【イースター島】おさえておきたい!5か所の厳選モアイ

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ラパ・ヌイ、通称イースター島に何体のモアイが存在しているか、あなたはご存知ですか?

その数およそ900体!島のあちらこちらに点在していますが、さすがにこの数になると全てを見て周るのは非常に困難です。また、島内散策序盤は初めて見るモアイに興奮を抑えきれませんが、後半になると同じようなモアイに正直見飽きてしまいます。

そこで本記事では、これだけはおさえておきたいイースター島の厳選モアイ5種を、イースター島の拠点となる唯一の村ハンガ・ロア村からレンタカーで反時計回りに周遊することを想定し、順番に厳選してお届けいたします。

スポンサーリンク

1. タハイ儀式村(Sector Tahai)

ハンガ・ロア村から徒歩圏内にあるのがこのエリア。おそらく、イースター島に到着し宿に荷物を置いて一呼吸置いたら、まずここに向かう旅人も多いことかと思われます。

ここには下記3種のモアイがあり、夕陽を背に立つモアイを腰を下ろしてゆっくりとサンセットと合わせて楽しむのがオススメです。

アフ・バイ・ウリ(Ahu Vai Uri)

ハンガロア村から足を延ばして最初に現れる5体のモアイ。

アフ・タハイ(Ahu Tahai)

アフ・バイ・ウリの少し先に立つモアイ。このエリアにあるモアイ像の中では、残念ながら一番パンチがない。

アフ・コテリク(Ahu Koterku)

アフ・タハイの少し奥にそびえ立つプカオを頭にのせた堂々たるモアイ。なお、プカオは髷(まげ)を表しているとのこと(諸説あり)。

また、島内約900体存在するモアイの中で、唯一目がはめ込まれたモアイ。

ここで見るサンセットとモアイは、ただただ美しい。

2. ラノ・ララク(Rano Raraku)

ラノ・ララクはモアイの製作地と言われている場所です。製作途中のもの、倒れているもの、顔から下が地面に埋まっているものなど、イースター島内の半分弱にあたる約400体のモアイがあり、まさにモアイざんまいです。

不揃いのモアイたち

切り出し途中で放置された巨大な仕掛モアイ。その佇まいは人造人間16号、もしくはラピュタのロボット兵を彷彿させる。

モアイ・トゥク・トゥリ(Moai Tuku Turi)

ラノ・ララク東側の離れた場所で1体ぽつんと律儀に正座をしているモアイ。また、島内で唯一座っているモアイで、何とも言えない哀愁を漂わせています。

3. アフ・トンガリキ(Ahu Tongariki)

イースター島のモアイと言えば、アフ・トンガリキの15体があまりにも有名。イースター島の広告などでも頻繁に使用され、チリに入国の際にも真っ先に目に飛び込んでくる画。

1995年頃までは、バラバラに砕けて倒れていたアフ・トンガリキのモアイは、日本企業の援助のもと復活、同年ラパ・ヌイ国立公園として世界文化遺産に登録されたという歴史があります。

イースター島のモアイの代表格、アフ・トンガリキのモアイ

早起きして見るモアイ with サンライズが美しい。実は、日の出直前は雨が降っていて出発に躊躇し、日の出の瞬間に僅かに間に合わず。それでも充分美しい。

1995年、日本企業の協力の元、復活を遂げたアフ・トンガリキの入口にあるプレート日本から遥か遠く離れた、絶海の孤島で見る日本語入りプレートには、日本人として誇りに思わずにはいられない。

4. アフ・ナウナウ(Ahu Naunau)

イースター島唯一のビーチアナケナ・ビーチを背にして立つモアイ。プカオを頭の上にのせているのが特徴。

5. アフ・アキビ(Ahu Akivi)

通常モアイは内陸部を見るように立てられているが、アフ・アキビの7体は唯一海を眺めるように海側を向いて立っている。夕暮れ時が訪れ時。

Conclusion

いかがでしたでしょうか?

各モアイ鑑賞にはオススメの時間帯があるので、周遊日程は最低でも2日は確保し、イースター島の大自然も味わいながら、ゆっくり周遊するとイースター島をより満喫できます。

また、一見同じように見えるモアイですが、現在では科学的に製作された年代などが解明されていて、初期のものや割と新しいものなど、色々なモアイが存在しています。

何気なく周遊してしまうと、ただインスタ映えする写真を撮ることなどになりがちかもしれませんが、事前にガイドブックなどを見ておくと、よりイースター島を楽しむことができますよ。

それでは、hasta la vista!

【イースター島関連記事】

タイトルとURLをコピーしました