【ライフハック】絶対に英語を勉強しておいた方がいい3つの理由

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

英語は勉強しておいた方がいいとは、数十年も前から言われていることですが、ITの発達とともにグローバル化が加速した昨今では、その重要性がさらに高まっているといえます。

そこで今回は、英語は絶対に勉強しておいた方が良い3つの理由を、英語力0から語学留学し、現在は英語を日常使いしている筆者がシェアいたします。

スポンサーリンク

情報力が劇的に上がる

英語ができれば、取得する情報の量・速さ・質が劇的に上がるので、英語を駆使しない方と比べると、アドバンテージを持つことができます。

情報量

世界共通言語の英語の読み聞きができるようになると、英語で情報収集ができるようになるので、手に入れられる情報量が格段に増えます。

世界に流れる情報量からみれば、日本語の情報量などごく一部でしかないことは想像に難しくありません。

日本のTVや新聞などのメディアが発信する世界の情報は、海外メディアの持っているほんの一部の情報をそのまま流しているだけのものがほとんどです。

また、SNSなどに関しても、日本人による日本語だけの情報量と、世界中の英語話者の情報量では、雲泥の差があることは言うまでもないでしょう。

情報の速さ

ITの発達によって、英語を理解できれば遠い海外の情報でさえ、最新の情報を最速で手に入れることができます。

例えば、日本のメディアが発信する海外情報と比べると、ネット上の英語の情報であれば数時間以上早く知ることができます。

また、世界の最新情報や流行っているものが日本に入ってくるのは、数か月~数年も遅いことが多々ありますが、ネット上の英語の情報源にアンテナを張っておくことで、一早く最新情報を知ることができます。

情報の質

通訳や翻訳、日本のメディアなどの他者を介さないため、歪曲されていない質の高い元情報を取得することができます。

他者を介して情報を得ると、どうしても介入者の解釈や思惑が入り込むため、元の情報を100%正確に得ることができません。

しかし、海外発信の情報を英語のまま理解することができれば、よりオリジナルに近い情報を自分自身で解釈することができます。

わかりやすいもので言えば、文字数に制限のある映画の字幕が良い例です。

役者のセリフと字幕内容は大きく異なることがありますが、英語がわかるとより正確に細かいニュアンスをくみ取ることができるので、よりその作品を楽しむことができます。

僕の場合、欧米の経済指標や金融政策の発表を、現地のライブ映像や英語で発信している海外メディアのツイッターをみることで、最速で正確な情報を取得しトレーディングに活かしています。

スポンサーリンク

世界中にネットワークが広がる

世界共通言語の英語を話せるようになると、おのずと友人・知人が世界中に広がります。

本当の人脈ができる

とくに、海外留学、海外赴任、バックパッカーなど、海外に長く滞在すると、人との交流がより広く深いものになるので、人との繋がりがより強くなります。

うわべだけではない本当の人脈ができると、久方ぶりに連絡を取ったとしても実際に会って食事をしたり、現地のリアルな最新情報なども聞くことができます。

近い将来、技術の更なる進化によって、英語を話せなくても容易に外国人とコミュニケーションが取れるようになると思います。

しかし、真の人間関係を築くには、やはり自分自身の言葉でコミュニケーションを取ることが必要不可欠でしょう。そのためには、やはり英語が必須です。

優秀な人と繋がる

英語の非ネイディブスピーカー、つまり母国語の他に英語を話せる人は、国籍問わず聡明な方が多いです。

なぜならば、第二言語を習得するには、努力やチャレンジ精神が必須ですし、英語が必要なグローバルな環境では、バックグラウンドの異なる相手を理解したり、リスペクトするというようなグローバルマインドも求められるからです。

また、英語の他にも何カ国語か話せる人もざらですし、語学だけではなく何かの専門分野にも精通していることがほとんどです(英語はただのコミュニケーションツール)。

つまり、英語が話せるようになると、人格的にも能力的にも優れた人たちと繋がる機会が、自然と増えていくということです。

スポンサーリンク

人生の選択肢が広がる

英語ができるだけで、仕事や住む場所などの選択肢がぐっと広がり、人生をもっと楽しめます。

仕事

ビジネスシーンで英語が使えるだけで、仕事の幅がぐっと広がり、収入増も大いに期待できます。

会社勤めをするのであれば、英語ができれば世界中の会社が選択肢になります。

日本国内で働くとしても、海外折衝ができれば仕事の幅が広がり、昇給や昇進がしやすくなるのは言うまでもないでしょう。

なお、日本国内の外資系企業では、平社員であれば職種によっては英語力の有無は問われませんが、管理職以上であれば英語力は必須です。

また、英語ができるのでれば、低賃金・サービス残業が多い日本を抜け出し、海外で働くことも十分に可能です。ネット技術の発達・グローバル化が進んだ昨今、日本国内だけに留まっている必要性は全くないでしょう。

居住地

仕事(収入)があり、世界標準語の英語も話せるのであれば、もはや世界中の至る所で生きていけます。

もちろん、英語が主流でない地域(南米など)やローカルな場所であれば、現地語の理解が必要になりますが、世界各国からビジネスパーソンや観光客が集まるような街であれば、英語ができれば事足ります。

課税が低かったり、ワークライフの考え方や風土が合った国で生きていくのも良いですし、家族構成や家庭環境、季節や気分に合わせて、国内外問わず好きなところで、自分らしく生きていくといったことも今や現実的と言えるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

英語を勉強しておくことで、情報の量・速さ・質が上がり、世界中にネットワークが広がり、仕事や住む場所にも縛られずに人生の選択肢を広げられる、といった大きな3つの利点があります。

日本人にとって英語を勉強するということは、決して楽な道ではありませんが、英語ができるだけでたった一度の人生を、より面白おかしく楽しく生きていけます。

英語ができて損は絶対ありませんので、是非これを機に英語の勉強をしてみてはいかがでしょうか。

なお、英語に関する記事もたくさん書いていますので、よろしければそちらも是非参考にしてみてください

英語
「英語」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました