【必見!】マカオ旅行時の両替テクニック

web-siteではこれまで、海外旅行や留学時に必須となる外貨両替techniqueについていくつか記事を書かせて頂いており好評頂いておりますが、今回はマカオへの旅でのお得な両替方法をshareしたいと思います!

スポンサーリンク




基本情報

通貨単位はパタカ(Pataca)といい、為替rateは実際には僅かな違いがありますが、1パタカ=1HK$(香港ドル)という認識で良いでしょう。2017年5月28日現在の香港ドル/日本円の為替rateは1HK$=14.28円ですので、1パタカ==14.28円ということになります。

鉄則その1 パタカには両替するべからず!

マカオでは香港ドルがごく普通に流通しています。Hotelrestaurantでは勿論のこと、local busなどでも当たり前のように香港ドルで支払いが可能です。マカオ=casino(カジノ)で一攫千金!と企む諸兄姉もいらっしゃるかと思われますが、こちらでも問題なく香港ドルを元手に一勝負することができます。

パタカの流通量、両替にかかるcostや手間、パタカを使い切れずに余ってしまった際の再両替costなども考慮すると、パタカへの両替はオススメできるものではありません。

鉄則その2 香港ドルとクレジットカードを駆使すべし!

マカオでは香港同様、様々な場所でcredit cardで支払いが可能です。昨今では旅行時のcredit card払いは説明不要の常套手段ですが、併せてcashで香港ドルも所持し両刀使いをすれば、まず間違いありません。

小さなlocal shopfast food店ではcash onlyの場所もありますので、有事の際の信頼度最強でもあるcash(香港ドル)を忍ばせておくと何かと便利でしょう。

当web-siteおなじみになりました、各国通貨へのお得な外貨両替方法ですが、今回は日本円から香港ドルへの最強の両替方法をshareしたいと...

鉄則その3 支払いは小額香港ドル紙幣を使用すべし!

鉄則その2で香港ドル所持を推奨しておりますが、500HK$や1,000HK$などの高額紙幣は少々不便です。とくに1,000HK$は対応していない場所も多く、また香港ドルで支払ってもお釣りにパタカが含まれていることも多いため、マカオを発つ前にパタカを使い切れないという余計なriskを伴うこと濃厚です。

以上を鑑みると、日本円から香港ドルへ両替する際には、100HK$以下で小額紙幣を多めにrequestし、マカオでの現金支払い時には10HK$, 20HK$, 50HK$中心に支払うと、これらのriskを回避できるので良いでしょう。

Conclusion

マカオを小さな島ですので、滞在日数は丸1日、多く見積もっても2日確保しておけば十分かと思われます。またマカオを訪問する方は、香港滞在も併せて計画する方がほとんどかと思われます。

香港滞在日数 + マカオ滞在日数で予算を組み、上記のように小額紙幣を多めに香港ドルを用意しcredit cardも駆使することで、無駄なcostを抑えるだけでなく、外貨両替に関してあれこれ考える時間をsaveできることができるでしょう。

浮いた予算や時間を、その他の旅のplanningに費やせれば、より楽しい旅を満喫すること間違いなしです!

 

その他、お得な外貨両替方法の関連記事

いきなりですが、あなたは海外旅行の際にどこで日本円を米ドルなどの外貨に両替していますか? 近所の銀行? Hey, Come ooon!!...
あなたはカンボジアの通貨をご存知だろうか? 日本なら円、USAなら米ドル、EU諸国ならユーロ。では、カンボジアは? カンボジア通貨はリエ...
サワディークラップ! 微笑みの国、また親日国の1つとして知られるタイ。今回はこのタイへ行く際に必要な、円からタイバーツへの一番お得な両替方...
当web-siteおなじみになりました、各国通貨へのお得な外貨両替方法ですが、今回は日本円から香港ドルへの最強の両替方法をshareしたいと...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする