週間程の旅のスケージュールでは、全てを回りきるのは難しいほどです。

まずはご自身の興味のあることをピックアップしてみて、スケジュールに余裕をもって旅の予定を計画すると、バンコクを存分に楽しめるでしょう。

是非参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました