【イスタンブール】旧市街の次は新市街を彷徨う 

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

【イスタンブール】旧市街 お決まりのスルタンアフメット界隈練り歩きのつづき

はてさて、旧市街とくればお次は新市街に行かなければなりませぬ。知名度の高いガラタ橋以北のareaが新市街と言われております。ということで、メトロのスルタンアフメット駅から北上しカバタシュ駅へ。目指すはドルマバフチェ宮殿。

istanbulmap

地図の赤丸areaが新市街

スポンサーリンク

ドルマバフチェ宮殿

こちら事前予約が必要らしい。無論、そんなものするはずもない私のような輩は、当日券的なものを購入せねば行けぬらしい。

dolmabahcesarayi

が、これまた酷い行列。奥の左手側を見てください。

俺はなぁ、舞浜に来たんじゃないんだよ。一気に入る気が失せます。私、行列に悠長に並ぶ程気が長い方ではありません。海外に来てまで1時間以上も待てませぬ。

ということで撤退。

トプカプ宮殿と同じく、また次の機会で。

【イスタンブール】旧市街西部のベヤズットエリアをぶら散歩
トルコの旅2日目。旧市街の中心地、スルタンアフメットエリアの西部にあるベヤズットエリアへ。宿の最寄り駅、メトロのスルタンアフメット駅から、西に3駅のラーレリ・イスタンブール・ユニヴェルスィテスィ駅へ移動。下車後、駅の北東へ1km程徒歩で向かいます。スュレイマニエ・ジャーミィ 本日の一発目、スュレイマニエ・ジャーミィに

イスティクラール通り

そんなこんなでカバタシュ駅へ戻り、今度はメトロで西へ1駅のタクスィム駅で途中下車。ワイワイ盛り上がっているイスティクラール通りへ足を向ける。

istiklalcaddesi_tram

Tramなんかも走っててトルコ風shopping streetといったところでしょうか。トルコ菓子屋がトルコっぽくてなんかイイ感じ。

istiklalcaddesi_sweetsshop

とりあえず通りの終わりの方まで歩くがやたら長い。さすがに腹が減ったのでトルコっぽい飯屋に入る。

turkishfood

数あるトルコ飯が山盛りに並んでいて、自分の好きなものを店員に頼んで取ってもらうstyle. 私はこんな感じでbalanceよく。トルコ飯は日本人の味覚に合うものが多く美味いですよ。

【イスタンブール】旧市街 お決まりのスルタンアフメット界隈練り歩き
トルコ最大都市イスタンブール。イスタンブールと言えば旧市街のスルタンアフメット周辺は鉄板中の鉄板、外せません。ケバブとトルコアイスくらい外せません。ということで、まずはスルタンアフメット地区を練り歩いてきたので代表的な見どころをどどーんとご紹介。スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク) ブルーモスクとも呼ばれる

ガラタ橋

今度はメトロで南下しガラタ橋まで戻る。ガラタ橋は遠目から見ると何の変哲もないただの橋だが、一段下に降りるとご覧の通りたくさんのcafeやrestaurantが。

galatakoprusu

休憩がてらnescafeをいただき、しばらくぼーっと行き来する人々や船を眺める。隣には水たばこを嗜むcoupleも。私もtryしようかとも思ったが、たばこをやめてもう10数年、こんなデカいのをやっても気持ち悪くなりそうなので今回は遠慮することに。

【イスタンブール】ボスポラス海峡の向こう側(アジア側)
イスタンブールの観光名所の多くは、ボスポラス海峡の西側(ヨーロッパ側)に点在しておりますが、折角はるばるここトルコまで来たのだから、やはりアジア側に足を運びたいところ。イスタンブール滞在は丸2日しか確保していなく、スケジュールがタイトではあるが、海峡の向こう側に行かなくてはなりませぬ。エミノニュからフェリーに

ガラタ塔

GalataKulesi

お次は素敵な夕陽が見られるというガラタ塔へ。しかし、ここもなんとまあ美しい行列。みんなsunsetを見に来たのであろう。かくいう私もそうなのであったが。

もう何度でも言おう。この私、塔を登るために何時間も待ってはおれませぬ。

ということで、こちらも外観を1枚収めて撤収。romanticistな諸兄姉は、是非早めに並んで美しい景色を楽しんでください。

【2020年最新】トルコ・イスタンブール新空港から市内への行き方
先日、親日国の1つとして知られ、また近年為替市場では何かと注目されるトルコに遊びに行ってきました。しかーし!トルコ最大都市イスタンブールのメイン空港が、アタテュルク国際空港からイスタンブール新空港に全面移転された直後ということもあり、頼りになる情報が少ないっ!!!ということで、トルコ・イスタンブール新空港の最新情報、

Conclusion

新市街も旧市街と同じくやたら人が多い印象。おそらく国内外からの観光客が多いのでしょう。可能であればイスタンブール市内周遊は、土日を外した方が良いかもしれません。

また、くまなくイスタンブールの名所を回りたいのであれば、私のように行き当たりばったりではなく、事前にしっかり予約をしておきましょう。

次回は、旧市街西部のベヤズットarea

タイトルとURLをコピーしました