【外貨両替】ユーロ圏渡航時に役立つ3つの外貨準備テクニック

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

当サイトで好評頂いております、お得な外貨両替記事シリーズですが、今回はユーロ圏渡航の際のお得なユーロの準備方法と両替方法をシェアします。

先日仕事でドイツとフランスを訪問した際、実際にこちらの方法で現地に一週間ほど滞在してきておりますので、これから渡航される方の役に立つこと請け合いです。

スポンサーリンク

ユーロ圏への渡航は、現金、クレジットカード、マネパカードの3種

ユーロ圏への渡航は、現金、クレジットカード、マネパカードの3つで臨めば間違いありません。マネパカードを持っていない方は、現金とクレジットカードでもOK。

現地滞在日数、旅のプランや予算によって異なりますが、個人的には一番利便性のある現金を予算の約半分、その他お好みでクレジットカードとマネパカードで決済の調整をするのが良いかと思います。

それでは、これら3つの方法の詳細と、日本円からユーロへのお得な両替方法をみていきましょう。

【フランス】クリスマスツリー発祥地、アルザス地方のストラスブールに寄ってきた
みなさま、bonjour! ごきげんよう。11月も半ばを過ぎ、だんだんと肌寒く、そしてクリスマスの雰囲気が醸し出されてきました。ところで、クリスマスツリーはフランス北東部のアルザス地方が発祥地って知ってましたか?今回はラッキーなことに、海外出張中にこのアルザス地方の一都市、ドイツとの国境近くに位置するストラスブールに立

現金

70centを支払ってこのgateを通過しなければ、washroomには辿り着けない。

最近は電子マネーや仮想通貨などのフィンテックの進化が目まぐるしいですが、ユーロ圏内ではまだキャッシュオンリーの場所も多いので、やはり現金は持ち合わせておきたいところ。

例えばトイレは、日本ではほとんどの場所で無料ですが、ドイツなどでは有料の場所がほとんど。用を足したいのに、小銭がないが故に一大事にでもなったら目も当てられません。

また、小さなお店や公共交通機関でも、現金があれば間違いありません。釣り切れなどの理由で100ユーロ以上の高額紙幣は拒否されることも多々あるので、5~20ユーロの小額紙幣を多めに持っておきましょう。

【外貨両替】マネパの空港外貨受取サービスで、お得にユーロへ両替

日本円からユーロへの外貨両替は、マネーパートナーズ(以下マネパ)の「空港外貨受取サービス」が絶対オススメ。最もお得な為替レートで外貨両替することができます。空港の両替商や銀行の外貨両替為替レートなど比較になりません。

なお、この方法にはいくつか注意点がありますが、渡航前に時間に十分余裕をもって準備しておけば特に問題はございません。

マネパの空港外貨受取サービスにつきましては、下の関連記事で詳細を紹介しているので、是非参考にしてみてください。

【関連記事】

【外貨両替】海外旅行、留学に絶対オススメ FX外貨両替法
みなさん、こんにちは。海外旅行の際に、どこで日本円を米ドルなどの外貨に両替していますか?近所の銀行?Hey, Come ooon!!!何も考えずに空港の外貨両替所で!?What's the hell are you doing???みなさん!損してますよ!!!海外旅行に頻繫に行く方はご存知かと思われますが、基本的に空港

クレジットカード

このご時世クレジットカード持参はもはや当たり前、今更説明不要かとは思いますが、普段使いしているクレジットカード1~3枚を財布に忍ばせておきましょう。店舗によってはAMEXやJCBなど、一部国際ブランドを取り扱っていない場合もありますが、異なる国際ブランドのものを2~3枚持っておけば間違いありません。

利用限度額をチェック

旅先にて高額ショッピングを計画している方は、念のためクレジットカードの利用可能額残高をチェックしておきましょう。既にある程度の金額決済をしている場合、旅の途中で残高不足によりクレジットカードが使用できない事態に陥ります(経験談)。

また、そもそも利用限度額が低く設定されている場合も、現地で上限額に達してしまい買物続行不可になることが考えられます。予算に応じて必要であれば、利用限度額の増額手続きをしておくと良いでしょう(ご利用額のコントロールはご自身の責任でお願いします)。

【ドイツ放浪記】フランクフルトから古城街道の一都市ハイデルベルクへ
はい、みなさまグーテンターク!ドイツ一の都市と言えば、言わずと知れたフランクフルト。フランクフルトであれば海外出張などで来られる方も多いと思われますが、1日だけ余暇があるのであれば、古城街道の一都市ハイデルベルクがオススメ。ハイデルベルクはフランクフルトから約1時間で行ける街。私も出張ついでに足を運んでみました。行き方

海外旅行保険自動付帯のクレジットカードを1枚持つべし

海外旅行保険が自動付帯されたクレジットカードがあると安心です。

海外渡航時には、海外旅行保険を契約する方も多いかと思われますが、海外旅行保険が自動付帯されたクレジットカードを携帯していれば、万が一の際に補償範囲内で補償を受けることができるため、海外旅行保険代わりになります。

自動付帯された補償内容が自身に十分な内容であれば、別途海外旅行保険に加入する必要もないためコスト節約にもなります。

エポスカードは年会費無料、海外旅行保険自動付帯

傷害死亡や後遺障害補償だけでなく、海外での必要性の高い疾病治療費用や携行品損害を重視した内容になっているので、1枚持っていると便利で安心。

例えば、

  • 現地で病院にかかった場合、疾病治療費用として最大270万円が補償
  • 旅行中に携帯品を破損してしまった場合、免責3,000円を差し引いた金額を補償
    (1個・1組・1対あたり10万円限度。1旅行・保険期間中20万円が限度)

また、年会費がかかりますが、エポスゴールドカードやプラチナカードは補償金額や補償内容が手厚くなります。さらに、空港ラウンジが無料で利用できたり、カードの紛失や盗難時の不正使用による損害が全額補償になるなど、旅行者には嬉しい充実した内容になっています。

なお、エポスカードを持っていれば、ETCカードも年会費無料で作成することができるので、私も長年愛用しています。

楽天プレミアムカードなら、さらに空港ラウンジが使える

楽天プレミアムカードならば、カード旅行傷害保険自動付帯のほか、世界の空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスを無料で作ることができます。

よくあるゴールドカード付帯のしょっぱいカードラウンジではなく、プライオリティ・パスラウンジを利用でき、フライト前に軽食やシャワーも浴びることができるので、旅人ならば1枚は持っておきたい代物。

年会費11,000円(税込)かかりますが、プライオリティ・パス付帯のその他のクレジットカードと比べると最安なので一度試してみる価値ありです。楽天プレミアムカードとプライオリティ・パスの詳細は、下記関連記事と楽天カード公式サイトを参照ください。

【プライオリティ・パスラウンジ関連記事】

【海外旅行】シンガポールトランジットではしごラウンジ
シンガポールのチャンギ国際空港でトランジット。AM5時に到着し、羽田行きのフライトまで滞在約9時間。フリーツアーに参加を試みるも、まさかの満席で受け付けのおばちゃんに"Sorry~"と拒否される。しかしながら、今回の私には強い見方がいる!その名もプライオリティ・パス これさえあれば、空港loungeに行き放題(正確には

マネパカード

マネパカードは、事前に日本円や現地通貨を入金して現地で使用するプリペイドカードです。マネパカードを既にお持ちの方は、ある程度現地通貨を入金しておくと良いでしょう

ただし上述した通り、ユーロの場合はお得に現金に両替する方法があるため、マネパカードを使用せずに現金とクレジットカードの二刀流でも問題ございません。

マネパカードの詳細につきましては、下記関連記事とマネパカード公式サイトを参照ください。

【マネパカード関連記事】

【外貨両替】外貨両替に定評のあるマネパカードを利用・検証してみた
みなさん、こんにちは。海外旅行をするほとんどの方が「お得に外貨両替したい」と考えていることでしょう。その反面、為替レートや手数料等を考えるのは面倒と言う方も多いのではないでしょうか。外貨両替のお得な方法を検索した方は、一度は目にしたことがあるかもしれません。外貨両替に定評のある「マネパカード」しかし、発行元のマネーパー

Conclusion

海外へ旅に出る際の外貨準備は、外貨両替時の為替レートだけに注目しがちですが、ユーロに限らず日本円から外貨に両替する場合は、決済時の利便性も考慮するのがベストです。

最後に、もう一度要点をまとめておきます。

  • ユーロの準備は、現金を50%前後、その他はクレジットカードとマネパカードで
  • ユーロへの外貨両替は、マネパの空港外貨受取サービスを利用してお得に両替
  • クレジットカードは、国際ブランドの異なるものを2~3枚
    • 海外旅行保険自動付帯のクレジットカードを1枚
    • カード利用上限額を確認すべし
  • マネパカードはお好みで

今回シェアしたテクニックを駆使して、渡航前には時間に余裕を持って旅の準備をしてくださいね。

【外貨両替関連記事】

【外貨両替】日本円から香港ドル両替のお得な2つの方法
当サイトおなじみになりました、各国通貨へのお得な外貨両替方法ですが、今回は日本円から香港ドルへお得な両替方法をシェアしたいと思います。香港到着時は勿論のこと、マカオのカジノで大勝ち、日本帰国前に香港ドルから日本円に外貨両替したいラッキーな諸兄姉にもオススメです。外貨両替の基本をおさらい まずは、外貨両替の基本を確認
【外貨両替】マカオ旅行時の得する両替テクニック
本サイトではこれまで、海外旅行や留学時に必須となる外貨両替テクニックについてシェアしておりますが、今回はマカオの旅でお得な両替方法をシェアしたいと思います。基本情報 通貨単位はパタカ(Pataca)といい、1パタカ=1.03HK$(香港ドル)にペッグされています。つまり1パタカ≒1HK$と考えてよいでしょう。
【外貨両替】カンボジア旅行時の得する両替テクニック
あなたはカンボジアの通貨をご存知だろうか?日本なら円、USAなら米ドル、EU諸国ならユーロ。では、カンボジアは?カンボジア通貨はリエル(R)といい、1円≒34R、1US$≒4000Rとなります。海外旅行をする際の基本である現地通貨への外貨両替ですが、カンボジア旅行の場合、少々事情が変わってきます。基本は
【外貨両替】日本円からタイバーツへのお得な両替方法
サワディークラップ!微笑みの国、また親日国の1つとして知られるタイ。今回はこのタイへ行く際に必要な、円からタイバーツへの一番お得な両替方法をシェアいたします。でも、お金のことは難しいし面倒くさい?マイペンライ、マイペンライ!とりあえず、この記事を読み進めてください:)余計なことは考えるべからず!黙って日本円を
タイトルとURLをコピーしました