【海外旅行】ペルーでの長距離バス移動は黙ってクルスデルスール

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

Hola amigos!

ペルー国内を長距離移動する際、所要時間や安全面を考えると、一般的な移動手段は飛行機かbusになります。とくに地方都市間の移動や交通費などを考えると、長距離bus移動はかかせません。そこで、オススメの長距離bus会社がCruz del Sur(クルスデルスール)社です。

クルスデルスル ロゴURL: busportal.pe

クルスデルスールは1960年創業の老舗bus会社で、luxuryをウリにしているペルーの一流企業。運賃はペルー国内の物価から比べると高く、外国人観光客向けの価格設定です。

しかしながら、serviceも確かで、情報を集める手間や、安心・安全を買うということを考えれば、長距離bus移動は黙ってクルスデルスール、というのが個人的見解です。ちなみに、欧米人旅行者も御用達です。

他にもオルメーニョ社などの大手bus会社もあり、cost面を考えこちらを利用するバックパッカーの人たちもいますが、私は実際に利用したことがないのでここでは割愛させて頂きます。

では、クルスデルスール社のservice内容を見ていきましょう。

スポンサーリンク

Security

クルスデルスル バス

南米ではいくら旅慣れしていても、securityに関しては細心の注意を払わなければいけません。

クルスデルスール社では、IDや荷物checkはもちろんのこと、防犯のため出発前にstaffが、全乗客をvideo cameraで撮影します。万が一troubleが起これば、関係者を速やかに特定できるので、安心して長距離移動することができます。

【マチュピチュ】ペルーレイルで行くマチュピチュ
Hola amigos! 一度は行ってみたいペルーのマチュピチュの行き方ですが、まずはマチュピチュ行きの拠点となるクスコという街まで行かなければいけません。そのクスコからマチュピチュまでの行き方は色々ありますが、今回は定番のペルーレイルを利用した方法をシェアします。【最新版】マチュピチュの行き方 全部まとめてみた

Seat

基本的に、seat gradeはVIPRegularの2つ。

クルスデルスル VIPシートPic: www.cruzdelsur.com.pe

こちらはVIP seat. 見ての通り、背もたれをガッツリ倒せて足も投げ出し放題。seat幅も十分あり、移動中も快適に眠れます。

クルスデルスル レギュラーシートPic: www.cruzdelsur.com.pe

こちらはregular seat. 正直これでも十分なほどで、文句などございません。移動時間や予算に応じてgradeを決めると良いでしょう。

【参考 私の体験談】

Cusco(クスコ)~ Lima(リマ)をVIP seat、Lima(リマ)~ Nasca(ナスカ)をregular seatと、両方利用してみました。

長時間の移動であればVIP seatが快適でオススメ。Regular seatも充分快適で、何の不自由もありませんでした。

【クルスデルスールバス】リマ発ナスカの地上絵の行き方
英語が通じないことも多いペルーで、長距離移動や各種予約などを自分で手配をするのは正直面倒。英語が苦手な方はなおさらのことと思います。勿論、ツアー会社に依頼すると楽ですが、かなり割高でありナスカの地上絵観光も例外ではありません。しかし、ナスカの地上絵の行き方は実はすごく簡単!必要なことは

Meal

クルスデルスル バス 飯

食事はこんな感じ。このほかcoffeesoft drinkが提供される。

移動時間に応じて複数回の食事や軽食が出されます。正直なところ、食事に関してはあまり期待しない方が良いでしょう。

Saladやyogurtが出たこともありましたが、事前の情報収集によると、busの中は冷蔵設備がなく、食事は常温保管されているため腹を下す人がいるとのこと。胃腸がややsensitiveな私は、道中長いということもあり、万が一を想定し摂取を控えました。まわりのEuropean travelersも食べてない人が多かったです。

なお、bus2階後部座席利用時にstaffや設備を観察した結果、soft drinkの類が常温保管されていたため、冷蔵庫等の設備はなく、食料も常温保管されている可能性が高いと思われます。

車内にrest roomはありますが、胃腸の弱い方は生ものの摂取には気をつけたほうが良いでしょう。

あなただけにそっと教える、クルスデルスールバスの予約方法
南米とくにペルーでの長距離移動はクルスデルスール社のバスがオススメと以前紹介しましたがチケットを購入するには、各都市にあるクルスデルスール社のオフィスやバスターミナルに行って直接購入する、ホテルなど宿泊先のスタッフに頼み手配してもらう、インターネットにて自力で購入するなど大きくわけて3つになります。そこで、

Entertainment

クルスデルスル バス エンターテイメントPic: www.cruzdelsur.com.pe

車内には上の画像のようなtouch screen式の設備が備わっています。言語はSpanish、一部英語対応あり。勿論、日本語対応はありませんのであしからず。

上映される映画や音楽はペルーのものが多いですが、私がナスカ~リマ間で乗車した際は、There’s Something About Mary(邦題:メリーに首ったけ) がSpanish字幕で上映されていました。

その他の路線の料金等詳細は、別記事にてshareします。

【あなだだけにそっと教える、予約方法series】

【ナスカの地上絵関連記事】

 

タイトルとURLをコピーしました