【トルコ放浪記】ネムルトダーゥからカッパドキアの移動は1日がかり

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

【トルコ放浪記】ネムルトダーゥ周辺を巡るのつづき

「トルコ放浪記 第三章 カッパドキア篇」の前に、ネムルトダーゥへの拠点地としたアドゥヤマンからカッパドキアの行き方をまとめておきます。

移動はトルコで一般的なバス移動。トルコは長距離バスの交通網が発達しており、各都市への運行数も多くおまけに安い。空路に比べると勿論時間を要するが、うまくスケジューリングできればとても便利です。

スポンサーリンク

アドゥヤマン オトガル(ターミナル)へ

AM9 : 40 

宿を出てローカルバスでアドゥヤマン郊外にある長距離バス発着のオトガルに向かう。本日は1日移動日。長い一日になりそうだ。

Adiyaman otogar

AM10時 オトガルに到着。

こちらのオトガル、活気がなさ過ぎて本当に運営しているのか疑ってしまうほど。建物の中もがらんとしております。

Transportation from Aadiyaman to Malatya

バスチケットを購入し、こちらの車輛でマラテヤへ。出発時間までチャイでも飲んでゆるりと待ちます。トルコでは、地元の方々を真似てとりあえずチャイで一服、こなれ感を出して調子に乗っておきましょう。

Information

  • Route:From Adiyaman to Malatya
  • Bus Fare: @ 25TL
  • Travel Time:2.5 hours
  • Terminal Location: As below

世界遺産ネムルトダーゥへの起点の街、アドゥヤマンへ
【イスタンブール】ボスポラス海峡の向こう側(アジア側)のつづき弾丸徘徊のイスタンブールを離れ、次なる目的地はトルコ東部にある世界遺産ネムルトダーゥ(ネムルト山)。ネムルトダーゥを目指すには近郊の街を起点として向かうのが一般的。起点とな...

マラテヤに到着 乗り換え

Malatya otogar

マラテヤに到着。なんだここは?アドゥヤマンのオトガルと比べたら、広くて綺麗でなんだか賑わってるじゃないか。流石ネムルトダーゥ近郊で一番の規模の街。

アドゥヤマンからのバスは、マラテヤのオトガル前の大通りで停まるので、下車後オトガルへ向かいます。

マラテヤからカイセリまでは少々長旅。オトガルでゆるりと食事をとる時間がなかったので、食料を買い込みbusに乗り込む。

道中小さな町で休憩を挟みつつカイセリへ。しかしながら、休憩中の乗客の喫煙率ハンパない。9割方の殿方姫君が、待ってましたと言わんばかりに、吸いだめしております。

Information

  • Route: From Malatya to Kayseri
  • Bus Fare: @ 60TL
  • Travel Time: 6 hours
  • Terminal Location: As below

【2021年最新】トルコ・イスタンブール新空港から市内への行き方
先日、親日国の1つとして知られ、また近年為替市場では何かと注目されるトルコに遊びに行ってきました。しかーし!トルコ最大都市イスタンブールのメイン空港が、アタテュルク国際空港からイスタンブール新空港に全面移転された直後という...

カイセリに到着 乗り換え ギョレメへ

カッパドキアにはそう簡単に到着しません。さらに乗り換えです。

Kayseri otogar

しかしながら、最終目的地カッパドキアの中心地ギョレメ行きの便は、次の最終便まで2時間弱待たねばなりません。仕方がない、とりあえず夕飯でも食べて腹ごしらえ。トルコで飯に困ったら、そうだね、ケバブだね。

Information

  • Route: From Kayseri to Goreme
  • Bus Fare: @ 20TL
  • Travel Time: 1 hour
  • Terminal Location: As below

【世界文化遺産】世界8番目の不思議とも謳われるネムルトダーゥの頂へ
世界遺産ネムルトダーゥへの起点の街、アドゥヤマンへのつづきAM 2:30 明朝というよりは真夜中。Pick upに来てくれたdriverの車に乗り込む。道中約1時間半、車内でうたた寝。AM 4:00ネムルトダーゥの麓に到着。あたり...

ようやくカッパドキア、ギョレメに到着

2回の乗り継ぎを経て、ようやく最終目的地カッパドキアの中心地ギョレメへ。朝10時前にアドゥヤマンの宿を出て、ギョレメの宿にcheck inしたのは夜22:30。文字通り丸一日移動日。まあ、バックパッカーの旅はこんなもんですな。

限られた時間の中で移動に丸1日かけるのはもったいないとも言えなくもないが、時間をかけて次の街に少しずつ進むのも旅の醍醐味。むしろトルコを旅するなら、トルコの国土の大きさを実感できる長距離バス移動は外せませんね。

 

次回は、【トルコ放浪記】世界遺産 ギョレメ国立公園とカッパドキアへ(前編)

タイトルとURLをコピーしました