【ペルー】長距離バス移動は黙ってクルス・デル・スール

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

Hola amigos!

ペルー国内を長距離移動する際、所要時間や安全面を考えると、一般的な移動手段は飛行機か長距離バスになります。とくに地方都市間の移動や交通費などを考えると、長距離バス移動はかかせません。

そこで、オススメの長距離バス会社がCruz del Sur(クルス・デル・スール)社です。

スポンサーリンク

高級バスがウリの老舗 クルス・デル・スール

クルスデルスル ロゴ

クルス・デル・スールは1960年創業の老舗バス会社で、ラグジュアリーをウリにしているペルーの一流企業。運賃はペルー国内の物価から比べると高く、外国人観光客向けの価格設定です。

サービスは折り紙付きで、欧米人旅行者にも人気。情報を集める手間や、安心・安全を買うということを考えれば、長距離バス移動は黙ってクルス・デル・スール、というのが個人的見解です。

他にもオルメーニョ社などの大手バス会社もあり、コスト面を考えこちらを利用するバックパッカーもいますが、私は実際に利用したことがないのでここでは割愛させて頂きます。

つぎに、クルス・デル・スール社のサービス内容を見ていきましょう。

セキュリティー

クルスデルスル バス

南米ではいくら旅慣れしていても、セキュリティーに関しては細心の注意を払わなければいけません。

クルス・デル・スール社では、IDや荷物チェックはもちろんのこと、防犯のため出発前にスタッフが、全乗客をビデオカメラで撮影します。万が一トラブルが発生しても、関係者を速やかに特定できるので安心です。

座席

基本的に、座席グレードは6種類あります。旅人によく利用される、上位3つのグレードは以下の通り。

Confort Suite

conort suite

Pic: https://www.cruzdelsur.com.pe/

シートを180度フルフラットにできる、最上級グレードのコンフォートスイート。

Cruzero Suite

cruzero suite

Pic: https://www.cruzdelsur.com.pe/

以前はVIPシートと呼ばれていたクルーゼロスイートというグレード。リマ~クスコ便では、こちらのシートが採用されています。

見ての通り、背もたれをガッツリ倒せて足も投げ出し放題。シート幅も十分あり、移動中も快適に眠れます。丸一日かかる、リマ~クスコの道のりも快適に過ごせます。

Cruzero Evolution

Pic: https://www.cruzdelsur.com.pe/

以前はレギュラーシートと呼ばれていたクルーゼロエボリューションというグレード。

これでも充分快適、文句などございません。個人的には、リマ~ナスカ間の移動で利用しましたが、約7時間乗っても何不自由ありませんでした。

移動時間や予算に応じて、グレードを決めると良いでしょう。

食事

クルスデルスル バス 飯

食事はこんな感じ。このほかコーヒーやソフトドリンクが提供される。

移動時間に応じて、複数回の食事や軽食が出されます。正直なところ、食事に関してはあまり期待しない方が良いですね。

サラダやヨーグルトが出たこともありましたが、事前の情報収集によると、バスの中は冷蔵設備がなく、食事は常温保管されているため腹を下す人がいるとのこと。

胃腸がややデリケートな私は、道中長いということもあり、万が一を想定し摂取を控えました。まわりのヨーロッパ系の旅人も食べてない人が多かったです。

なお、バス2階後部座席利用時に、スタッフや設備を観察した結果、ソフトドリンクが常温保管されていたため、冷蔵庫等の設備はなく、食料も常温保管されている可能性が高いと思われます。

車内にトイレはありますが、胃腸の弱い方は生ものの摂取には気をつけたほうが良いでしょう。

エンターテインメント

クルスデルスル バス エンターテイメント

Pic: www.cruzdelsur.com.pe

車内には上の画像のようなタッチスクリーン式の設備が備わっています。言語はスペイン語、一部英語対応あり。もちろん、日本語対応はありませんのであしからず。

上映される映画や音楽はペルーのものが多いですが、私がナスカ~リマ間で乗車した際は、There’s Something About Mary(邦題:メリーに首ったけ) がスペイン語字幕で上映されていました。

その他予約方法などは、下記の関連記事をご参考ください。

【あなだだけにそっと教える、予約方法シリーズ】

【ナスカの地上絵 関連記事】

タイトルとURLをコピーしました