スポンサーリンク

日本人が少なく留学先として人気のパース

オーストラリア第4の都市パース。観光地としてはあまり知られていないが、世界一美しい街(と言われる都市は世界中あるが)と言われるその街はたしかに美しい。欧米風の建物が数多く残り、シティから少し離れればビーチもあり自然も身近に多くある。天候にも恵まれるパースは欧米系移民者も多い。パースは日本人を含むアジア人移民者

記事を読む

英語力の目安 留学先学校篇

語学留学する前に「英語力をこのくらいつけるぞ」、といった目標を持つことはとても大事です。なぜならば、語学留学をしたはいいけれど、最終的に大して英語力も付かずに帰国という人がかなり多いからです。海外の友達もたくさんできて、英語で簡単なコミュニケーションがとれるようになって、ああ楽しかったで終わってしまうのです。

記事を読む

あなただけにそっと教える、クルスデルスールバスの予約方法

南米とくにペルーでの長距離移動はクルスデルスール社のバスがオススメと以前紹介しましたがチケットを購入するには、各都市にあるクルスデルスール社のオフィスやバスターミナルに行って直接購入する、ホテルなど宿泊先のスタッフに頼み手配してもらう、インターネットにて自力で購入するなど大きくわけて3つになります。そこで、

記事を読む

ウルル周辺(エアーズロック)の遊び方

我々日本人にとって、オーストラリアに旅に出たのであれば一度は訪れておきたい場所が、オーストラリアの代表的な観光地の1つウルル、日本では「エアーズロック」の名称がお馴染みでしょう。そこで今回はウルル周辺の遊び方をシェアしたいと思います。正式名称はウルル そもそも、「ウルル」とは古くから先住民アボリジニが呼んできた呼び名

記事を読む

ペルーでの長距離バス移動は黙ってクルスデルスール!

ペルー国内を長距離移動する際、所要時間や安全面を考えると一般的な移動手段は飛行機移動かバス移動になりますが、とくに地方都市間の移動や交通費などを考えると長距離バス移動はかかせません。そこで、オススメの長距離バス会社がCruz del Sur(クルスデルスール)社です。クルスデルスールは1960年創業の老舗バス会社

記事を読む

日本にはゴミが落ちてなくて外国人が驚く理由がこれでわかる!

今回は、ニューヨークの見どころ・番外編をお送りする。世界中の人々がどこかニューヨークに憧れ意識を持ってこの地を訪れる。とくに日本人や韓国人などのアジア人はブランド思考やステータスを気にする人が多いのでその傾向がより見受けられる。それは大いに結構だが、その色眼鏡をはずして何気ない町並みを観察するとおもしろい。

記事を読む

【カナダ留学】バンクーバーには日本人が多いのか?

バンクーバーには日本人が多いとよく聞きますよね?留学都市を考える上での、バンクーバーとは、留学生の活動の中心となる学校やホームステイ、シェアハウスなどがある、いわゆるバンクーバー市内という認識でよろしいかと思います。では、その答えは?中国人が多い!冗談ではなく、事実と言えば事実なんですが、結論としてはやはりバンクーバー

記事を読む

留学先で日本人を避けたいなら己の英語力を上げてから翔べ!

「日本人のいない(少ない)都市や学校が良い!」多くの日本人留学生が留学先を決める条件として挙げるのがコレでしょう。私も英語超初級者のくそったれではありましたが、同じように考えていました。日本人がいない場所に行けば英語が上達する、せっかく海外に留学にきたのだから日本人とは距離をおきたいと。

記事を読む

あなただけにそっと教える、ワイナピチュの予約方法

現在、ワイナピチュ登山をするためには予約が必要です。また、環境保護のため1日400名(1G:200名+2G:200名=400名)限定と入場制限されています。予約は1ヵ月先まで埋まっていることもザラなので、早めの予約をオススメします。(関連記事ワイナピチュ登山のすゝめ参照)なお、ここで紹介する同じ手順で私も予約をしましたが、予約等に関しては自己責任でお願いいたします。(2017年12月一部記事修正更新)ワイナピチュの予約手順 それでは、こちらから予約Websiteに飛びましょう。

記事を読む

エンパイアステートビルディングから眺めるニューヨーク

11:00 PM。これでNYも見納め。最後は夜中の2時まで営業中のエンパイアステートビルディングへ。言わずと知れたニューヨークのランドマークの1つであり、デートスポットとしても人気があるだろう場所へ行ってまいりましたよ。バックパック等フル装備でねlol入場料$29を払い86階へ。

記事を読む

スポンサーリンク