留学先で日本人を避けたいなら己の英語力を上げてから翔べ!

「日本人のいない(少ない)都市や学校が良い!」

多くの日本人留学生が留学先を決める上で挙げる条件がこちらでしょう。

日本人がいない場所に行けば英語が上達する、せっかく海外に留学にきたのだから日本人とは距離をおきたいと考えるのは至極当然です。私も英語超初級者のくそったれではありましたが同様の考えのもと、自身初の海外留学先を日本人が少ないと言われるオーストラリアのPerth(パース)に決めました。

あなたも同じような考えをお持ちかもしれません。しかし実はこの策、実際は的を射ていないのです。

スポンサーリンク




英語力が伸びるかどうかは完全に本人の覚悟次第

私の経験からすると、英語力をつけるという断固たる決意を持っている人は、日本人が多い少ないに関わらず、英語力が目に見えるように上がっていきます。それは日本人だけではなく、その他の国出身の人にも言えます。

しかしながら、逆に決意の弱い人は、日本人が少ない街に滞在しようが、長期海外滞在しようがいつまでたっても大した成長をしていません。

まるで成長していない。。。安西先生(スラムダンクより)の名言、「まるで成長していない…」 Eng ver.

本人を完全に避けることはほぼ不可能

日本人の海外留学が少なくなったといわれる昨今ではありますが、留学先に適した場所、つまり学校があり、ある程度の街の規模があり、home staypart time jobを探せるなど、留学環境が整った都市には必ず日本人留学生がいます。Perth(パース)の語学学校にも何人も日本人留学生がいました。

また、他の英語圏に比べると留学先としてはそれほど有名ではありませんが、マルタ共和国というイタリアのシチリア島近くにある小さな英語圏の国があり、そちらに留学をした知人がいますが、そこにもやはり日本人はいたようです。

最善の方法は?

海外でできるだけ母国語環境を避けたいのであれば、至ってsimple

“留学前に自分の英語力を可能な限り上げる”

ということです。

まず、どの都市に行っても語学学校の初級levelにはたくさんの日本人がいます。もちろん日本人以外の国籍の人たちも大勢いますが、まわりも当然英語初級者です。初級levelのうちはうまく言いたいことも表現できないことが多いため、母国語で話したり語学習得に対しての意識が低くなってしまう傾向があります。

反対に上級levelになると全体的に英語力の高い欧米人が多い傾向にあり、日本人がいても英語力、意識ともに高い人たちが多いです。

つまり、留学した時にすでに自分の英語力が高ければ高いほど、それだけ日本人が少ない環境に身を置けるのです。類は友を呼ぶというのもよく言ったもので、環境の違いは火を見るより明らかです。国籍に関わらず、英語力やmotivationの高いcommunityに身を置いていれば、あなたのまわりにはそれ相応の人たちが集まるのです。

Conclusion

留学の目的によって考え方は異なりますが、すでに述べたように、英語力が伸びるか伸びないかは本人のやる気次第です。留学先を決めるにあたり、日本人が多いか少ないかということは二の次であると、日本人が少ないと言われるパースや、多いと言われるバンクーバーに留学した私の経験から言えることです。

語学力向上の為に日本人の少ない環境にこだわるというのであれば、渡航先の都市や学校の日本人比率にこだわり過ぎずに、自身の英語力をできるだけ高めてから留学するということが一番の策だと言えるでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする