【英語/海外留学/ワーホリ】日本を知るということの重要性

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

いきなりですが、あなたはどのくらい日本のことを知っていますか?

「日本のこと」といっても多種多様なものがあります。例えば、

  • 文化、風習
  • 歴史
  • 政治、経済
  • 日本のマナー
  • お勧めの観光地や料理

これらについて、詳しく説明したり紹介することができるでしょうか?また、これらに関し自分の意見を持ち、主張することができるでしょうか?

スポンサーリンク

自分の国をよく理解していない日本人

sakura_Mt.Fuji

残念ながら、多くの日本人は他国の人たちと比べると、自分の国のことをよくわかっていません。

私が実際に海外留学時に出会った日本人の方々は、英語の読み書きなどの基礎能力は高い方が多いです。英語が好き、得意な人たちが多く海外留学しているからでしょう。

しかしながら、世間話、当たり障りの無い話はできるものの、文化、ビジネス、政治、経済など、少し踏み込んだ話になると、話せなくなる方が非常に多いです。また、自分の考えや信念を持っている方も少ない傾向にあります。

私が通っていた語学学校のオージーの先生も「内容の無い話だけではなく、色々なことを話せるようになれ」と、よく生徒たちに話していました。

日常英会話というものは、海外生活をするとそこそこできるようになります。しかし、さらに英語力を伸ばそうとすると、世界共通の時事問題の認識であったり、それに対する自分の意見、自己主張などのコミュニケーションスキルが必要不可欠です。

自分の国をよく理解している外国人

他国の人たちは年齢や性別に関係なく、自分たちの国のことを多少なりとも理解し、自分の意見を主張できる人が多いです。

私の友人の1人にベネズエラ人がいます。彼とカナダで出会った時は、若干18歳のあどけなさの残る少年でした。地頭の良い賢い男でしたが、パーティー大好き、ホットガール大好きな、よくいる陽気なラティーノです。

しかしながら、自国の政治や経済のことをよく理解していました。

ベネズエラでは、腐敗した政治によって政治家は潤い、警察も汚職まみれで役に立たない。経済はハイパーインフレで、スーパーマーケットの棚からは商品が消え、食料は配給制。早朝から何時間も列をなして並ばなければ手に入れることができないなど、熱心に自分の意見を交えて話してくれました。

遠い南米の国ベネズエラについては、キレイなおねーちゃんが多いということ以外、詳しく知りませんでしたが、彼のおかげで色々勉強になったことは言うまでもありません。

うわべだけの日常会話だけではなく、このような会話もできるというのが、本当の意味でのコミュニケーションであり、英語が話せるということなのではないでしょうか?

Conclusion

いかがでしたでしょうか?

真のインターナショナルな人間というのは、国籍を問わず様々な人たちと議論ができ、相手を理解することができる人間です。語学が堪能なだけでは、真のインターナショナルな人間とは言えません。

そのためにまず重要なことが、自国のこと、日本のことを知ることなのです。見識を深め、自分の意見を臆せず主張できるようになれば、うわべばかりの話だけではなく、もう一歩踏み込んだ中身の濃い話ができるようになります。

今からでも全く遅くありません。英語を勉強している方、海外留学を検討している方は、是非日本のことについても見識を高めてみてください。

タイトルとURLをコピーしました