イギリス英語・オーストラリア英語の特徴

俗に 英語といわれるものは大きく分けて、イギリス英語(英語)とアメリカ英語(米語)の2つがあります。日本では戦後教育もあり、アメリカ英語が主流になっていますが、今回は本場イギリス英語の特徴を、アメリカ英語と比較してみます。また、イギリス英語にrootsを持つオーストラリア英語の特徴についても触れていきます。

スポンサーリンク




British English(イギリス英語)

周知の通りですが、イギリス英語とアメリカ英語の代表的な大きな違いは3つ。

  • Spelling
  • Pronunciation(発音)
  • Vocabulary(単語)

Spelling

イギリス英語とアメリカ英語を比べると、以下のような違いがあります。

英語 米語
centre center
realise realize
colour color
get, got, got get, got, gotten

上記の単語だけではなく、基本的に語尾のspelling“re”,”se”,”our”と表記されます。また、P.P.(past participle)Past Simpleと同じになります。

Pronunciation

発音では、“a”の発音が違う時が多いです。

  英語 米語
tomato təmάːtəʊ  (トマート) təméɪṭoʊ (トメイトゥ)
can’t kάːnt (カーント) kˈæːnt (キャント)

※ 本来、英語の発音を日本語で表記するのは適切ではありませんが、imageしやすいようにカタカナ表記も入れました。

あなたが英語が出来る出来ないに関わらず、日本人の話す英語についてこう思うのではないでしょうか? 日本人の英語の発音はカッコ悪い! ...

Vocabulary

単語の違うものは、挙げるとキリがありません。

  英語 米語
フライドポテト chips fries
エレベーター lift elevator
薬局 pharmacy drug store
スーパーマーケット superstore supermarket

Australian English(オーストラリア英語)

イギリス人のオーストラリアへの入植という歴史から、オーストラリア英語のbaseはイギリス英語(British English)になります。そのため、基本的な文法やspellingなどはイギリス英語とほとんど同じと考えてよいでしょう。

オーストラリア英語の代表的な特徴は、俗に言う独特の”なまり”でしょう。その昔、UKからオーストラリアに移住をした人たちがロンドンの下町なまりの英語を話していたものが、オーストラリア英語だと言われております(諸説あり)。

オーストラリア英語って訛りがあるっていうけど… 海外留学を検討する際に、オーストラリアを候補地の1つにする方ならば、必ずしも1度は考えるこ...

イギリス英語やオーストラリア英語を懸念する必要なない

By the way, 日本教育ではアメリカ英語が使われているため、イギリス英語やオーストラリア英語を懸念する方もいらっしゃいます。確かに、学校教育のみならずentertainmentの主流はアメリカ英語のため、我々日本人にとってはアメリカ英語の方が馴染みがあると言えるでしょう。

しかしながら、私のこれまでの経験から言えることは、アメリカ英語に特にこだわりが無いのであれば、アメリカ英語との違いは下記の通り、それほど気にする必要はないといえます。

イギリス英語とアメリカ英語の違いがわからない

これはとくに、英語超初級者、初級者に当てはまることです。

日本の英語教育(アメリカ英語)による下地がなく、言ってしまえばまっさらな状態、もしくは基礎が固まってない状態です。このくらいの英語力の場合、イギリス英語とアメリカ英語の細かな違いに気付きすらしません。(経験談)

会話の練習、語彙力、文法力を高めることの方が重要!細かい違いは後でよい

これは、日本でしっかり英語学習をしている中級者の方に当てはまるでしょう。

このlevelの方はアメリカ英語とのgapに違和感を感じるかもしれません。しかしながら、英会話(listening, speaking)という部分ではまだまだ場数を踏む必要性があり、細かい違いを気にするのは、まずsmoothに会話ができるようになってからで良いといえます。

また、語彙や文法などを強化する部分はまだ多いので、英語と米語の細かい違いを気にするのは二の次。

【2017.12改訂】 英語の文法ってsuper つまらないですよね? それは間違いなく、日本語で理論的にグダグダやるからなんです。副詞...

Native speakerとの会話、様々な国籍の人の英語を理解する必要がある

これはSmoothに英会話ができる、中上級者に当てはまるでしょう。

流暢に会話ができるlevelであっても、人によって異なるaccentを理解できるようになるほうが好ましいといえます。例えば、中東系、India系、Spanish系、(日本人の英語もですが)の人が話す英語というのは独特のクセがあり、native speakerでも人によって聞き取りやすかったり、聞き取りづらかったりします。

ですから、英語と米語といった細かい違いにこだわるより、様々な人々の英語(米語)を理解できるようになる方が重要です。

Conclusion

そもそも、日本語と英語では言語的に発音や文法に大きな違いがあり、日本人にとっては習得に大変な労力がかかります。このような現状を踏まえると、特段のこだわりが無い限り、アメリカ英語とイギリス英語程度の細かい違いは気にせずに、基本的な英語力を向上させるということが最重要課題と言えるでしょう。

各英語の特徴についてはこちらをcheck it out!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする