【トルコ放浪記】世界遺産 ギョレメ国立公園とカッパドキアへ(前編)

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

【トルコ放浪記】ネムルトダーゥからカッパドキアの移動は1日がかりのつづき

トルコの旅も遂に大詰め。第三章はご存知カッパドキア。

昨晩は宿に到着するのも大分遅くなったが、頑張って日の出に合わせて起床。あの有名な景色をこの目で見たい。気球ツアーで日の出と熱気球の風景。

 

 

部屋を出てみるも、天気は良いのに気球が飛んでない。おかしいなとは思いつつあたりをちょっと散歩。

そういえば、こちらの宿には動物がちらほら。レセプションにいた番犬ワンコとちょっと戯れる。

カワイイ!ちょい眠そうだけど。

結局寝た笑

レセプションから外に出て散歩再開。5月上旬のカッパドキアの早朝はまだ冷える。

それはそうと、やっぱり気球は見当たらない。流石にもう飛んでてもいい頃合いだろう。場所が違うのだろうか?

あ!

気球がふにゃっとしてるではありませんか!

まあいいや。とりあえずよくわからんし、美しき景色は明日の朝に気球から拝んでやろう。ということで朝の散歩終了。

スポンサーリンク

悲報 まさかの熱気球ツアー計画とん挫

朝食後、ぼちぼちカッパドキアの中心地ギョレメを徘徊するといたしましょう。と、その前に明日の気球ツアーの予約でもしておきましょう。ここまでカッパドキアのことを何一つ調べてませんからね。最低限の予約と情報収集のためにレセプションへ。

 

が(again)

 

”気球ツアーはfull bookingよ”

と受付のオネーチャン。

 

は!?

 

何それ、そんなことあんの?

まさか、そんなばかな!そんなことがあってたまるか!

ギョレメ中の全ての気球ツアーの予約に空きがないか調べてもらうが、

“だめね、完全にfull booking”

 

Jesus Christ!!!

 

そんなに人気なんすか、気球ツアー

もしくは、行き当たりばったり過ぎます、あたしの旅?

ええ、両方です。

 

無念であります。なんでも予約は半年前から入っているらしい。嘘だろ?そんな前から旅の準備する方々がいらっしゃるのですか?ええ、世の中そんなものらしいです。

それでも、強風などの天候不良で飛行条件を満たさなければキャンセルとなるらしい。今のことろ明日は飛べそうらしいが、予約満席のこの状況でいらぬ情報、ただただjealousであります。

ということで世の旅人の皆さん、カッパドキアの気球ツアーは早めの計画と予約が良さそうです。とくにバックパッカーの皆さんは、私の様になんとなく流れで旅をする方が多いと思われるので、くれぐれもお気を付けください。

【海外旅行】格安航空券を比較購入するなら黙ってスカイスキャナー
みなさん、こんにちは!ある程度旅慣れをしてくると、旅行会社の海外ツアー等を通さずに、自ら航空券を手配するという機会も多くなってくると思われます。そして、誰もが最安で航空券を手配したいですよね。そこで今回は、世界中のバックパッカー御用達の、格安航空券の購入方法をシェアします。簡単に格安航空券の比較ができるスカイスキャナー

カッパドキア周遊ツアー

朝っぱらから完全に叩きのめされたのだがしょうがあるまい。万が一の場合の気球ツアーのキャンセル待ちをお願いし、気持ちを切り替えて次の一手。

何でも、そろそろカッパドキアを周遊するツアーが出発するらしい。ほう、ここカッパドキアには3種のツアーがあるらしく、主にカッパドキア北部を周遊するレッドツアー、古代の地下都市やウフララ渓谷を探索するグリーンツアー、ちょいとマイナーなブルーツアー(説明雑)。

レッドとグリーンとで迷ったが、レッドツアーで廻る気になる場所は、翌日個人的に廻ることにし、遠くまで足を運ぶグリーンツアーに参加することに。

【世界文化遺産】世界8番目の不思議とも謳われるネムルトダーゥの頂へ
AM 2:30 明朝というよりは真夜中。ピックアップに来てくれたドライバーの車に乗り込む。道中約1時間半、車内でうたた寝。AM 4:00 ネムルトダーゥの麓に到着。あたりはまだ真っ暗。いや、ここは自然のど真ん中。待機場所となる建物から僅かに漏れる灯り以外はもはや漆黒。ここから日の出時刻に合わせてネムルトダーゥ山頂を目指

デリンクユとカイマクルの地下都市

Underground city

自分がどこを歩いているかもわからなくなるほどの、蟻の巣の如く張り巡らされた巨大地下都市。その歴史は紀元前に遡るようだが未だ謎が多いようだ。

Underground city door

敵が侵入してきた際に行く手を阻む扉。地下都市の要所要所に配置されております。

Church in underground city

こちらは教会。学校などもあり、家ではなく数万人が暮らしていた都市らしい。この一部を小一時間ほどわらわらと廻ります。

【イスタンブール】旧市街 お決まりのスルタンアフメット界隈練り歩き
トルコ最大都市イスタンブール。イスタンブールと言えば旧市街のスルタンアフメット周辺は鉄板中の鉄板、外せません。ケバブとトルコアイスくらい外せません。ということで、まずはスルタンアフメット地区を練り歩いてきたので代表的な見どころをどどーんとご紹介。スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク) ブルーモスクとも呼ばれる

セリメ教会

The Selima Cathedrale

次に向かうはセリメ教会。ざっくりというと、岩山をくり抜いて建てられた教会。

Church in the Selima Cathedrale

人が多くて美しい画は撮れなかったが、こちらが教会。

viwing from the selima cathedrale

他のツアー参加者(海外の人)曰く、スターウォーズの撮影がされたところらしい。あとから調べたら候補地だったがトルコ政府の許可が出なかったとかなんとか。まあでも、それっぽい雰囲気で異星情緒を感じえずにはいられません。

【フランス】クリスマスツリー発祥地、アルザス地方のストラスブールに寄ってきた
みなさま、bonjour! ごきげんよう。11月も半ばを過ぎ、だんだんと肌寒く、そしてクリスマスの雰囲気が醸し出されてきました。ところで、クリスマスツリーはフランス北東部のアルザス地方が発祥地って知ってましたか?今回はラッキーなことに、海外出張中にこのアルザス地方の一都市、ドイツとの国境近くに位置するストラスブールに立

昼飯

restaurant

ここで昼飯休憩。

これにサラダ、スープ、バゲットとお飲み物が付きます。トルコ飯は日本人の口に合うものばかりでどれも美味しいですね。勿論、最後はチャイで締めるのが、エセトルコ通の慣わし。

【外貨両替】ユーロ圏渡航時に役立つ3つの外貨準備テクニック
みなさん、こんにちは。当サイトで好評頂いております、お得な外貨両替記事シリーズですが、今回はユーロ圏渡航の際のお得なユーロの準備方法と両替方法をシェアします。先日仕事でドイツとフランスを訪問した際、実際にこちらの方法で現地に一週間ほど滞在してきておりますので、これから渡航される方の役に立つこと請け合いです。ユーロ圏への

ウフララ渓谷

Ihlara Vadisi

飯の後はウフララ渓谷をハイキング。食後の運動とはなかなか良いスケジュールですね。階段で谷まで降りて散歩。

Ihlara vadisi1

お天気にも恵まれ気分爽快でございます。小さな教会跡にも行きます。写真は大した画が取れなかったので割愛。

道中、茶屋みたいなとこで一服休憩。絵に描いたようなアヒルの行進。こちらは可愛いので割愛しません。

【イスタンブール】旧市街西部のベヤズットエリアをぶら散歩
トルコの旅2日目。旧市街の中心地、スルタンアフメットエリアの西部にあるベヤズットエリアへ。宿の最寄り駅、メトロのスルタンアフメット駅から、西に3駅のラーレリ・イスタンブール・ユニヴェルスィテスィ駅へ移動。下車後、駅の北東へ1km程徒歩で向かいます。スュレイマニエ・ジャーミィ 本日の一発目、スュレイマニエ・ジャーミィに

ピジョンバレー

Pigeon valley1

最後に訪れたのがピジョンバレー。なんでもここに住んでいた古代の人々は、伝書鳩として沢山鳩を飼っていたそうな。

その名残か、大量の鳩がおりますが、、、

Pigeon valley2

ツアー参加者の1人の陽気なネーチャンが、鳩と戯れるために群れに突入。見事な蹴散らしっぷり、お嬢は満面の笑み。この後写真をシェアしたら大そう喜んでおりました。

Pigeon valley

カッパドキアの景色はどこも壮大で、鳩の谷の景色も素晴らしい。結婚式の撮影をしているカップルもいたので、やはり良いところなのでしょう。

これにてグリーンツアーは終了。それぞれ宿まで送迎してもらいフィニッシュ。

【2020年最新】トルコ・イスタンブール新空港から市内への行き方
先日、親日国の1つとして知られ、また近年為替市場では何かと注目されるトルコに遊びに行ってきました。しかーし!トルコ最大都市イスタンブールのメイン空港が、アタテュルク国際空港からイスタンブール新空港に全面移転された直後ということもあり、頼りになる情報が少ないっ!!!ということで、トルコ・イスタンブール新空港の最新情報、

最後はサンセットで締める

sunset at Goreme

前日はギョレメ入りが遅くて拝めなかったサンセットと奇岩群を堪能。時間を忘れてただただぼーっと景色を眺める。至福の贅沢でございます。

夜のギョレメの街も、洞窟ホテルを照らす街の明かりが間接照明になって美しい。これら美しい光景はギョレメに宿を取ればこそなので、カッパドキアにお越しの際は、是非ギョレメにご宿泊を。

次回は、【トルコ放浪記】世界遺産 ギョレメ国立公園とカッパドキアへ(後編)

タイトルとURLをコピーしました