【マカオ】世界遺産の街マカオのおすすめ観光スポットと見どころ

※ 当サイトでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

世界随一の歓楽街の一つとなったマカオでは、ネオンライトでギラついたユニークな形の高級ホテルが乱立し、そこのカジノでは一攫千金を夢見た世界中のギャンブラーが大枚をはたいています。

そんなど派手な印象が強いマカオですが、「マカオ歴史市街地区」として世界文化遺産にも登録されています。

そこで今回は、世界遺産の街マカオのおすすめ観光スポットと見どころをシェアいたします。

スポンサーリンク

世界文化遺産 マカオ歴史市街地区

世界文化遺産に登録されている歴史地区は、22の建物と8つの広場で構成されていますが、そのほとんどがマカオ半島南部、中心部に密集しています。

その建物と広場の中でも、もっとも観光客に人気の場所が、聖ポール天主堂跡とセナド広場です。

それでは、22の建物と8つの広場の中から、実際に僕が足を運んだおすすめの場所を見ていきましょう。

スポンサーリンク

聖ポール天主堂跡

聖ポール天主堂跡 Ruinas de S.Paulo

世界遺産構成建造物のなかでもっとも有名なのが、聖ポール天主堂跡。

17世紀の初めに建てられ、1835年の火災でこちらの正面の壁一枚を残しほぼ焼失し、現在に至ります。

朽ち果てた壁と言ってしまえば聞こえは悪いのだが、細部にわたる彫刻は今もなお美しい。

また、このような巨大な建造物が、日本の江戸初期に建てられたと考えると感慨深いものがあります。

なお、中段にある4体の像の右から2番目は、日本でもおなじみのフランシスコ・ザビエルさんです。

おすすめは早朝か夕暮れ時

なお、聖ポール天主堂跡はもっとも人気のある観光スポットのため、天主堂前の階段は人でごった返しになります。

自撮りしり若者から三脚でガチ撮影するカメラ好きまで、みな思い思いに写真撮影をしているため、きれいな写真を撮るのはなかなか難しいでしょう。

空いている時間を狙いたいのであれば早朝、綺麗な映える写真を撮りたければ夕暮れ時を狙いたいところです。

聖ポール天主堂跡 Ruinas de S.Paulo

なお、ガッカリ写真を一枚。

嗚呼。。。

今にも崩れそうな聖ポール天主堂はこのように支えられている。あまり見たくない気もするが、これが真実。

広島の原爆ドームもそうだが、歴史上後世に伝えたい世界遺産というものにはこういう処置も必要なのだろう。

スポンサーリンク

セナド広場

セナド広場 Largo do Senado

聖ポール天主堂跡と同じくおさえておきたいのが、こちらのセナド広場。

残念ながら、こちらも昼は人でごった返しですが、夜になると人も少なくイルミネーションがキレイなのでおすすめです。

なお、お土産の類を購入するのであれば、セナド広場近辺で物色すると手っ取り早いです。

スポンサーリンク

聖ヨセフ聖堂

聖ヨセフ聖堂 Igreja de S.Jose

フランシスコ・ザビエル氏の骨の一部が納骨されている教会。

スポンサーリンク

聖ローレンス教会

聖ローレンス教会 Igreja de S.Lourenco

今思うと、マカオの教会はクリーム色が多い。

スポンサーリンク

聖オーガスティン教会

聖オーガスティン教会 Igreja de santo agostinho

改修工事中らしく、僕が訪れた時には中に入れず。

スポンサーリンク

大堂(カテドラル)

大堂(カテドラル)Igreja da se

教会4つ目となるとやや飽きてくる。

信仰心のない私めをお許しください。

スポンサーリンク

聖ドミニコ教会

聖ドミニコ教会 Igreja de S.Domingos

セナド広場近くにある教会。

ここまでの中で見た目は一番綺麗で美しいが、いかんせん隣のふつうの建物がイケてない(笑)

スポンサーリンク

ポルトガル料理のようなものを食す

街歩きは腹が減るので、適当にクレジットカード払い対応の店に飛び込んでみる。(マカオの通貨、パタカ不所持につき)

写真では小さく見えるがボリュームは明らかに2人前。しかも、リゾット的なものの中に見える緑色の物体はまさかのコリアンダー(パクチー)。

出された食事は残さず食べろと幼少期より育てられた性分、全てを喰らうも今にも吐き出しそうな状態で店を後にする。

なお、セナド広場近くにあるので立ち寄りやすいが、観光客向けのカフェでローカル感は薄い。

特段おすすめはしないが、気になる方はどーぞ。

スポンサーリンク

その他、街の雰囲気

マカオは古き中国(アジア)感満載の街並みの中に、ポツポツとポルトガル領時代の教会や広場が点在しています。

和洋折衷ごちゃ混ぜな街・マカオの一面を少しだけどーぞ。

sign in Macau

街中のサイン。この画像だけ見ると東洋の街には見えない。

local street in Macau

こんな一面もある。路駐の車はBMWですが。

Macau map

街中の地図

chinese tea shop

有名なお茶屋みたいっす。

福隆新街 Rua da felicidade
福隆新街

店がやってるのかやってないのかよくわからん風景。夜が盛り上がるとか何とからしい。

ちなみに、プレイ中だったので撮影は遠慮したが、軒下で中国式麻雀をしている集団(家族?)もちらほら。

余談ですが、本場の麻雀牌は日本のものより2回りほどデカイです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

画力の低さに全然イメージが伝わってないかもしれませんが、少しでもマカオに行ってみたくなって頂ければ幸いです。

なお、マカオは階段や坂の上り下りが多いので、履きなれたスニーカーで出歩くのがおすすめです。

是非参考にしてみてください

タイトルとURLをコピーしました