カナダ英語の特徴

カナダ英語はよくイギリス英語とアメリカ英語の混ざったものと言われます。Spellingや語彙などBristish Englishの名残があるものもあれば、US Englishの影響を受けて米語と同じものもあります。発音に関しては、英語と米語の中間に位置するとも言われます。

カナダ、オーストラリア両国ともイギリス連邦の一国のため、根底にあるのはイギリス英語です。ただ、カナダはUSAとの地理的影響もありアメリカ英語に近く、独立した大陸であるオーストラリアはイギリス英語の要素を多く残している、といった印象です。

私はオーストラリア留学後、カナダに留学をしたので、イギリス英語がbaseになっていますが、渡加した時に感じたカナダ英語の特徴を挙げてみましょう。

スポンサーリンク




 Spelling

正直なところ、spellingの違いを気に留めたことはありませんでした。というのも、上で述べたように私の英語はBritish Englishなので違和感がなかったのでしょう。実際に調べてみると、例えば米語綴りの“center”は英語綴りの“centre”でした。

パシフィックセンター バンクーバー カナダPacific Centre in Vancouver   Source:www.tourbytransit.com

Vocabulary

単語に関しては異なるものが多いと感じました。例えば、下記のものなどがあります。

  • Elevator…….エレベーター。アメリカ英語と同じ。イギリス英語では“Lift”

  • Washroom….トイレ。USでよく耳にしたのは“Restroom”。オーストラリアでは“Toilet”

  • Fries…………..フライドポテト。カナダやUSでよく使われる。イギリス英語では“Chips”

 McDonald's カナダSource: yourquestions.mcdonalds.ca

カナダのMcDonald’sのlogoは中心のmaple leafが特徴 

Pronunciation

カナダ留学中、発音に関してとくにクセやなまりがあるように感じることはありませんでした。バンクーバーでは、多くのUSのTV showや多くのmade in USA商品が入ってきているため、かなりアメリカ英語の影響が強いと思われます。

日本ではUS音楽や映画が多く普及しているので、日本人にとっては気付かぬうちに耳慣れしていて理解しやすいかもしれません。イギリス英語の発音と比べると、カナダ英語の発音はアメリカ英語に近いなと感じました。2つの違いは正直、私には全然わかりませんが(笑)

また、カナダは多くの移民がいることで有名ですが、バンクーバーではかなり多くのFilipino(フィリピン人)Chinese(中国人)などAsianが住んでいます。フィリピンやアジアではアメリカ英語が主流ですので、彼ら移民組が話す英語もAmerican accentが多いと言えます。

あなたが英語が出来る出来ないに関わらず、日本人の話す英語についてこう思うのではないでしょうか? 日本人の英語の発音はカッコ悪い! ...

Conclusion

Spellingなどの基本的な部分としては本流であるイギリス英語の特徴がみられますが、かなりアメリカ英語に近い部分があるというのがカナダ英語の特徴です。そのため、アメリカ英語で学校教育を受ける日本人にとっては、割と理解しやすかったり、とっつきやすいといえるでしょう。

 

各英語の特徴についてはこちらをcheck it out!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする