【海外留学・英語】留学先で日本人を避けたい人におくる2つの対処法

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

日本人のいない(少ない)都市や学校がいい。

多くの日本人留学生が、留学先を決める上で挙げる条件がこちらでしょう。

日本人がいない場所に行けば英語が上達する、せっかく海外留学したのだから日本人とは距離をおきたい、と考えるのは至極当然です。

私も同様の考えで、留学先を日本人が少ないと言われる、オーストラリアのPerth(パース)に決めました。

あなたも同じような考えをお持ちかもしれません。しかし、実はこの策、あまり的を射ていません。

スポンサーリンク

日本人を完全に避けることはほぼ不可能

日本人の海外留学が少なくなったといわれる昨今ですが、留学先に適した都市、つまり学校があり、home stayやpart time jobを探せるなど、留学環境が整った都市には必ず日本人留学生がいます。パースの語学学校にも、何人も日本人留学生がいました。

また、他の英語圏に比べると留学先としては知名度は低いですが、マルタ共和国というイタリアのシチリア島近くにある小さな英語圏の国があります。マルタに留学した知人によると、そのような国でもやはり日本人はいたとのことです。

留学先で日本人を避けたくても、都市選びで解決できるものではなさそうです。では、どうすればいいでしょう?

【海外留学】ワーホリ留学生に警告する
ワーキングホリデー制度などを利用して海外留学中、または計画中のみなさんの多くは、語学習得が目的ではないでしょうか。そしてその中には、将来は英語を使う仕事をしたい、海外で働きたい、国を問わず国籍を問わずグローバルな仕事をしたい、と考えている方も多いことでしょう。しかし、ここで1つ警告させていただきたい。現実はそう甘くない

対処法1 断固たる決意を持つ

こう言ってしまうと精神論のようですが、事実まずは気持ちが一番大事です。

私がこれまで出会ってきた留学経験者をみてみると、英語力をつけるという断固たる決意を持っている人は、留学生活の送り方が根本的に違います。仮に日本人がいる環境でも英語を話そうとします。そこに日本人以外の友人知人がいれば尚更です。

当たり前ですが、このような人の英語力は目に見えるように上がっていきます。そうすると、国籍を問わずに人脈が自然と広がっていきます。これは日本人に限ったことではなく、他の国からきた留学生にも言えることです。

反対に、覚悟がない人、決意の弱い人は、日本人が少ない環境に身を置こうが、長期海外滞在しようが大した成長をしていません。

過度に日本人を避ける必要はありません。英語力が伸びるかどうかは完全に本人の覚悟次第なのです。

まるで成長していない。。。安西先生(スラムダンクより)の名言、「まるで成長していない…」 Eng ver.

対処法2 留学前に可能な限り英語力を上げる

海外でできるだけ母国語環境を避けるための最善の対処法は、“留学前に自分の英語力を可能な限り上げる”ことです。

どの都市を選んでも、語学学校の初級levelにはたくさんの日本人がいます。もちろん日本人以外の国籍の人たちも大勢いますが、当然みな英語初級者です。

初級levelのうちはうまく言いたいことも表現できないことも多いため、母国語で話してしまったり、語学習得に対しての意識が低い傾向があります。

反対に上級levelになると、全体的に英語力の高い欧米人が多い傾向にあり、日本人がいても英語力、意識ともに高い人たちがほとんどです。

つまり、留学した時点で自分の英語力が高ければ高いほど、日本人が少ない環境に身を置けるのです。類は友を呼ぶ、初級levelと上級levelの環境の違いは、火を見るより明らかです。

国籍に関わらず、英語力やmotivationの高いcommunityに身を置いていれば、あなたのまわりにはそれ相応の人たちが集まります。

【海外留学】海外留学するうえで一番重要なこと
最近では、海外留学といっても多種多様ですね。海外の高校、大学などに通うことは勿論のこと、語学習得のために語学学校に通うこと、ワーキングホリデー制度を利用し語学学習しながら、異文化体験や外国の友人をつくるということも、海外留学と言えるでしょう。目的は人それぞれですが、海外留学を価値あるものにするために、全ての人に共通して

Conclusion

いかがでしたでしょうか?

留学を有意義なものにしたいということは、皆さん共通のことだと思います。ただし、日本人を避けるということはそれほど重要なことではなく、本人の覚悟が大事です。

そして、渡航先の都市や学校の日本人比率にこだわり過ぎずに、自身の英語力をできるだけ高めてから留学しましょう。

日本人が少ないと言われるパースや、多いと言われるバンクーバー両方に留学した私の経験が、少しでも参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました