スポンサーリンク

カタカナ英語なんかやめちまえ!

巷にはそれはそれはどうしようもない「和製英語」や「外来語」いわゆるカタカナ英語があふれております。「あのノートパソコン使ってるサラリーマン、うちのマンションのお隣さんなのよー」酷いものです。「次回のクライアントとのアポイントメントでフォーキャスト出すにはエビデンスが必要」外資企業の日本人同士の会話でよくある光景。

ニューヨークでのカウントダウンといえばタイムズスクエア!

「世界の交差点」の異名を持つ、タイムズスクエアは42~47st × 7th Aveあたり。ミュージカルや年末カウントダウンで知られ、世界各地から観光客が集まる。ちなみに日本ではブロードウェイ=ミュージカルのイメージだが、ブロードウェイは通りの名前。多くのシアターが所狭しとあるが、あろうことか

ニューヨークのデカイクリスマスツリーといえばロックフェラーセンター

クリスマスシーズンにここに来てたら、全然違った景色だったんだろうなぁ。ここロックフェラーセンターは毎年12月上旬に行われるクリスマスツリーの点灯式で有名。その前にはスケートリンクも登場しニューヨークの顔になる。あいにくこの時期(9月中旬)は変な形した木と金色の彫刻があるのみ。雰囲気は、もはや

留学したら語学学校には何ヶ月通えばいい?

ワーホリなどで語学留学する場合、必ず決める必要があるものの1つが、語学学校への通学期間です。夏休みなどで短期留学する場合や、ワーキングホリデービザを使って留学する場合、通学期間は限られてしまいますが、学生ビザで留学を考えている場合、通学期間は自分で通いたいだけ通うことができます。じゃあ、どのくらい通えばいいの?

911メモリアル(ワールドトレードセンター跡) ニューヨーク見どころ

通称、グラウンドゼロ。ワールドトレードセンター(以下、WTC)のツインタワー跡地。もはや説明無用だろう。あのTVで観た、まるで映画のような惨劇が起きた場所に俺は今立っている。緑の木々に囲まれ、静かに流れ落ちる水の音は、skyscraperに覆われた大都市のoasisのように、

カナダ英語の特徴

カナダ英語はよくイギリス英語とアメリカ英語の混ざったものと言われます。スペルや語彙などブリティッシュイングリッシュの名残があるものもあれば、アメリカ英語の影響を受けて米語と同じものもあります。発音に関しては、英語と米語の中間に位置するとも言われます。カナダ、オーストラリア両国とも

英語力の目安 TOEIC編

留学からの帰国後、よく聞かれることブッチギリのBIG 3は、 「もう英語ペラペラなんでしょ?」 「なんか英語で話してみて!」 「外国人の彼女(彼氏)できた?」でまず間違いない! この場合、彼らの言うペラペラという意味は、大抵native speakerのように話すことである。1つ言おう!

世界の金融の中心でMoney never sleeps,pal!と叫ぶ

Money never sleeps, pal. 映画Wall Street(邦題:ウォール街)を見た人、もしくは相場に携わるものなら誰でも知っているだろう名言だ。小生も投資家の端くれ、ニューヨークで一番足を運びたかったところがここ、ウォールストリートだ。ここにはニューヨーク証券取引所、連邦準備銀行(FRB)や

自由の女神へは少ない荷物と時間に余裕を持つべし!

NYといえば自由の女神、英語でStatue of Liberty. 直訳すると自由の像。女神なんてどこにも書いてないのに女神。一説によれば女性がモデルであるからとかなんとか。自由の女神はリバティ島にあり、ここへ行くにはバッテリーパークから出ているフェリーに乗る必要がある。ということで、

スポンサーリンク