【最新版】ハノイからニンビン・チャンアンの行き方・おすすめアクセス方法 3選

※ 当サイトでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

ハノイ バイタク ベトナム
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、シンチャオ。

ベトナムのハノイへ旅行の際には、世界複合遺産に登録されているチャンアンにも是非併せて旅しておきたいところです。

そこで今回は、首都ハノイからチャンアンがあるニンビンへの3つのおすすめの行き方を、ベトナムでノマド生活&実際にチャンアンへ旅した筆者がシェアいたします。

スポンサーリンク

ハノイからニンビンの行き方

ハノイからニンビンまでは、南に約100km弱、所要時間は車で約2時間ほどの距離になります。

旅行者におすすめのハノイからニンビンの行き方は下記のとおりです。

  • ベトナム統一鉄道
  • 長距離バス
  • ミニバス(リムジンバス)

この記事では、上記3つの移動手段について解説していきます。

スポンサーリンク

ベトナム統一鉄道

train in Vietnam

ハノイからニンビンの行き方で、旅人に人気のある移動手段の1つが、ベトナムを南北に運行するベトナム統一鉄道です。

ハノイ~ニンビン間を運行する列車の、詳細は下記の通りです。

  • 所要時間:約2時間半
  • 運行頻度:毎日4便
  • 運賃:8万ドン(約490円)~ ※車両や座席の種類で異なります。

運賃は、車両や座席の種類によって異なります。

最安のハードシート(尻が痛くなる木製座席)であれば8万ドン前後、尻の痛くならないソフトシートで9.4万ドン程です。

乗車券は、駅構内で直接購入するか、ベトナム統一鉄道の公式サイト(英語)でも購入できます。

僕がハノイからニンビンに旅した際は、朝一番の列車のソフトシートを、ハノイ出発前夜に駅で直接購入しました。

ハノイ・ニンビン駅

Hanoi station

ハノイの拠点となるハノイ駅は、旧市街の西にあります(下記マップ参照)

ハノイ駅には、ハノイ市内〜ノイバイ国際空港を運行する86番バスも発着するので、アクセスも良いです。

ニンビン駅

ニンビンの拠点となるニンビン駅は、チャンアンから東に約7kmの市内の中心地にあります。

ニンビン駅は北のハノイや南のダナン・ホーチミン行きの列車も発着する、ニンビンの旅の拠点となっていて、駅はわりと新しく、駅の西側にはきれいに整備された広々としたロータリーがあります。

スポンサーリンク

長距離バス

ハノイからニンビンは、長距離バスで移動することもできます。

ハノイ~ニンビン間を運行する長距離バスの、詳細は下記の通りです。

  • 所要時間:約2時間
  • 運行時間・運行頻度:
    • ニンビン行き:6~18時、20分に1本。
    • ハノイ行き:5~17時、15~25分に1本。
  • 運賃:
    • ニンビン行き:9万ドン(約550円)~
    • ハノイ行き:7万ドン(約430円)~

乗車券は各バスターミナルで購入できます。

僕はニンビンからハノイに戻る際に利用し、運賃は7万ドンでした。

ハノイ・ニンビンのバスターミナル

ハノイのバスターミナルは、ハノイ駅から南に約5km地点にあるザップバットバスターミナルになります(上記マップ参照)。

ハノイ駅や旧市街などのハノイ中心地からは遠いので、Grabやタクシーなどで移動が必要になります。

ハノイ バイタク

1人旅であれば渋滞の影響が少ないGrabバイク、複数人で移動であればGrabカーやタクシー移動が良いでしょう。

バイクだと、ザップバットバスターミナルから旧市街近くにある聖ヨセフ大聖堂(ハノイ大教会)までは約20分、価格は5万ドン程度です。

Grabを利用したことのない方は、下記の記事に詳細をまとめてありますので、是非あわせて参考にしてみてください。

チャンアン バスターミナル

ニンビンバスターミナルは大通りに面しており、旧ニンビン駅からも近いためか、周辺に宿やレストランも多くにぎわっています。

僕はタイミング的に乗り合いバスに乗りましたが、バスターミナル出発後はバス待ちと思われる人々に次々と声をかけながら、車内が乗客で一杯になるまで永遠乗客を拾いながら走行します。

この調子なので街を出るまでにかなりの時間がかかり、外から見えないようにカーテンを閉めて定員オーバーになるほど乗客を乗せるため窮屈でした。

スポンサーリンク

ミニバス(リムジンバス)

出典:12GO

ミニバス(リムジンバス)を利用すると、ニンビンの見どころでもあるチャンアンやムア洞窟へ直接行くことができます。

klook手配のハノイからニンビン行きのミニバスの詳細は、下記のとおりです。

  • 運行時間:6:00〜20:00
  • 運行頻度:1時間1便
  • 所要時間:約2時間
  • 運賃:17万ドン(約1,040円)
  • 車両:11人乗りミニバス

予約方法

ミニバスの予約は、オンライン旅行会社や12GOなどの予約サイトで事前予約できます。

オンライン旅行会社のklookであれば、12GOなどの予約サイトよりも料金が安く、日本語にも対応していてスムーズに手続きができるので、ミニバスを利用したい場合はおすすめです。

出発時刻やピックアップ場所は色々あるので、詳細は下記klook公式サイトにてご確認ください。

\ 公式サイトで詳細を見てみる /

なお、12GO経由で予約すると、より多くの便数の中から予約ができますが、料金は割高となるので留意しておきましょう。

スポンサーリンク

ニンビン~ハロン湾の移動

ハノイ旅行を計画している方の中には、ニンビンからハロン湾(ハロン湾からニンビン)の移動を検討している方もいらっしゃるかもしれません。

地図上では、ニンビン~ハロン湾は簡単に移動できそうですが、現地の人たちによると道中は悪路が続くためおすすめしていませんでした。

僕も当初はニンビンからハロン湾への移動を計画していましたが、現地の方々のアドバイスを参考に旅の予定を急遽変更し、ハノイに戻ってからハロン湾に向かいました。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハノイからニンビンへのおすすめの行き方は、鉄道、長距離バス、ミニバス(リムジンバス)の3つの方法があります。

鉄道移動は、できるだけリーズナブルに移動したい方、鉄道の旅をしたい方におすすめです。

長距離バスもリーズナブルな運賃ですが、ハノイ市内中心地とザップバットバスターミナル間の移動の手間やコストを考えると、鉄道移動の方がおすすめです。

ミニバス(リムジンバス)は、料金は割高になりますが、ニンビンの主要な見どころにダイレクトに行くことができるので、ハノイから日帰りでニンビンを訪れたい方、楽に快適に移動したい方におすすめです。

その他、ハノイ関連記事も下記にまとめてありますので、是非参考にしてみてください。

ハノイ
「ハノイ」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました