名門ヤンキースの本拠地ヤンキースタジアムは試合が無くても楽しめる!

161St-Yankee Stadium 駅を降りてすぐ。ついに来ましたMajor Leagueの名門、New York Yankees (ニューヨーク・ヤンキース)の本拠地Yankee Stadium! 遠征日で試合はないですけどlol NYまで来たのだから、試合が無くても足跡だけ残して帰りたかったわけで。

ヤンキースタジアム駅から歩いてすぐのGate 6とteam store

でも、ヤンキースは人気なんですね。試合が無いのに朝からぼちぼち人がいます。背番号2のuniformを来たちびっこもdaddyとお散歩してます。私はとりあえずstadiumの外を一周してみる。これ、私の中でなぜか恒例行事。Seattle(Mariners本拠地)でもToronto(Bluejays本拠地)でもやりましたlol

ありました、ありました。日本の誇り、3人のplayersがヤンキースで2014年現在playしております。

Hiroki Kuroda ヤンキースタジアムまずはこの人。黒田博樹投手、御歳39歳!すごいですね。野球の本場MLB、名門ヤンキースで頼られる男。来年の2015年の去就がどうなるか、個人的に楽しみ。

Masahiro Tanaka ヤンキースタジアムそしてこの男!マー君でおなじみの田中将大投手。高校、日本、アメリカと常に最前線最高の舞台で活躍してきた男。ヤンキース移籍1年目にして、すでに無くてはならない存在になっている、その証がこの看板だろう。

Derek Jeter ヤンキースタジアム最後はこの人、“The Captain”でおなじみのDerek Jeter(デレク・ジーター)選手。今年をもって惜しまれつつ現役引退をした彼はteam一番の人気者。そう、お散歩をしていたちびっ子が着ていたのは彼のuniformです。

2012年にヤンキースに移籍した我等のhero、イチロー選手のが無かったのはとても残念。今年も出場機会の少ない中で、teamの中で最も結果を残している選手の1人なのに、誠に遺憾です。

Stadiumをぐるっと周り終えると、何やら人が集まっている。Staffの1人に話しかけると、何やら今からstadium tourのようだ。なるほど、だから朝から人がいたのか!このスタジアム・ツアー、ヤンキース遠征時に行われているようで、stadiumの中を色々見れるとのこと。これを聞き、猛烈に参加したくなったが、次の時間のものに参加するとschedule的にかなりキツイので、あえなく断念。観戦とともに、今度NYに来たときの楽しみにとっておくことにしました。

スポンサーリンク




How to get game tickets

ニューヨークヤンキースStubhub.com: 一番のオススメ購入法。なぜならば一番安い!

このsiteは余り券などを扱う合法なチケットブローカーで、野球だけではなく、あらゆるticketが買えます。私はヤンキースのticketは購入したことはありませんが、シアトルでのマリナーズ戦のticketを格安で購入しました。

この時のseatは一塁側bench裏27列目で$43くらい!正規料金と比べると、40~50%くらい安いです。しかし、このsiteは英語表記のみで、時期や特別試合などになると値段が通常よりも高くなる場合があります。

The official site of the New York Yankees:公式球団ウェブサイト

こちらでスタジアムツアーticketも購入できます。近年の多くの日本人選手の活躍のためか、日本語での問合せがこちらからできるようです。

現地で購入

Game ticket及びstadium tour ticketも現地で当日購入可能です。

 

Conclusion

上記のStubhub.comで購入できる方は価格を確認してみて、公式サイトと比較して購入検討してみると良いでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする