【ペルー放浪記】ペルーレイルでクスコからマチュピチュへ

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

【ペルー放浪記】マチュピチュ行きの拠点 世界文化遺産の街クスコへのつづき

いよいよ、念願のマチュピチュに向けて出発。

まずは、ペルーレイルの出発地のクスコ(ポロイ)駅へ向かいます。

スポンサーリンク

クスコ(ポロイ)駅

Poroy station

クスコ市街からtaxiで15分ちょっと。クスコ(ポロイ)駅へ到着。

看板の駅名はポロイで、Webサイト上の駅名はクスコ。非常にわかりづらい。駅はクスコ市街からだいぶ外れてるから、ポロイに統一してもらいたいものです。

ペルーレイル

駅や列車はとても綺麗で、ザ・観光客向けの装い。利用者はほぼ欧米人で、若者から老夫婦まで老若男女いらっしゃいます。

Perurail

ペルーレイルのスタッフも、小綺麗な制服をお召しになり、シュッとして品があります。高級列車ということもあり、乗車前にしっかり顧客チェックもされます。

【2020年最新版】マチュピチュの行き方 全部まとめてみた
マチュピチュまでの行き方(概要)①リマ→➁クスコ→➂マチュピチュ村(旧アグアスカリエンテス)→④マチュピチュ 日本や他国から空路でペルーに入国する場合、①ペルーの首都リマのホルヘ・チャベス国際空港へ。その後、➁マチュピチュ行く際の拠点となるクスコという街へ。そこから、➂マチュピチュの麓にあるマチュピチュ村(旧アグアスカ

ペルーレイルでマチュピチュ村へ

8:25am出発。クスコ(ポロイ)からマチュピチュ村まで約4時間の旅路です。

ペルーレイル ビスタドーム

ペルーレイルのクラスは、ビスタドームという中級グレード。天窓と横の窓が大きく作られていて、景色を堪能できるようになっています。その他、軽食もでます。

ペルーレイル車内

このペルーレイル、通常の列車と比べると、かなりのらりくらりゆっくり走ります。そりゃあ片道4時間もかかるわけだ。ゆったりと景色や雰囲気を楽しみながらマチュピチュに向かうという趣なのでしょう。

ペルーレイル 軽食

軽食登場。インカコーラは持参品のため付いてこないですよ。

ペルーレイルの車窓から

何もない田舎っぽい風景が乙だね。こういうワインディング好きです。

オリャンタイタンボ駅

クスコ出発から約2時間後、オリャンタイタンボ駅に到着。しばし停車でこの駅からの乗客を待ちます。

車内の雰囲気はこんな感じ。車内には民族音楽っぽいのが流れてそれっぽさを醸し出します。

【マチュピチュ】ペルーレイルで行くマチュピチュ
Hola amigos! 一度は行ってみたいペルーのマチュピチュの行き方ですが、まずはマチュピチュ行きの拠点となるクスコという街まで行かなければいけません。そのクスコからマチュピチュまでの行き方は色々ありますが、今回は定番のペルーレイルを利用した方法をシェアします。【最新版】マチュピチュの行き方 全部まとめてみた

マチュピチュ村に到着

マチュピチュ駅

そんなこんなで、PM0時ちょい過ぎにマチュピチュ駅に到着。駅はマチュピチュ村のど真ん中にあります。

マチュピチュ村

とりあえず、今宵の宿泊先のホステルEcopackers Machu Picchu Hostelに向かいます。さすが世界屈指の観光地マチュピチュの麓の村。小さい村ながら観光客向けのお土産屋やらレストランで活気がありそうです。

【マチュピチュ】ワイナピチュ登山のすゝめ
死ぬまでに行ってみたい世界遺産ランキング上位常連のペルーのマチュピチュ。あまりにも有名で、下のような画を一度は目にしたことがあるのではと思われます。そしてそのうしろにそびえ立つ山がワイナピチュです。マチュピチュ散策だけでも十分楽しめるのですが、折角日本から地球の反対側にあるペルーを訪れるのですから、ワイナピチュ登山

マチュピチュ村の夜

マチュピチュ村

ホステルで同部屋になった、同じくバックパッカーのドイツ人のにーちゃんと仲良くなり、夕飯を一緒に食いに行くことに。同じペルーレイルの便でマチュピチュ村入りし、帰りの便も同じようだ。しかも、行く旅人も限られるワイナピチュの予約も同じ朝一の第1グループで予約していると。

そんなこんなで、すっかり意気投合し、翌日は一緒にマチュピチュとワイナピチュを周ろうぜということに。

ということで、次回は【ペルー放浪記】死ぬ前に訪れたマチュピチュ ワイナピチュ編

 

タイトルとURLをコピーしました