日本人が少なく留学先として人気のパース

オーストラリア第4の都市Perth(パース)。観光地としてはあまり知られていませんが、世界一美しい街の一つと言われるパースはたしかに美しい。欧米風の建物が数多く残り、cityから少し離れればbeachもあり自然も身近に多くある。天候にも恵まれるパースは欧米系移民者も多い都市です。

また、パースは日本人を含むアジア人移民者や海外留学生が他の都市と比べて少ないため、留学先として日本人に人気があります。日本人の少なさは私が長期滞在した、ブリスベン、カナダのバンクーバーの3都市の中で一番少ないです。

スポンサーリンク




日本人の percentage

普段パースで生活していると日本人を見る機会は非常に少ないです。また日本食restaurantなども数える程度しかないので、日本のものに触れる機会は少なく海外留学の醍醐味というものを味わえるでしょう。

しかし、みな考えは同じで、日本人を避けたい日本人がパースに集まる→語学学校には意外に日本人がいる、という現象が生まれます。とくにElementary levelなどには日本人が多い傾向があるので、あれ?日本人結構いるじゃん!ということになります。私がPerthにいた時のElementary class(一番下のlevel)には約15名中4人は日本人という状態でした。

【関連記事】日本人を避けたいのなら己の英語力を上げてから翔べ!

日本人の意識が高い傾向

すでに上述したように、日本人を避けたい日本人が集まるため、みなmotivationが高いと言えます。「日本人を避ける=英語を本気で習得したい」ということの裏返しなので、例えばよくありがちな日本人同士でつるんでばかりという光景を見たことはありませんでした。

また日本人communityが少なく、そこそこsurviveしなければいけない環境に飛び込んでくる人たちですので、英語力に自信があったり、英語力が低いとしても人間的にtoughな人が多い傾向にあります。

しかしながら、学習意欲が高いばかりに日本人を拒絶するといった、極端な方も見受けられました。

街の規模は小さい

オーストラリアでは4番目の規模のパースですが、第3の都市ブリスベンや、カナダの第3の都市バンクーバーと比べるとかなり小規模です。大都市が好きな方、都会での遊びや暮らしが好きな方には物足りなく感じるかもしれません。

Busや電車の終電も早く、pubnight clubもAM1時頃にはcloseするなど驚異の速さです。日本のそれなりの規模の街では当たり前の24時間営業しているお店もほとんどありません。

しかし、都会暮らしに慣れている方にとっては、このような暮らし方もなかなか新鮮で楽しいものでしょう。

キングスパーク パース

Kings Park in Perth

節水!

オーストラリアではどこの都市でも言われることではありますが、パースの場合、水に関してはブリスベンなどの他の都市に比べもっと節水に厳しいように感じます。Showerの使用時間(5~10分)を初め、洗濯は週1回、食器の溜め洗い、冷えてるspring water(ミネラルウォーター)約$2.5(日本の約2倍)などはごく当たり前の話です。とくにshower時間の制限は女性にとってはかなりsevereな問題で、水事情や髪を切るcostなども事前に調べた上で、留学前にshort hairにして留学する方も多い程です。

このようなことからも、どれだけ節水意識が高いかということは想像に難しくないでしょう。逆にこのような生活に慣れると、いかに私たちが水に恵まれている生活をしていて、時に無駄に使っているということがわかって良い経験になります。

Conclusion

この記事を読んで、パースに魅力を感じた方、ちょっと肌には合わないなと感じた方もいらっしゃることでしょう。生活環境というものは、留学生活を送るにあたり想像以上に重要なことです。他の都市と比べてみて、一番自分のstyleに合う都市を見つけてみてください。

なお、オーストラリア留学をする場合、いくつかの都市にcampusを持つ学校であれば都市の移動が可能なので、それも考慮すると良いかもしれませんね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする