アドレスホッパーとは?体験してみえた、メリットとデメリット

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

近年、リモートワークやワーケーションなどなど、日本でもさまざまな働き方が少しずつ浸透してきましたね。

僕も世の中が落ち着いたら、いくつかの国や街を拠点として、好きな時に移動し、好きな場所で仕事をする生き方を計画中です。いわゆる、ノマド生活のようなものですね。

そこで、まずは似たようなことを日本国内でやってみようと思い、アドレスホッパー体験をしてみましたので、今回はそのネタをシェアいたします。

スポンサーリンク

アドレスホッパーとは

アドレスホッパー生活

アドレスホッパーとは、決まった場所に定住するのではなく、拠点を移動しながら生活をおくる人々のことをいいます。

アドレスホッパーは、仕事をしながらアドレス(住所)をホッピング(次から次へと移動)するので、ラップトップやスマホなどのガジェットとインターネット環境さえあれば、仕事が成り立つ職業の方が多いです。

理論上、FXトレーダーな僕もアドレスホッパー生活でメシを食っていけるはずなので、論より行動、まずはその体験をしてみようといった運びになった次第です。

アドレスホッパーの友人に同行

アドレスホッパーの定義は、定住しないということなので、宿泊場所はテントを張るもよし、ホステルやビジネスホテルでもよし、なんなら高級ホテルでもありです。

最近は、全国の宿泊施設を月額定額で泊まり放題のサービス、つまり宿のサブスクもあり非常に便利です。

ADDressという月額4.4万円(税込)~で全国住み放題のサービスを利用して、実際にアドレスホッパー生活をしている友人がいるので、1週間ほど同伴させてもらうことにしました。

なお、場所は京都・奈良と、関東民にとっては修学旅行の王道のようなコースです(注:あくまで仕事という名の体験です)。

ADDress
月額4.4万円(税込)から、ADDressが日本各地に管理する家に住み放題。“好きな時に、好きな場所で、好きな暮らしを” ADDressは、そんな新しい生き方を実現する多拠点生活プラットフォームです。

アドレスホッパーのメリット

実際にアドレスホッパー生活を体験してみると、様々なメリット・デメリットが見えてきました。

僕が感じたアドレスホッパーのメリットは以下の3つです。

ユニークな人たちに出会える

アドレスホッパー生活の一番の醍醐味といえるのは、生き方もバックグランドも全く異なるユニークな人たちに出会えることです。

例えば、僕が実際にお会いした方々は、

  • 自営業者
  • 普段はアメリカ在住で、一時帰国している方
  • 某一流企業から脱サラしたエンジニア
  • 某一流大学院に通いながら建築業界で働いている方
  • 某一流大学生

普段の生活では出会う機会が少ない様々な方々と出会え、新たな知識や情報も得ることができます。

仕事の合間に観光できる

奈良公園

アドレスホッパー生活の醍醐味ともいえるもう1つが、日々の生活をしながらついでに観光もできてしまうことです。

もちろん旅行ではないので、通常は仕事が中心の生活になります。しかし、ちょっとした休憩やオフの日には、ふらっと気軽に観光地に足を運ぶことができます。

僕も息抜きに、京都では伏見稲荷大社、奈良では東大寺の奈良の大仏参拝と、奈良公園で鹿と戯れるという王道コースでリフレッシュしてきました。

生活費を抑えられる

決まった場所に定住しないアドレスホッパーは、家を所有したり長期で賃貸契約する必要がありません。

つまり、圧倒的に居住費(家賃、住宅ローン、固定資産税、修繕積立費、共益費など)を抑えることができます。

また、マイカーで移動しないアドレスホッパーであれば、車も所有する必要がないので、車のローン、月々の駐車場代や自動車保険、車検代や自動車税も発生しません。

水道光熱費も宿泊費用に含まれているので発生しません。地域にもよりますが、日本では夏や冬の光熱費は高くなりがちなので、この点もメリットの1つです。

アドレスホッパーのデメリット

反対に、僕が感じたアドレスホッパー生活のデメリットは以下の3つです。

家族の理解が必要不可欠

アドレスホッパーとして生きていくには、パートナーや家族の理解が必要不可欠です。

子どもがいるのであれば、年齢によっては学校に通学しなければいけないので、アドレスホッパー的生き方は事実上不可能でしょう。

子どもはいなくても、パートナーが定住しない生活を好まない場合も、アドレスホッパー生活はハードルが高いといえます。

宿探し、移動が億劫になる

アドレスホッパーは定住しないので宿探しと移動が必須ですが、この頻度が多くなると億劫になってきます。

上述のADDressサービスの利用では、同じ宿に宿泊できるのは最長で7日間と制限があります。

つまり、最低でも1週間に1回は宿を移動しなければいけなくなり、その都度宿の予約もしなければいけません。人気宿であれば1週間宿泊できないこともあり、その場合さらに頻繁に宿探しをする必要があります。

宿泊場所を転々とするほど移動回数も増えますし、地方都市など次の宿が近場に見つかりづらい場合は、長距離移動しなければいけません。

食生活が偏る(個人による)

定住しない生活は、しっかり食材を買い込んで調理し、一定期間保存するといった自炊がしづらいので、食生活が偏りがちになります。

これは個々の性格や生活スタイルにもよりますが、自炊が面倒になるとスーパーでお惣菜を買ったり、外食が多くなってしまいます(僕です)。そうすると、栄養が偏ってしまうだけでなく、食費もかさんでしまうことになります。

食生活が偏らないアドレスホッパー生活をおくるには、料理の腕やマメさが求められます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は実際に僕がアドレスホッパー生活を体験してみて感じた、メリットやデメリットをまとめてみました。

アドレスホッパーのメリットは、

  • ユニークな人たちに出会える
  • 仕事の合間に観光できる
  • 生活費を抑えられる

デメリットは、

  • 家族の理解が必要不可欠
  • 宿探し、移動が億劫になる
  • 食生活が偏る

でした。

なお、僕の稼業でもあるFXトレードと、アドレスホッパー生活がワークするか、下記の記事で検証していますので、ご興味のある方は是非参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました