世界遺産ネムルトダーゥへの起点の街、アドゥヤマンへ

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

【イスタンブール】ボスポラス海峡の向こう側(アジア側)のつづき

弾丸徘徊のイスタンブールを離れ、次なる目的地はトルコ東部にある世界遺産ネムルトダーゥ(ネムルト山)。

ネムルトダーゥを目指すには近郊の街を起点として向かうのが一般的。起点となる街は、ネムルトダーゥから一番近くに位置するキャフタ、一番遠いが近郊の街で最大のマラテヤ、そして距離的にも街の規模的にもキャフタとマラテヤの中間くらいと思われるアドゥヤマンの3つ。

もろもろ考慮した結果、アドゥヤマンを拠点とすることに。移動は空路でイスタンブール新空港からアドゥヤマンへ。

スポンサーリンク

アドゥヤマン空港~市街

空路約2時間、アドゥヤマン空港に到着。小規模空港なのでbaggageのpick upからshuttle busに乗るまでも迷いようがない。backpackをpick upして搭乗者全員でぞろぞろbus乗り場へ。

Adiyaman airport

Shuttle busが到着便に合わせてairport外に待機しているので、到着早々そそくさと市街へ向かいます。

Shuttle bus from Adiyaman airport

2~30名程乗車可能なshuttle bus. デカイbackpackを担いでいても大丈夫。お値段13トルコリラ(2019年5月現在)

市街徘徊

空港から市街まではbusでだいたい2~30分。市街の中心地あたりの大通りで途中下車。とりあえず宿にcheck inし荷物を置き、食料を求めて早速街中を徘徊開始。

アドゥヤマンはイスタンブールと違い小さな地方都市のためか、日本人はもとよりAsianすら見かけない。よって、道行くAdiyaman peopleから熱い眼差しを受けます。このawayな感じ、たまらんねぇ。

Adiyaman city

まずは、Streetで売っていた緑色の果実を購入。果物の類ではなく、味など大してない一品だが、口さみしさに何気に手が止まらない。

果実を片手にさらに徘徊を続けると、一人のTurkey紳士が「何を探してるんだ?」と近寄ってきた。ここで私の防衛switchがautomaticallyにon. 警戒態勢に入ります。”I’m looking for something to eat.” と応えると、ちょっとついて来いと。怪しい。。。

油断せず十分な間合いを取ってとりあえずついていく。大通りから20~30mくらい入ったところにある小さな路面店へ。「これはトルコの伝統的なお菓子なんだ」と言いながら、揚げたてのring状のチュロスのようなものを注文し私へくれるではないか。

turkey sweets

「じゃあ、僕は行かなきゃ。良い旅を!」と言って、彼は自分の分は買わずに行ってしまった。彼はただただ心優しい誠のTurkey gentle manでありました。

Teşekkür ederim(テシェッキュル エデリム)が言えずに、”thank you so much”としか言えず。いくら発音が難しかろうが、やはり、ありがとうくらいは現地の言葉で話さなければ。旅人としての最低限のmanner、気合で間髪入れず言えるようにならねば。

買ってもらった伝統的snackをいただく。外はカリっと揚げたて、syrupがたんまりと付いていて激烈に甘いが、甘党の私には至極美味い。何よりも親切なTurkey魂を五臓六腑で味わう。

【最新】トルコ・イスタンブール新空港から市内への行き方
先日、親日国の1つとして知られ、また近年為替市場では何かと注目されるトルコに遊びに行ってきました。しかーし!トルコ最大都市イスタンブールのメイン空港が、アタテュルク国際空港からイスタンブール新空港に全面移転された直後ということもあり、頼りになる情報が少ないっ!!!古くからの旅人の友、「地球の歩き方」に関しては2016

ネムルトダーゥ周遊ツアーを探す

世界遺産ネムルトダーゥに行くには公共移動手段が無く、現地のtourを利用する必要があるらしい。ということで、目に入ったtour会社に入ってみる。

現地のおじさんが遊びに来ていて超chillingな雰囲気。下町のcleaning屋にたむろするおばはんの、午後の昼下がりの井戸端会議な感じ。Business要素が全くなく、どこから来たんだ、いつアドゥヤマンに来たんだ、ネムルトダーゥに行くのか、などなど質問攻め。気付けばすっかりアドゥヤマン井戸端会議に自動参戦。

しかしながら、トルコの人々は本当に親切で親しみやく良い人が多い。

cay

まあcay(チャイ)でも飲めと薦められ、

tulumba

トルコ菓子でも食うかと、皆で菓子をつまみ、

turkey tobacco

締めにはトルコの煙草を、仲良くlocalのおじさんたちと一服。やめていた煙草にcommunication toolとして十数年ぶりに火をつける。さすがにnon filerはキツイ。吸い方ももう忘れてしまったわ。

肝心のtourの方はsunrise tourとsunset tourの両方をbooking(詳細下記)。気付けば2時間くらいはいたかな。2:30amに宿まで迎えに来てくれるということで、そろそろお暇いたします。

ツアー概要

  • Sunrise & sunset tour: $30または150トルコリラ(片方の場合は半額)
  • 参加者:2名(セダン車)
  • ネムルトダーゥと周辺の遺跡巡り
  • VEKA tours 
    Website  http://www.vekaturizm.com.tr/

最終的にsunrise tourのみでいいやということになり、tour終了後にsunset tourをcancel。返金してもらったので、金額は75トルコリラ。

【イスタンブール】旧市街 お決まりのスルタンアフメット界隈練り歩き
トルコ最大都市イスタンブール。イスタンブールと言えば旧市街のスルタンアフメット周辺は鉄板中の鉄板、外せません。ケバブとトルコアイスくらい外せません。ということで、まずはスルタンアフメット地区を練り歩いてきたので代表的な見どころをどどーんとご紹介。スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク) ブルーモスクとも呼ばれる

徘徊おかわり

すっかり話し込んでしまったが、未だ徘徊が物足りず。やはり初めての街は自らの足で廻らねば。

Turkish tobacco

煙草屋を発見。先程一緒に一服したおじさんの一人が同じデカい袋持ってたけど、こういうところで仕入れるのね。水タバコ?シーシャ?真のTurkish menは黙って紙巻きたばこです。

Adiyaman city

歩いているとお祈りの放送。トルコに数日いると慣れてくるし心地よい。いい具合に腹も減ってきたので、そろそろ夕飯の調達もせねば。

restaurant in Adiyaman

徘徊しているとやはり見慣れぬ東洋人は熱烈な歓迎を受ける。ここまでモテモテだと、親切なのか、cheating狙いなのかわからなくなる。

Turkish dises

結局夕飯は、テキトーにトルコっぽい飯に、締めはお決まりのcayで。煙草はなしで。

さてさて、明日は早起きだぞと。

次回:【世界文化遺産】世界8番目の不思議とも謳われるネムルトダーゥの頂へ 

タイトルとURLをコピーしました