【ドイツ放浪記】シンデレラ城のモデル ノイシュヴァンシュタイン城へ

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

【ドイツ放浪記】本場ミュンヘンのオクトーバーフェストに参戦のつづき

シンデレラ城のモデルとなったノイシュヴァンシュタイン城がある、シュヴァンガウに向かいます。と言っておりますが、前回のオクトーバーフェストの記事でも書きましたが、今回のミュンヘンの旅は完全に友人任せ。持つべきものは心の友ですな。

スポンサーリンク

ロマンティック街道の終点 フュッセンへ

各々別のホテルに滞在しているので、まずは友人たちとミュンヘン中央駅で待ち合わせ。友人を待つ間、駅のカフェで朝食。ちなみに、ドイツのサンドイッチはサイズがデカいので、朝からガッツリ食べられます(写真なし)。

全員集合したところで、まずフュッセンという街に向かいます。

ミュンヘンからフュッセンの行き方

ミュンヘン中央駅からフュッセンまでは電車で約2時間。Buchloe(ブーフローエ)駅で乗り換えます。なお、バイエルン州を無制限に1日乗り放題できる、バイエルンチケットが便利。

バイエルンチケット

  • 価格:2nd Class €25.00、1st Class €37.50
  • 2~5人目まで、1人当たり€7追加で乗り放題。
  • 5歳までのお子様は無料。
  • 平日は、9 am~3 am、土日祝は、0 am~3 amで有効

※ 2020.10月現在の情報です。
参考:DB公式サイト 

【外貨両替】海外旅行、留学に絶対オススメ FX外貨両替法
みなさん、こんにちは。海外旅行の際に、どこで日本円を米ドルなどの外貨に両替していますか?近所の銀行?Hey, Come ooon!!!何も考えずに空港の外貨両替所で!?What's the hell are you doing???みなさん!損してますよ!!!海外旅行に頻繫に行く方はご存知かと思われますが、基本的に空港

リアルシンデレラ城 ノイシュヴァンシュタイン城へ

フュッセンに到着したら、フュッセン駅前から出ているHohenschwangau(ホーエンシュヴァンガウ)行きのバスに乗り込みます。バスは、72, 73, 78番のどれかに乗りばOK。

フュッセンから約10分程度でホーエンシュヴァンガウに到着。ここから、丘の上にあるノイシュヴァンシュタイン城へ歩いて向かいます。

シュヴァンガウ 馬車

なお、歩きたくない方は、優雅に馬車で行くのもあり。歩いて向かう場合は、道路に巨大な馬のう○こがぼちぼち転がってるので、誤ってハマらないように。

ノイシュヴァンシュタイン城

3~40分ほどぼちぼち歩くと、ノイシュヴァンシュタイン城に到着。綺麗な洋城ですな。

ノイシュヴァンシュタイン城1

しかし、最近はどこの観光地に行っても修繕中のところが多い。ここノイシュヴァンシュタイン城にも、あちらこちらに足場が組まれております。

なお、タイ人の友人の意向によりチケットは買わずに城内見学はなし。後で調べたら、城の中はなかなか綺麗なものらしいので、チケット購入方法下記しときます。

入場チケット購入方法

ノイシュヴァンシュタイン城、そしてもう1つの黄色いホーエンシュヴァンガウ城を見学したい方は、下の地図のチケットセンターまたは下記URLからチケットを購入しましょう。

ノイシュヴァンシュタイン城 入場料金

  • 大人:€15.50
  • こども:€2.50

参考:公式予約サイト

城を見渡せるマリエン橋

 

ノイシュヴァンシュタイン城2

城の先にある森を抜け、城の全景を見渡せるマリエン橋を目指します。木々の隙間から見えるノイシュヴァンシュタイン城が美しいです。パラグライダーで城を見下ろすなんてのも乙ですね。

ホーエンシュヴァンガウ城

道中、ホーエンシュヴァンガウ城とアルプ湖も拝めます。美しい。何度美しいと漏らせばよいのでしょうか。

ノイシュヴァンシュタイン城 全景

マリエン橋からの眺め。ここが映えるらしいっす。たしかに景色は最高です。冬に来ると、雪化粧したノイシュヴァンシュタイン城を拝めるようですよ。

なお、タイミングが悪いと、マリエン橋の真ん中(撮影ポイント)に行くまでに大渋滞となり、しばらく待つハメに。僕らはそれほど待ちませんでしたが、帰路につく頃には大行列になっていて、リアル舞浜状態でしたので覚悟しておきましょう。

【外貨両替】ユーロ圏渡航時に役立つ3つの外貨準備テクニック
みなさん、こんにちは。当サイトで好評頂いております、お得な外貨両替記事シリーズですが、今回はユーロ圏渡航の際のお得なユーロの準備方法と両替方法をシェアします。先日仕事でドイツとフランスを訪問した際、実際にこちらの方法で現地に一週間ほど滞在してきておりますので、これから渡航される方の役に立つこと請け合いです。ユーロ圏への

城の麓にあるアルプ湖

シュヴァンガウ アルプ湖

その後は、城の麓にあるアルプ湖でまったり。絵でも描きたくなるくらい、静かで綺麗な風景。

シュヴァンガウ バイエルン王博物館

アルプ湖の目と鼻の先にバイエルン王博物館。入ってないけど。前述の予約サイトから入場券を購入できるので、興味のある方は是非。

【外貨両替】外貨両替に定評のあるマネパカードを利用・検証してみた
みなさん、こんにちは。海外旅行をするほとんどの方が「お得に外貨両替したい」と考えていることでしょう。その反面、為替レートや手数料等を考えるのは面倒と言う方も多いのではないでしょうか。外貨両替のお得な方法を検索した方は、一度は目にしたことがあるかもしれません。外貨両替に定評のある「マネパカード」しかし、発行元のマネーパー

ミュンヘンで食い納め

今回の旅のメンツが全員顔を合わせるのも今日で最後。ということで、ミュンヘンに戻り最後の晩餐。ハクセンバウアーというレストランに。

ハクセンバウアー

色んな料理を楽しめるのが大勢で旅する醍醐味。肉も付け合わせのイモやサラダも豪快で、全員満腹です。

ハクセンバウアー1

ミュンヘンのドイツ飯はどれも美味しくて満足。なお、この付け合わせの丸っこいのは、ドイツ料理のクネーデルというものらしく、イモながらホクホクではなくモチモチ。かなり腹が溜まるので、食事の終盤は食べられなくなるので注意。

一応、地図載っけときますので、気になる方は参考ください。

ということで、今回のドイツ・ミュンヘン界隈の放浪はここまで。

次回は、オーストリアのザルツブルク編、乞うご期待。

タイトルとURLをコピーしました