日本にはゴミが落ちてなくて外国人が驚く理由がこれでわかる!

今回は、ニューヨークの見どころ・番外編をお送りする。

世界中の人々がどこかニューヨークに憧れ意識を持ってこの地を訪れる。とくに日本人や韓国人などのAsianbrand思考やstatusを気にする人が多いのでその傾向がより見受けられる。それは大いに結構だが、その色眼鏡をはずして何気ない町並みを観察するとおもしろい。

スポンサーリンク




地下鉄

ニューヨーク 地下鉄 サブウェイ汚っ!!!

思わずshutterを切ってやりましたよ!キレイなものばかりを写真に収めることが良いのではない。そこにある真実をありのままに伝えるのがbackpacker photographerなのだ!

BTW, これでも近年はかなりキレイになったらしいが、以前は地下鉄内に悪臭が立ち込めるほど汚れていたらしい。我々日本人の感覚からするとちょっと理解できない。ま、だいぶキレイなんだろうね、臭いはなかったし。

正直なところ、ニューヨークに到着して最初に街に出て感じたことは、五月蠅い、汚い、臭う、人多っ!NYに限ったことではないが、吸殻やゴミがポイ捨てされているのはよく見る光景。それと比べると、いかに同じく世界有数の大都市東京がキレイで秩序があるかということがわかる。

ニューヨーク・マンハッタンのとある風景

ニューヨーク 街並み ゴミ俵

ゴミの山。。。

いや、しかし、これはある意味artというやつかも知れん。。。キレイに積み重ねたゴミ袋が米俵に見えるではないかっ!その整頓されたゴミ俵は日本のごみ収集の日の街角と比べればartisticかもしれん。

しかし、どこか汚らしい。。。なぜだ!?

その答えは、ゴミ袋のだっ!その黒光りした色がゴミという存在感を存分に引き出してしまうのだ。

ん?そんな話はどうでもいい、何をくだらんことを言っているのだと?
つまりは、先進国、新興国色々な国を訪れると、日本に住んでいて普段当たり前だと思っていたことが世界では異例なことであり、改めて外側から日本を見たときに、日本というのは素晴らしい国なんだな、ということを発見できるのである。

お後がよろしいようで。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする