ナイアガラフォールズ市内での移動はシャトルバスで

カナダ最大都市、トロントを徘徊の続き)

トロントより2時間かけ、8pmようやくナイアガラフォールズ着。

さあ、今夜は久々にゆっくりcan take a showerbedでゆっくり寝れる!なんせ3日ぶりだ!全部で20kgほどの荷物を担いで放浪している結果、すでに足には2箇所の水ぶくれ。ゆっくり休める!そんな期待を胸に、terminalのおっちゃんに話しかける。

Could you tell me where this motel is?

すると、おっちゃんは私が持っていた宿の予約表を確認してくれた。すると、

「あー。こりゃ遠いな。歩いたら2時間くらいかかるな!」

Oh my goodness!!!

地図上じゃ徒歩圏内にしか見えんかった。阿呆や。なんと初歩的なmisstakeを!結局 local busに乗って他のbus stopまで行かなければ行けなくなった。が、1本目のbusに乗り遅れる。。。で、30分ほど待つ羽目に。Damn! まだ9月中旬なのに、夜はもうかなり冷える。

なんとか次のbusに乗り込み、別のbus stopへ移動。
余談だが、このbus driver(female)、めっちゃ感じ悪い!そのbus stopの場所を聞くが、まともに相手してくれねぇ。しまいには

「わたしの真後ろに座らないでくれる?」

Son of a b**ch!!!

son of a b**ch!!!

なんとか自力でbus stopを発見するが、ちょうど乗るはずのshuttle busが出発してしまった。Time tableを確認する。次のbusは、1時間後!

God damn it!!!!!

God daaaaaaamn it!!!!!!!!!!!!

Freezing… 吐く息は白い、9月なのに。

こんなとこで1時間も突っ立ってたら凍死間違いなし!What’s more, I’m hungry. しかし、見渡す限り飯を食えそうなrestaurantは見当たらない。食料を調達できるようなgroceryもない。一か八か、busの進行方向に沿って寒さを凌げそうな場所を求めて歩いてみる。

何も無い。人もいねぇ。車もほとんど走ってねぇ。

にわかな街灯に照らされた薄暗い橋が1本。これを渡ってこの先何もなければ、最悪夕飯抜きだな。とりあえず宿に着ければ。橋を上ってその向こう側に望みを託すしかない。

橋の向こう側が見えてきた…

橋を上りきって見えた、いつもより神々しく見える赤と黄色のまばゆい光。

Burger King!!!

handsup

画像:Dragon Ball

助かった!しかもよく見るとその前にはnext bus stopが!次のbusが来るギリギリまで寒さを凌げるうえ、夕飯も食えるではないか!Thanks God!

時間一杯までjunk food、 否、feastを味わい、その後shuttle(Red Line)に乗り込む。motelの場所はわからなかったが憶測でget off. 幸いすぐに宿を発見でき、なんとか辿り着くことができました。

次回は、宿予約はアクセスの良さと口コミ評価をしっかり調べんと大変なことになる

余談が長くなりましたが、市内のshuttle busについてまとめます。

スポンサーリンク




ナイアガラフォールズ Shuttle Bus

ナイアガラフォールズ市内には、downtownを中心に4 lineのshuttleが走っています。

ナイアガラフォールズ 市内シャトルバス市内を走る shuttle bus 出典:en.wikipedia.org

4つの色(Green, Blue, Red and Purple Line)で識別されているので、観光者にとってもわかりやすくなっています(下記画像参照)。

シャトルバス タイムテーブル2014Shuttle Bus Timetable

そのほかlocal buscabも走ってますが、小さな街なのでこのshuttleさえ押さえておけば十分です。また、On seasonoff seasonscheduleが違うのと、lineによっては運行本数が少ない(とくにPurple Line)のでよくcheckしておきましょう。

なお、市内bus terminal(参照:長距離バス移動 トロントからナイアガラの滝への行き方から、Purple Linelocal busが運行してます。

Shuttle Fares

  • 24-hour pass:  Adult $7       Child $4

  • 48-hour pass:  Adult $11.5  Child $8

Summer seasonは、24-hour pass48-hour passがあります。旅行の予定にもよりますが、24-hour passだと料金の元をとれ、運賃支払いの煩わしさもなくなるので、購入をオススメします。こちらのpassbus terminalで購入できます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする