【2024年最新】クアラルンプール空港のターミナル1・2(KLIA~KLIA2)の移動方法

※ 当サイトでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

マレーシア
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、スラマットゥンガハリ。

マレーシアの空の玄関口となっているクアラルンプール空港は、ターミナル1(KLIA)とターミナル2(KLIA2)があり、乗り継ぎでターミナル間を移動する方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、クアラルンプール空港のKLIAとKLIA2の移動方法を、実際に2024年に現地を調査した筆者がシェアいたします。

スポンサーリンク

クアラルンプール空港

クアラルンプール国際空港は、成田空港の約10倍の広さがあるアジア最大級のハブ空港で、メインターミナルとなるターミナル1(KLIA)と、LCC専用のターミナル2(KLIA2)があります。

ターミナル1とターミナル2は同じ敷地内にありますが、約15km離れているため、両ターミナル間の移動は鉄道やシャトルバスを利用することになります。

なお、クアラルンプール空港でターミナルを変更する乗り継ぎをする場合は、一度マレーシアに入国してターミナル間を移動する必要があります。

スポンサーリンク

ターミナル移動はシャトルバスがおすすめ

ターミナル1~ターミナル2の移動は、無料のシャトルバスがおすすめです。

クアラルンプール空港の無料シャトルバスは、1日24時間、15分に一本の頻度で、深夜でも運行しているので非常に便利です。

車内は大きな荷物がたくさんあっても大丈夫なつくりになっています(上記画像)。

乗車チケットはないので、シャトルバスが到着したらそのまま荷物を持って乗車しましょう。

スポンサーリンク

KLIAのシャトルバス乗り場

第1ターミナル(KLIA)のシャトルバス乗り場は、1階(L1)のDoor4になります。

ターミナル内には上記画像のような案内がたくさんあるので、「Free Shuttle」の案内に沿ってバス乗り場に向かいましょう。

エスカレーターやエレベーターで1階まで降り、Door4の外に出ると紫色のシャトルバスの看板があるので、そこでシャトルバスの到着を待ちましょう。

なお、ターミナル1からターミナル2までの、所要時間は約10分です。

スポンサーリンク

KLIA2のシャトルバス乗り場

第2ターミナル(KLIA2)のシャトルバス乗り場は、KLIA2併設のショッピングモールgateway@klia2の、1階(Level1)のDoor3になります(上記画像)。

KLIA2の到着ロビーからショッピングモールに移動後、エスカレーターかエレベーターで1階に移動しましょう。

時間帯にもよるかもしれませんが、僕が実際に利用した深夜の時間帯は、Door3から外に出て左の方に少し行った場所でバスが発着します。

なお、ターミナル2からターミナル1までの所要時間は約20分と、1→2の移動時よりも時間がかかります。

また、朝は道路が渋滞するようなので時間に余裕を持って移動しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

広大な敷地を誇るマレーシアのクアラルンプール空港ですが、ターミナル1とターミナル2の移動には、24時間運航している無料のシャトルバスが便利でおすすめです。

その他、クアラルンプールやマレーシア関連記事も下記にまとめてありますので、是非参考にしてみてください。

クアラルンプール
「クアラルンプール」の記事一覧です。
マレーシア
「マレーシア」の記事一覧です。
【2024年最新】マレーシア旅行でおすすめeSIM 13社を徹底比較
みなさん、スラマットゥンガハリ。マレーシア旅行の際には、マレーシアで使える従来のSIMカードではなく、eSIMを使いたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は、マレーシアで使える13種類のeSIMの中からおすすめのeSIM

タイトルとURLをコピーしました