香港で食した飯をただただひたすら挙げる暴挙にでる!

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

香港といえば、李小龍(ブルース・リー)または香港料理と言っても過言ではないであろう絶対に外してはいけない香港の顔!

ということで今回は、香港の友人指南のもと食した香港飯を、ただただひたすらuploadしていくという暴挙に出ることとします。

前もってお断りしておくと、飯の時に都度写真を撮るのが苦手というか億劫、写真の取り忘れも多々、途中で気付いて食いかけ撮影もなんのその、インスタ映えなど生まれて此の方気にも留めたこともない輩でございますが、一生懸命食べてきましたので何かの参考にでもしていただけたら幸いでございます。

スポンサーリンク

点心

まずは絶対に外してはいけない香港飯、点心からいきましょう!

鮮蝦餃

鮮蝦餃(シンハーガウ)

絶対に間違いのない一品、蝦入り小籠包的な代物。
付随のchili sauceやmustardを付けてどうぞ!

叉燒滑腸粉

叉燒滑腸粉(チャーシウワッチョンファン) 

日本では味わう機会があまりないであろうと思われる、甘いタレがたっぷりかかった代物。
つるっとした食感とモチモチ感がたまりません!

叉燒包

叉燒包(チャーシウパーウ)

みんな大好きチャーシューまん、もはや説明不要!
運ばれてきたらお熱いうちにどうぞ!

豬潤燒賣

豬潤燒賣 

シューマイの餡的な肉の上にliver。
Liver独特のクセがあるので、苦手な人はキツイかも。

馬拉糕、鮮蝦腐皮巻、沙嗲豬大腸

【手前】馬拉糕(マーライゴウ) 日本にもある黒糖蒸しパンに似てる品。

【中央】沙嗲豬大腸 甘辛のモツ的な。beerとの相性は抜群の一品。

【奥】鮮蝦腐皮巻 蝦の湯葉巻き。外はパリパリ、中にはプリプリのshrimp。うまし!

 

笑口棗

笑口棗

サーターアンダギーに似たdonut的なものに白ごまをまぶした一品。

【海外旅行】香港の遊び方
みなさん、こんにちは。ロンドンやニューヨーク、シンガポール、などと並び世界有数の都市の1つとなった香港。香港には親日家が多く、香港人の友人によると、何度も訪日している友人知人が多いようです。なお、2019年の香港人観光客は約229万人にのぼり(日本政府観光局調べ)、同年末時点の香港の人口約752万人(香港政府調べ)から

お粥/麺類

香港のlocal飯と言えばお粥と麺類。これらも是非押さえておきたい!

お粥各種(牛肉、鶏肉、豚肉)

こちらは鶏肉のお粥。個人的には、こちらの店のお粥は牛肉の方がうまし!

ペニンシュラ粥

某高級hotelの高級粥(牛肉)

お上品なお味でこれはこれで美味い!

油炸鬼、油條

油條(ヤウティウ)

サクサクの軽めの揚げパン。
ちぎった油條をお粥にdipしていただく。うむ、うまし!

伊麺

伊麺(卵入り麺)

chili sauceや醤油などを自分で足していき好みの味に調整して食べる。
そのため元の味付けは薄めになっている。
別皿の蝦入りワンタンと併せて食す!文句なし!

【外貨両替】日本円から香港ドル両替のお得な2つの方法
当サイトおなじみになりました、各国通貨へのお得な外貨両替方法ですが、今回は日本円から香港ドルへお得な両替方法をシェアしたいと思います。香港到着時は勿論のこと、マカオのカジノで大勝ち、日本帰国前に香港ドルから日本円に外貨両替したいラッキーな諸兄姉にもオススメです。外貨両替の基本をおさらい まずは、外貨両替の基本を確認

屋台飯

街中の屋台などで歩きながら食す、いわゆるB級飯。こちらの香港styleも是非体験しておきたい。

魚蛋

魚蛋(ユーダーン)

カレー味の魚のすり身団子、つまりカレーおでん団子。
見た目以上に辛いので飲み物は必須!

牛雑(牛のモツ煮的なやつ)

ホルモン好きにオススメ(私はそれほどホルモンfreakでもないが)
歯ごたえもあるので1カップ頂くのはなかなかの食べ応え。
Shareしてつまむべし!

Pic credit: http://www.sohu.com/a/127493038_394926

雞蛋仔(ガイダーンチャイ) 

ワッフルのようなお味だが、サクサクでいくらでも食せるくらい軽い。
お熱いうちにどうぞ!

【外貨両替】外貨両替に定評のあるマネパカードを利用・検証してみた
みなさん、こんにちは。海外旅行をするほとんどの方が「お得に外貨両替したい」と考えていることでしょう。その反面、為替レートや手数料等を考えるのは面倒と言う方も多いのではないでしょうか。外貨両替のお得な方法を検索した方は、一度は目にしたことがあるかもしれません。外貨両替に定評のある「マネパカード」しかし、発行元のマネーパー

飲み物/dessert

甘いもの好き女子ならびにsweets男子は、香港の甘味も忘れてはなりませぬ!

鴛鴦茶(インヨンチャー) 

coffeeと紅茶をblendしたもの。
こちらはhotで嗜む。個人的には結構好きなご当地飲料。
なお、中華圏ではpopularなのか、シンガポールでも同様のものが存在する。

珍珠奶茶

珍珠奶茶(チャンチューナイチャー)

タピオカ入りmilk tea。台湾発祥と言われているが香港でも人気!
手で肝心のタピオカを覆い隠すという失態はご容赦頂きたい。

芒果班戟

芒果班戟(モングォパンケッ)

whipping creamとmangoの果肉をクレープ生地で包んだ所謂マンゴークレープ。
食感ふわふわで劇的にうまい!
断面が見えないのでいまいち美味しさが伝わらないのが残念。。。

 

Pic credit: http://hkia.greenmonday.org/翠華餐廳/

脆嘩奶油豬

sugar toast的なもので香港で人気とのこと。甘いので甘くないcoffeeなどと一緒に食すべし!

香滑奶茶

香滑奶茶(ミルクティー)

上述の脆嘩奶油豬で有名なrestaurantのmilk tea。
顔が描かれているこのcupがウリのようだが、そんなことはつゆ知らず見事に裏側を激写。
脆嘩奶油豬と頂くにはちょっと甘い。

【海外旅行】香港のイケてる飯屋を惜しみなくリークしよう
香港料理が美味しいというのは周知の事実ですが、いざ香港で本場の香港飯を食べようとすると、数多あるレストランになかなか的を絞ることができなくなるはず。そこで今回は、香港人の友人厳選、実際私がともに巡ったオススメ飯屋を惜しみなくリークしてしまいます。香港飯を楽しみたくばカロリーや財布のことなど一切合切忘れて、朝も昼も夜も喰

Conclusion

香港料理は日本人の味覚に合うものが多く、「また現地で本場の香港飯を食べたい!」と思わせるほど。案の定、記事を書いていたらすこぶる腹が空いてきました!

とにかく、香港を訪れる際には普段日本では味わえないような香港料理を、no limitでただただひたすら喰らってやりましょう!

タイトルとURLをコピーしました